GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『スクール・デイズ』だよ!
学生の頃って毎日何考えてただろうか?振り返ってみたけど…『強くなるって?』って事ばっか左脳で考えてた様な気がする(笑)。空手から始まりボクシングで終わるまで、学生時代はほぼ格闘技漬けの毎日で、今振り返ると普通のティーンが楽しむ様な<あれこれ>を、ほぼ素通りで突っ走って来た…し、しまった…失敗した(笑)

ただ、幸いな事に小学生の頃初めて触れたHIPHOPという文化のお陰で、俺の右脳は音楽・ファッション・流行・文化・歴史と、探究心はとめどなく溢れていたのも確かだ。そんな習慣は30を超えた今でも続いているって事は、俺の青春時代に作り上げた土台ってヤツも、満更チャチなものでもなかったのかなと、思い切りセルフフォローするボキであった。

さて、今夜の映画はこんな学生時代ってどうよ!てな事でSPIKE LEEの『SCHOOL DAZE』。

2e4f2955.jpg


こんな感じのワンシーンも↓


舞台はアメリカの大学。殆どの生徒がアフロアメリカンというキャンパスは、Larry Fishburne率いるアパルトヘイト反対思想の<フェラ・クラブ>と、リアルな男&非アフロアメリカンスタイルを主にするGiancarlo Esposito率いる<ガンマ・ボーイズ>といった2つの勢力分布図が存在していた。もちろん思想が全く異なる2つの勢力は何かにつけて対立していたのだが、そんな時ダップ(Larry Fishburne)の従兄弟であるハーフ(Spike Lee)が、ガンマに入部を考えていると打ち明ける…。

これね~、今見直したんだけど…かなりおもしろいよ!(笑)なんちゅう感想だよと思われるかもしれないけど、当時初めて見たときよりもブラックカルチャーに対する知識や理解、そして年齢を重ねる事で培った経験は今の方が深いからこそこの映画の<スゴさ>がスゲエ解かるっていうか。

SPIKE LEEは当然のごとく、現在ではブラックムービーのリーダー的存在であり、アフロアメリカンの監督として人種問題をテーマにした作品を数多く残してきた。時にはシビアに、時にはポップにDOPEなテーマを表現した映像は、見ている俺らに楽しみだけでなく、投げかけや問いかけを与えてくれた。

この作品は初期の作品でありながら、彼の永遠のテーマである人種問題に関して、最もストレートに、最も皮肉に、最もコメディタッチに表現した傑作であるといえる。
いや、初期だったからこそ、ここまで<思い切り>ハチャメチャに造れたのかもしれない。

<いちげんさん>が見ても、バカバカしくて意味わかんな~い!って感想も聞こえてきそうな気もするが、学業・恋愛・思想・ミスコン・スポーツ・派閥・将来といった学生なら必ず経験する日常的な出来事・イベントに対し、それはもう嫌っちゅう程彼らしい味付けが加えられることにより、確かな重みが生まれ上質な思想哲学映画に仕上がっていると思う。キャストも豪華だぜ~、Larry Fishburne、Giancarlo Esposito、Spike Lee、Ossie Davis、Samuel L. Jacksonと、おなじみの顔ぶれがズラリと勢ぞろい。中でもジャズサックスプレイヤーのBranford Marsalisが学生役で出演してたのには驚いたね。

オープニングの1曲、そしてラストの1言、これにつきる!

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/30-cef2a86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。