GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『IDLEWILD』だよ!
東京では“新丸ビル”もオープンしたという事で、俺の中のメルヘン建築士魂が炸裂し、先日またまた深夜であるのもかかわらず “部屋のプチ模様替え大作戦フェスティバル” を決行しました。

というのも趣味であり大事なコレクションであるブラックスプロイテーションムービーのオリジナルポスターが、俺の部屋があまりの物のあふれ方でもはや飾るスペースも無く、泣く鳴く啼く他の部屋や廊下に飾ってたんです。がしかし!これまで俺にとっては決して安くはない(興味ない人からすればもっと安くないであろう)金額をかけ、ジャイアントカプリコも我慢しつつ、きのこの山も我慢しつつ購入してきた大切なお宝なだけに、一番プライベートの時間を過ごす事が長い自分の部屋に飾っておきたいじゃない!止まない雨はないじゃない!カロリー半分でいいじゃない!

っつ~事で、随分とスッキリした部屋の中、計11作品のポスターに囲まれつつ、「あ~、そういえば『うなずきトリオ』って誰と誰と誰だったっけっ?」みたいな事を考えつつ、プッチンプリンをプッチンせずに頬張る34歳…PS.元気です(笑)

さて、今回ご紹介する作品は、ある意味HIPHOPとしての枠を超えた活躍ぶりを見せるOUTKAST主演の『Idlewild』ってなことで。

idlewild.jpg




1930年代の南部。禁酒法時代のジョージア州にある町“アイドルワイルド”に暮らす、ピアノの英才教育を受けるパーシヴァル(André Benjamin)と、ギャンブル好きの女好きのナイスステッパーなルースター(Big Boi)は、大の仲良し。彼らは成長し、パーシヴァルは家業である葬儀屋を告いで、夜は自分の好きなピアノをクラブ“Church”で弾く毎日。かたやルースターはその“Church”でマネージャー兼人気スターとなっていた。そんなある日、Churchのオーナーが殺され、店が抱えていた借金の肩代わりをルースターが背負い込まなければいけなくなったからさぁ大変!丁度そんな混乱の中、街を訪れていたシンガーのエンジェル(Paula Patton)と、そんな最中でありながら恋なんてするパーシヴァルだからそりゃとんでもない事に…。

正直、俺自身今までずっとOutKastというコンビの音楽にイマイチ入りこめなかったと言いますか、正直“好きな音楽”ではなかったんですよ。なので特にここ最近の彼らに対する高評価が、“何故?” って感じだったし、そりゃ “ま、解かるけど…” ってな部分ももちろんあるんだけど、それがどうしても自分のブラックミュージック感、いやHIPHOP感と凄くギャップがあって、彼らの位置づけがなかなか出来なかったんです。そりゃ彼らの出身地であるアトランタが、NYでもなくLAでもなく、様々な音楽の持つ“オイシイ所”を彼らなりの表現法で世に送り出す土壌になったのかもしれないし、又そういったバラエティ色溢れる彼らの音に、俺は逆に拒否反応を示してたのかも知れない。

ただ、この作品の舞台設定が1930年代の南部という事もあり、いわゆるディープサウス出身の彼らが、これまたミュージカル色の強い今作に主演するというのは結果的に大成功だったと思ったと思うんです。なによりドップリHIPHOPでも、ゴリゴリにFUNKYでも、この作品には馴染めないだったろうし、彼らのPVも担当し、気心も知れあってるであろう監督のBryan Barberは、そんな彼等を美味くスクリーン上で “遊ばせていた” 様に思う。所々に組み込まれたPOP感を醸し出すCGも、時代感や設定を邪魔することなく作品自体を華やかにしてたしね。

俺的には珍しく、音の方を先に堪能する形となってたんだけど、こっちの方にも参加してるMacy GrayやPatti LaBelleはスクリーンの中でも確認出来ますよ。それからPaula Pattonがいいんだわコレが!今公開されてる『Deja Vu』にも紅一点で出演してるんだけど、この作品ではAndréとなんとも濃厚なラヴシーンを演じてっから…やっぱ俺OutKast好きになれね~よ(笑)
          20070427191402.jpg

絶対的なカテゴリーとして“何処”に置くべきなのかってのは見る人それぞれといいますか、それだけバラエティー豊な作品だからこそ、ミュージカルとして見た場合、そしてアーティスト作品として見た場合、それぞれの観客の嗜好によって評価が割れる可能性もあるだろう。特にミュージカルファンってのは結構あれこれ映画に対して突っ込みたくなるだろうから(笑)。ただ、んなこた抜きにしてとっても素敵な作品だし、OutKast大ファンでもない俺が彼らの音っていいじゃんよ~!なんて思える作品だったんだもんよ!

丁度『DREAMGIRLS』がこんだけ日本でもHIT飛ばしてる今なんて、この作品を公開する丁度いいタイミングなんじゃないかと思うんだけど…未だ日本公開は未定。っていうかDVD発売は既に決まっているらしい…おいおいおいおい。

なんなんだろうな~、いろんな兼ね合いがあるんだろうけど、映画ってのはタイミングなんてのも客足に凄く影響したりするし、それよりもなによりも公開すらしないかもって感じなのが惜しい!だってこれ、TVやパソコンの画面じゃなくってさ、メタメタ劇場で見たいと思うもんホントに!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキー@名古屋★マイビズ大歓迎です!

こっそり遊びに来ました~^^

また遊びにきます~♪


んでは、
必殺!応援ポチポチポチポチッ!
【2007/04/29 15:51】 URL | ★タッキー@名古屋★マイビズ大歓迎 #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/320-6c71b881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。