GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『LA HAINE(邦題 憎しみ)』だよ!
みなさんこんにちわ。山本モナです。

さて、先日ある100円ショップに立ち寄った所、レンタルビデオショップの払い下げ商品が1本180円で山ほど売ってあるコーナーを発見!ペティグリーチャムに突進するパグ犬の様にまっしぐらに突進した俺は、他の客が近寄れない程のオーラで入念なチェックをブチかますという暴挙に走った訳です。いや~悪いクセですね~、180円と聞いてえれ~得した気分になったものの、俺がひいきにしてるレンタルショップは1本100円で借りれちゃう…ぬおおおおおお!またまた無意味な衝動買いですぞよ!

ま、結局ガムテープ1個、つまり105円分の買い物に行ったにも関わらず、2000円以上のお金を払った俺……更に家に帰って「これはいらなかったんでね~の!」的な後悔にかられる作品もチラホラ(笑)。あ~なんでその時は無性に購買意欲に駆られたんだろう、“ファンキーモンキーティーチャー”なんて…(笑)

さて、そんな衝動買いの作品の中に、1本、フランス映画であるにも関わらず、俺みたいな趣味嗜好の人間でもニンマリと楽しめた作品があり、又ココで紹介しても決して的外れではない内容だったので、今日から2回にわたって“仏的黒嗜好作品”と題して、その“衝動買い作品”を含めたフランス映画を2本ご紹介してみようと思ってます。

まず最初、買ってきたビデオではないんですが、以前から早くココでも紹介しなければ!と思っていた作品で、日本のブラックミュージック専門誌などでも公開当時結構取り上げられてた『LA HAINE(邦題 憎しみ)』からいってみましょう!というのもタイムリーな事に、先日ニュースでフランスでの暴動が報じられていましたよね…

haine.jpg




舞台はフランス・パリ郊外…そう、 “バンリュー”。警察に対する不満を街に描き殴るグラフィティライター・サイード(Saïd Taghmaoui)はアラブ系、ダチであるユダヤ系のヴィンス(Vincent Cassel)、ボクサー志望のアフリカ系のヒューバート(Hubert Koundé)と共にハッパ決め込む毎日を送っていた。そんな中、街で暴動が勃発。2日前に1人の青年アブデル(Abdel Ahmed Ghili)が暴行を受け重態になるという事件が引き起こしたものだった。アブデルの見舞いに向かった3人だったが門前払いを喰らってしまう。しかし、暴動の最中に警官が落した銃を、実はヴィンスが拾っていた事から、3人の運命が変わっていく…。

銃犯罪や身分層、ドラッグや人種的差別などが蔓延しているのは、決してアメリカだけではない。しかし、様々なメディア、とりわけショウビズ界ってのはアメリカが発信源となる部分が大きいだけに、取り上げられ方や人々の目や耳に触れる機会ってのは断然大きい。映画の世界でもブラジルやジャマイカ、もちろんアフリカといった国々の社会状況などをリアルに伝える作品も作られてはいるものの、一般的に美しく・気品に満ち溢れ、旅情的でロマンチックといったイメージを持たれる “フランス映画” でコレほど生々しくも過激な作品があっただろうか。特に近代フランス映画と言えば、Luc Bessonといった才能溢れる監督の作品が、日本でも毎年の様に公開され、フランス映画のイメージを変えたといっても過言じゃないと思う。

ド派手なカーチェイス、次々と繰り出されるギャグ、どこまでも純粋な恋愛、技術を最大限に活かしたSFX…そんなBesson的ニューフレンチシネマムーヴメントの中、爆破もカーチェイスも特撮もなく、あえて前編モノクロ。オープニングに流れるボブマーリー…頻繁に盛り込まれた他愛もない雑談…頑なに若者の鬱憤や葛藤を、リアルな時間の経過と共にストイックに映し出す…。更に極右思想の人間達が移民排斥を掲げるデモなどの社会的なシーンも盛り込まれる事で、この作品が単なるジェネレーションX系のものではないという事が伺える。

今ではハリウッド作品でも目にする様になったVincent Casselが、なんとも言えない雰囲気を見せてくれている。多国籍民族国家はアメリカだけじゃない、そしてそういった人種が集るところでは、また同様の問題や苦悩が存在し、ギリギリのラインが弾けた時に重厚から火が吹かれ、人々が血を流す…たとえそれが“華の都”であろうともね。

そういった意味ではこれまでのフランス映画で孤高の存在だし、監督であるMathieu Kassovitzは当時27.8歳…まるで『BOYZ'N THE HOOD』を撮影した時のJohn Singletonの様に、自分目線でのREALを作品にした結果だと思う。

欲を言えば…所々に含まれる “HIPHOP” という文化を象徴する様なシーンが、完全に“浮いて”いた様に思う。つまり、物語との関連性が殆どなく、俺的には “CM” の様に映ってしまってた…ちょっともったいないね。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

はじめまして^^

私の女子アナ&タレントブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://batem.blog93.fc2.com/blog-entry-42.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/03/29 20:26】 URL | 女アナ&タレントブログ運営☆だてむ #- [ 編集]

だてむ さん
俺のしょ~もない“つかみ”に反応していただいて申し訳ないやら恐縮やらで(笑)
俺もちょくちょく覗かせてもらいます!
【2007/03/30 14:01】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/291-82920b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。