GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『キャンディマン』だよ!
最近あんまり劇場でホラーやオカルト、スプラッターを見る機会が少なくなったんですよね~。もちろんそういったジャンルの映画が公開される本数自体も一時期に比べると激減しているという理由もあるんだけど、それよりもまず“観に行きたくなるほど怖そうな映画が無い”ってのが一番の理由かな。昔は多かったじゃん、『悪魔の毒々モンスター』とかさ、『死霊のはらわた』だとかさ、もうタイトルだけで大笑いな作品ってのが沢山(笑)!

たしかにジャパニーズホラーの勢いは逆にココ最近で急激に伸びはじめ、ハリウッドでリメイクされる程になってますよね。ただ、どれも似たり寄ったりという感は否めないと言うかさ。そんなに怖いかな~、ってかおもしろいかな~???

数々のホラー・オカルト・スプラッターの名作は存在し、マニアの間でも今尚人気がある作品も沢山ある。けれど俺の中で“異色のホラー”というか、強く印象に残っているのが今夜ご紹介するBernard Rose監督作品『CANDYMAN』です。

20060524213741.jpg


trailer はこちら↓



鏡に向かって5回名前を唱えると表れ、凄惨な殺人を繰り返すという伝説の“キャンディマン(Tony Todd)。彼についての研究をしているイリノイ大学の学生ヘレン(Virginia Madsen)は、殺人事件を追って低所得居住区であるキカプリーニ団地に調査へ行く。そこで知り合った少年ジェイクは、キャンディマンを信じ、事件に関して話すことを最初は拒んでいたが、やがて団地内のトイレで起こった事件の詳細を話し始める。そこから彼女は自らもどんどん事件に巻き込まれていく…。

ドラキュラ、フランケン、フレディ、ジェイソン、ブギーマン、貞子(笑)…超有名な(?)ホラーモンスター達は、その登場の仕方も容姿も“思わずビックリ”系なのがお約束。ところがこのキャンディマン最初の登場は“真昼間”!しかも見た目はごく普通のアフロアメリカンというイデタチ!ただ一つ、切り取られた右手に付けられた血みどろのフックだけが、彼が数々の猟奇殺人に走る悲しい過去を物語ってましたね~。

南北戦争中奴隷の息子として生まれ、白人地主に右手をノコギリで切り落とされ、蜂の巣を体にこすり付けられるという悲惨な死を遂げた悲しい過去を持つ設定からも、主人公であるキャンディマンがアフロアメリカンである必然性が浮かんでくる。

腕や足が引きちぎられ、首を切断、腹から臓器が跳び出し…な~んてこれまたお約束なスプラッター描写は少ないけど、殺人現場に流れる血の描写などがとっても生々しく、あくまで“事件”といったリアルな感覚は見ていて十分おぞましい。

ちなみにこの映画、本国で人気があったのかシリーズとして3作品作られているんです。しかも続編である『CANDYMAN: FAREWELL TO THE FLESH』はBill Condon、3作目である『CANDYMAN: DAY OF THE DEAD』はTuri Meyerと、それぞれ監督も交代して違った捕らえ方でキャンディマン像を描き出しています。これは全作レンタルにも置いてあると思うんで、ちょっと珍しいジャンルのブラックムービーとして、皆さんも是非!

言っときますけど、あくまで“個人的”にオススメです(笑)

やってみてください、夜中に…鏡に向かって…“キャンディマン”と5回…
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/3-fd138842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。