GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ONE LOVE』だよ!
いや~すっかり季節はレゲエって感じですよね…ってなんでやねん!!!

先日、あるエスニックチックかつインドチックかつ、アジアンテイストチックタックな雑貨店に入った時の話。お香のおいにいがプンプン立ち込めるお店には、所狭しとエスニックなアイテムが並び、見てるだけでも俺の中のガンジーがパラパラを躍りだしそうな雰囲気。店内にはゴキゲンなレゲエが流れていたが、俺は何を思ったのか、そのレゲエミュージックに即興で日本語歌詞を付け、勝手に小声で歌うという、正に “青春ノイローゼ” 的奇行にミッドナイトランしてしまったのだ!今思うと、「疲れてたのかな~、俺」と顔からチャッカマンが出る程恥ずかしい話だが、たしか「季節わ~、おっおっお~♪、虹色~、ラプソディイッイッイッイ~♪」的な歌詞だったと記憶するけど、これまた運悪く、気色悪いカエルの置物を今にも買わんばかりに品定めしていた女性客の耳に完全にプリティプレゼントとして届いたらしく、ダンディ坂野を初めてみた中学2年生くらいのリアクションで失笑していたのを “GEE-Q 目’s” が捕らえた訳だ!

恥ずかしさと情けなさで、思わず買いたくもない白いターバンを買って店を出た…。

っつ~訳で、そんな俺にとっての旬であるレゲエ!このレゲエを存分に楽しみたい方に持って来いの作品『ONE LOVE』をご紹介しちゃってもよろしくて?

Onelove.jpg




キングストンでフリーダムシティというバンド活動をするカッサ(Ky-Mani Marley)。近々開催される大きな音楽祭であるNJKワールドミュージックコンテストの為に練習を行っていた。このコンテストで優勝すれば、賞金とスタジオ録音の権利が手に入る…しかしボーカルであるクローデットの歌声に満足いかないカッサは、ある日教会で歌うセリーナ(Cherine Anderson)という女性に出会う…。

まずCherine Andersonの透明感ある歌声と、ミッキーマウスみたいな髪型に魅了されるだろう。もちろん全体的にジャマイカ-レゲエという雰囲気や音楽も満載なのだが、だからこそ彼女のシルキーヴォイスが際立って聴こえてくるんですよ。

もちろん主役であるKy-Mani Marleyもいい味出してました。っていうか正直俺的には“逆の意味”でなんだけど。彼は決して映画で映えるタイプじゃない。派手さや際立つ演技力などあまり感じられない。だからこそ、彼が本来持っている“静かなるオーラ”や、“独特の存在感”がダイレクトに伝わってくるっていうかね。んなこた知ってるよって言われるけど、一応彼の父親は“ぼぶ・さっぷ”……じゃなくって“ぼぶ・まーりー”ね(笑)。役者としてのキャリアも今作が初めてって訳じゃなく、俺が知ってる限りでは『Shottas』って作品でも主役はってましたね。

それから、この作品は単なる恋愛映画(ラブロマンス)ではなく、その間に“宗教の壁”という大きな問題が存在している。セリーナの父親は教会の牧師だしね…。クリスチャンってゴスペル以外の歌、歌うのを禁じられてるの?ジャマイカだからなのか、そうでないのか詳しくは知らないけど、知らなかったな~、そこまで “徹底” しないといけないなんてさ。

しかし教会で男女の関係を持った2人を“断絶”したりするシーンなんか、教会でも国によって“表現方法”や“懺悔”ってのが随分違うんだなと思いましたよ。それと同時に、かなりスピリチュアルなシーンも多く存在するので、あったかい気候の中、レゲエという音楽に囲まれてお気楽極楽な毎日を楽しむ見たいな “一般的な” ジャマイカの雰囲気も、“神”という存在と密接に関わっているんだなという事が解かる。

これまでのジャマイカ作品ってのは、結構ザラっとした映像の物や、いかにもオリジナルビデオ的な作品が多かったんだけど、こういった“映画らしい映画”もこれから多くなっていくんでしょうな~。ただ、金のかけ方や映像技術があがったりしても、そこに映し出されるキングストンの風景や、暮らしを営む人々は簡単に変わらないわけだからね。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/301-156f1c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。