GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『CANDYMAN ‐ DAY OF THE DEAD(邦題 キャンディマン3)』だよ!
さて、今回は前回の『Candyman: Farewell to the Flesh(邦題 キャンディマン2)』の続編、そしてキャンディマンシリーズの最終章となります『CANDYMAN ‐ DAY OF THE DEAD(邦題 キャンディマン3)』をご紹介させていただくズラ!

『エクソシスト』や『オーメン』といったオカルト作品は、今でも続編が作られるほどの超有名人気作として皆の認知度も高いんだけど、果たしてブラックムービーファン以外の人達は『キャンディマン』の存在を知ってるのか?いや、ブラックムービーファンですら知ってるのか?しかもこのブラックモンスターは結構な人気者として、シリーズが3作品も存在するを知ってるのか?ってな疑問もありますが…ま、知らないんでしょう(笑)

だから俺がやるんじゃわい!!!!!(笑)

Candyman-3.jpg




真っ白な壁面に覆われたバスルーム…血で描かれたダイニングメッセージ…振り向くと…鮮血したたるフックを翳したキャンディマン(Tony Todd)の姿が!!!…毎晩の様にそんな悪夢にうなされる画家志望キャロライン(Donna D'Errico)は、かつてリンチによって右手を切断、全身にハチミツを塗られ、そこへ群がった蜂に刺されて残虐死したと言い伝えられているキャンディマンの伝説が気になっていた。ある日、仕事仲間であるミゲル(Mark Adair-Rios)が街にロビタイルというアフロアメリカン画家の絵を扱う“キャンディマン”という画廊を開き、キャロラインは憤慨する。そう、そのロビタイルこそ、キャンディマン伝説その人であり、“キャンディマン”という名を宣伝の様に使う事が我慢できなかったからだ。大勢の客が集る中、「そんな伝説など迷信」という事を証明する為に、キャロラインは鏡に向かって「キャンディマン」の名を呼ぶが…

お約束の如く、下着姿で「キャアアアアアア~!」みたいな登場をしてくれるのが、ヒロインのキャロラインを演じるDonna D'Errico。いいねええええええええ~!さすが元プレイメイト!そういや最近では彼女『Austin Powers in Goldmember』にも出てたけど、もう40近いんだね~…ってなんのこっちゃ!(笑)。
     DonnaDErri_Grani_207313_400.jpg

もちろん主人公であるキャンディマンは1作目、2作目通じての出演となるTony Todd。これまた関係無いけど、アメリカのマクファーレントイズってフィギュアメーカーがさ、この『キャンディマン3』のフィギュア出してんですよ!俺持ってるんだけど、何故『3』なのかいまだに謎だよ(笑)

正直、『13日の金曜日』や『エルム街の悪夢』といったシリーズ物の名作ホラーってのは、ある意味 “そうでなくちゃいけない王道” ってのを創り上げてると思う。だからこそ、毎度似た様な作風であっても、これでもかというくらいの続編が製作されてきた。しまいにゃ、全く別作品の主人公同士を戦わせたり(笑)。そういった意味ではこの『キャンディマン』は、3作品も作るに値する “ネタ” だったのか…っていうと少々説得力に欠ける気がするんです。

コレまでにないアフロアメリカンのホラーヒーロー、人種問題が絡む悲しき過去、やたらとスプラッターシーンを盛り込まず、トーンを落としたストーリー…様々な “これまでにない要素” ってのをふんだんに感じることが出来、もっと言うならば初作に関しては涙さえ覚えるくらいだった。がしかし、続編に関してはそういった新鮮さや斬新さが影を潜め、感想として残るのは “地味さ” だったり 。それにホラーの王道である、怖さみたいなものが、だんだんとサスペンス的要素の方がでかくなる事で散漫になってる様な気がするっていうか…ようするに怖くないんだわ(笑)。ただこの作品では5分おきにDonna D'Erricoは「キャアアアアア~!」って叫んでたけどね(笑)

それに俺が一番思ったのは、ヒロインをはじめとして彼女を取り巻く仲間や環境が、モロに“ラテン系” なんだよ。要はさ、元々キャンディマンって人種差別的な問題において惨殺された伝説だし、キャンディマン自身がアフロアメリカンでもある様に、そういった部分が大きかった…んだけど、この作品ではそういった一番のコアな部分が全く関係なくなるじゃん(笑)。あえてルームメイトにアフロアメリカン女性を配置してるんだけど、それも繋がりには全く関係無い…この3作目って一体…(大笑)

もし今見る人がいるとすれば、「あれ?この人どっかで…」って思うかもしれない。そう、人気テレビドラマ『プリズンブレイク』であの嫌~な監視官ベリックを演じてたWade Williamsがチョイ役で登場してます(笑)

これは根っからのブラックムービー好きな人にアドバイスなんだけど、レンタルビデオの“ホラー・スプラッターコーナー”をたまにはガッチリとチェキって見てください。結構「ぬおおおおお!」って人が「ひょえええええ!」って作品で出てたりするから!(笑)。『ブラキュラ』や『キャンディマン』だけじゃないんだぜ!





スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/335-fe1519a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。