GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Candyman: Farewell to the Flesh(邦題 キャンディマン2)』だよ!
ビデオショップにおいて、俺が最も“足を運ばないコーナー”が、ホラー・スプラッターエリアなんですけどね~。ただ、そこには他のコーナーにはない“おバカタイトル作品”の宝庫でもあり、たま~にジックリと1本1本の「どうかしてるぜ~ええええ!」系のタイトルを眺め、1人ロンリー大爆笑してたりする訳です。

例えば…『ダーティキッズぶきみ君』、『ホラ~死んじまっただ』、『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』等など、思わず「どうかしてるぜええええ~」と絶叫しながらキョンシーの様に両腕を前にピ~ンと突き出し、サモハンキンポーもまっ青なステップでピョンピョン飛び跳ねたくなってしまう様な “超おバカタイトル” のオンパレード&テクニカルパレードな訳だ! そして、キョンシージャンプをピョンピョンひとしきり楽しんだ後、それらをただ笑い飛ばすだけでなく、「にゃははのは~!」っと、真剣にコーナーに座り込み、どのおバカ作品を借りて帰ってやろうか悩んでる俺…どうだ、輪をかけたおバカだろ!(笑)、映画秘宝もビックリの過激行動派だろ!

さて、今回の作品なんですが、そんなお宝ガールズの宝庫であるホラーコーナーに置いてあるであろう(…いや、置いてないかもしれないが)1本。そして誰からも借りられる事無く、何時の日かやってくるであろう “中古300円ワゴンセール” 行きになる日を待ち、静かに “眠っている”作品だ!以前ココでも紹介した事がある悲しきブラックモンスターの続編となりました『Candyman: Farewell to the Flesh(邦題 キャンディマン2)』でいくばい!

20070508232842.jpg




蜂の大群により殺された“カギの手を持つキャンディマン”の伝説を研究している大学教授パーセル(Michael Culkin)が、自らは“伝説”としか捕らえていなかったキャンディマンに殺害される。容疑者とされたのは、教授にキャンディマンの存在を認めさせようとしていたイーサン(William O'Leary)だった。そして彼の姉であるアニー(Kelly Rowan)は、自分達の父親がキャンディマンに殺害されたという憶測に悩んでいたが、彼女が勤めている学校の生徒がキャンディマンの事で喧嘩をしていた際に、そんな事は迷信だと鏡に向かって「キャンディマン」の名を5回唱えるのだった…。

ジェイソンの様に何度も何度も復活しては、人々を恐怖のずんどこ…いやどんぞこに陥れる“スーパーモンスター”もいるんだけど、このキャンディマンに関してはそういった派手さやスター性(笑)がある訳でもなく、その生い立ちや死に方もまた悲壮感に満ち溢れている。この作品ではそういった彼のルーツ的な部分を垣間見せようとされているのだが…いかんせん、その“本質”だけをグロテスクに綴っているわけでもないので、少々退屈な感じが否めないんだな~。

そこがまたこのキャンディマンという作品が、単なるスプラッターホラーではなく、物凄く悲しいメロドラマ的な要素が大きいだけに、ホラーコーナーに『エルム街の悪夢』や『バタリアン』といった作品と一緒に並べられていることに違和感さえ持つんだけど(笑)。簡単に言ってしまえば、恐怖映画として見た場合、それはそれは拍子抜けするであろう作品なんですよね、この続編は特に!(笑)

相変わらず顔面に蜂が集ったキャンディマンのアップや、右手のフックで惨殺するといったエグいシーンは存在するものの、「ひょえええええええ~」という怖さよりむしろ「これホントに の顔に蜂集らせてんのかな?スゲエよな~」とか「なんともまあキャンディマンは可哀想な男なんだな~」とかそっちの方に意識が持ってかれ、怖いという感覚はもてない…ってか元々俺自身があんまり恐怖映画でちっとも怖いと思わないからなのかもしれないけどね(笑)

まず一言で言えば、とにかくこの作品は「静かな恐怖映画」だと言えるし、それがまた色んな部分でマイナスになってる気がする。ただ、コレを含めて全3作品も製作されているということは、本国アメリカではそれなりに“モンスター”としてのステイタス(笑)が築かれているのかな?

ってかさ、この『キャンディマン』なんだけど、これで終わんないんだわ!続々編がちゃっかり作られとるっちゅ~ことで次回をお楽しみに!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/332-d6f5b131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。