GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Freedom Writers(邦題 フリーダムライタース)』だよ!
俺の親は地元の公立高校で仕事をしているので、よく現代的学生事情を寝汗が出る程熱く語りだす事がある。しかし残念なことにそれは決して“賛辞”ではなく、“落胆”の方が多かったりする訳なんですよね~。

俺も最近、「はっ!」っと気付くんだけど、よく「俺らが学生の頃は…」とか「昔はさぁ…」といった言葉を発してる事が多々あるんです。最近のガキは、そういった言葉を著しく嫌うらしいけど、俺から言わせれば決して過去と“比較”しているのではなく、あくまで“常識”と比較してるんだけなんだけどさ。

ただ、確かに俺らも昔、大人達に “新人類” なんて言葉で表現された事もあったりして、「大人が自分たちを正当化するために創ったしょ~もない言葉だ!」な~んてとんがっていた事もあったけんだけど(笑)

でもね、以前では考えられない様な若者の行動、そして猟奇的犯罪がコレほど頻繁にニュースで取り上げられる事が多い現在、どっかで本腰入れて考え直さないと、TVや映画の中でしか見ることが無かった諸外国の悲惨な生活環境やそれに伴って多発する犯罪なんてのが、決して他人事じゃなくなるんじゃないかとマジで心配になったりするんです。

っつ~事で、今回、そして次回と、“学園物”で攻めていこうと思ってます。

え?それじゃ笑えない?…いいじゃん!たまには真面目に語らせろよ!(笑)

ってな感じでまずご紹介するのが、日本でももうすぐ公開になる『Freedom Writers』。ご存知『KARATE KID 4』で一躍日本でも有名に……ならなくて、『『Million Dollar Baby』』で大ブレイクしたHilary Swank主演の学園物です!

freedom_writers_ver4.jpg




カリフォルニア州のロングビーチにあるハイスクールに赴任したばかりの教師エリン(Hilary Swank)。ところが彼女のクラスは、アフロアメリカン、ヒスパニック、アジア系といった人種によって生徒が席を別け、それぞれに敵対意識を露にした問題のクラスだった。何かに付けて対立感情丸出しの彼らに対して、ロクに授業を行える状態でもなく、喧嘩やボイコットが日常茶飯事だった。ある晩、韓国人経営の店で発砲事件が起こった次の日、クラスでアフロアメリカンを馬鹿にした絵が回覧され、エリンの堪忍袋の緒が切れる。しかし力説する彼女をエヴァ(April L. Hernandez)は涙ながらに一刀両断する。このままでは皆を纏める事は出来ないと感じた彼女は、考え方や接し方を根本的に考え直し、生徒達の為にノートを1人1冊分、自費で購入、生徒達との交換日記が始まる。さらに話題に上がった “ホロコースト” について “アンネの日記” を授業に取り入れる…。

この話は実話らしい。到底学校に “学び” に来ているとは思えない問題児達を、愛情や情熱で更正させる作品は、これまでも数多く作られている。特に女教師が主人公と言えばMichelle Pfeifferの『DANGEROUS MINDS』なんて作品もあったよね。

この作品でHilary演じるエリンは、決して彼らに染まる事なく、決して彼らに合わせる事なく、ただなんとかしてあげたいという強い思いから、誰よりも彼らに歩み寄り、様々な “工夫” を施し、彼らに “ヒント” を与えてきたように思う。それになにより、ウンザリする様な情況を、自らの手でどう乗り越えて行かなければいけないのかという教育者としての使命を、あれこれ考えながら行動する事により、あえて楽しんでいけるといった事すら感じさせてくれる。

彼らは何も “生まれつき” ひねた考えを持ち行動を行っていたのではなく、昼真っから銃声が響き、その銃弾から逃げても暴力やドラッグが待ち構えているといった危険地域の中、複雑な家庭環境で “愛情” を感じる事無く育ち、そして生き残る為に犯罪にも手を染める情況にあった。そんな彼らに鬱憤やトラウマを “吐き出す” キッカケを与え、それを “理解” してあげる包容力…これはアメリカに限らず、日本の教職者にも欠けている部分なのかもしれませんね。

Hilary Swankはこれまで、肉体的にタフな女性を演じる事が多く、世間的にもそういった部分での評価を得てきた。ただ、この作品で女性的な弱さや、だからこそ大きくしていかなきゃいけない強さみたいな部分を絶妙に見せてくれた様な気がする。この作品を見る事で、改めて『Million Dollar Baby』でのオスカー受賞が伊達じゃなかったって事を痛感する筈!素晴らしく落ち着いた演技を見せてくれてましたね。

それから、俺はこの作品のサントラを聴いてないんだけど、前編に渡って懐かしいHIPHOPが聴こえてきたんですよね~。Cypress Hill、Naughty By Nature、2PAC、Gangstarr…だけど舞台設定は90年代後半だろうから…なんでだろ~なんでだろ~ななななんでだろ~?(笑)

決してよくある熱血学園ドラマではない…実話だからこその冷静な行動やリアルな状況変化が見ている側にも伝わってくる秀作。声を張り上げ熱弁をふるい、体力に任せて生徒と共に汗を流すといった “お約束” など無くても、クソ熱さや気合を十分感じる事が出来る事間違いなし。そして生徒達にもスポットはキチンとあてられ、それぞれの胸の内や学校外での行動など、実際に決して “望んではいない” 状態とのギャップに苦悩する情況も描かれている。つまり、Hilary Swankの映画であると同時に、それぞれの “主役” が存在しているように感じた。

オーラスで生徒達が見せてくれた最高の笑顔がとっても印象的だった。

それから…黒板に自分の名前を書く練習して、チョークで汚れた手を真っ赤なスカートで拭いちゃう彼女がセクシーだったね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

TB しちゃったよ!
にいやんのコメントはうまい。
【2007/12/16 22:12】 URL | FURAHA+CLOTHING+木綿 #- [ 編集]

GEE-Q POSSE 木綿
でへへへへ~。ってかさ、俺もこの頃はまだ結構マジメなこと言ってたよな。最近はホントギャグにばっか走ってて…反省しちゃい隊!(笑)
【2007/12/17 11:00】 URL | GEE-Q+EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/340-dfcaf454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーダムライターズ freedom writers

フリーダムライターズ まいど。 久々に CLUB活動したら、酔っ払いすぎて 服が燃えたタカギです。 うちホンマにアホなんちゃうかと 思いました! 完全に酔いすぎ! 反省!!... セレクトショップ*Furaha clothing【2007/12/16 22:13】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。