GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Kidulthood』だよ!
最初に言っておくが俺はたしかに34歳のおっさんだ。学生時代は部活動もせずに“夕焼けニャンニャン”を毎日楽しみにしていた世代だ。スライムをムニョムニョいじくりながら「志村!後ろ!後ろ!」とかTVに向かって叫んでた世代だ!エリマキトカゲを探しに近所の裏山まで行ったはいいが、急遽“徳川埋蔵金発掘”に変更した思い出を持つ世代だ!紺ブレを着てディスコに行き、黒服に対して「アイムソーリーヒゲソーリー」といった香ばしいギャグをぶち噛ましていた世代だ…(若干フィクションですが、九分九厘実話です)

がしかし、“常識”ってモンにはさぁ、新しいも古いもね~よな~ってんだよ!

というのもね、最近の若い奴らってホント常識に欠けてる部分が目立つと思いません?特別な事を求めるわけでもないんだけど、“なんでそんな事くらい”って当たり前の事が全然出来なかったり…要は“やらない”んじゃなくって“出来ない”というか“インプットされていない”といいますか。

俺はそういった輩達に遭遇すると、「しようがない…だって若者だから…」なんて事、絶対に思わないネオ・トージョー(by 凶気の桜)な男なんで、煙たがられようが嫌われようが、必ず指摘・注意を試み、時には“矯正”、更に必要とあらば“指導”、酷い時には最終的にリーサルウエポン投入として“制裁”にまで発展することもある、とってもベリベリはた迷惑で大きなお世話の月光仮面なのでR!(笑)

ただ、コレは個人的な感覚の中での判断ではなく、あくまで俺以外の人間でも不快感や嫌悪感を覚える様な行為・思考に対しての場合なんですけどね。教育再生会議や教育再構築といった事も最近よく耳にするけど、それ以前の“意識”や“常識”の段階で大きな問題があると思う。

物や情報が溢れ、欲しいものが簡単に手に入り、親の存在や立場が軽視され、“楽” や “自由” といったキーワードに対して手段を選ばない若者……世間一般じゃ20歳を境に大人の仲間入りってな感じになるんだろうが…おいおい、たとえ経済的に自立しようが、だからといってなんでも許されるって事じゃね~だろと思う。それに伴って成長や発展、向上や認識しなきゃいけない事だって山ほどあるだろうに…

という事で今回ご紹介する作品なんですが、ただでさえ“最近の学校ってもんはよぉ”ってガッカリするんだけど、海外ではもっと違った感覚の生徒が、違った状況や問題に直面したりしている事を痛感する、UK発の学園問題作(?)『Kidulthood』ですますキスブス!

kidulthood.jpg




イギリスのハイスクールに通うトリフ(Aml Ameen)は、女たらしのジェイ(Adam Deacon)と、なにかにつけてナイフを突き出すムーニー(Femi Oyeniran)が仲間の普通の15歳…のように見えるが実は叔父(Cornell John)の影響でワルの道に片足を突っ込んでいた。そんな彼の彼女アリサ(Red Madrell)は自分が妊娠していることに気付きショックを受けるが、アリサの親友であるベッキー(Jaime Winstone)は、SEXを自由奔放に楽しみ、アリサにもそれを勧める。そんな中、校内でも札付きのワルであるサム(Noel Clarke)のイジメを苦にしたケイティ(Rebecca Martin)が自殺してしまう…。サムの傲慢な行動や態度に我慢の限界を超えたトリフ達は、彼に対しての復讐を誓う…

まだ15歳だぜ…みんな

イギリスの映画は割りとエックスジェネレーションを過激に扱った作品も多い様な気がする。そんな中でもこの作品は、かなりガツンと来る内容になってる。日本でも若者の非行ってのは、俺らがガキだった時代とは随分と変化を見せてる。暴走族・校内暴力といった事が社会でも “非行” の代表格だったものが、最近ではイジメ・売春・薬物・そして殺人といった凶悪な物に “発展” してしまった。ただそれは日本だけのものではなく、世界各国のティーンの間で存在すると言うことをこの作品では網羅している。

SEXに対して開放的かつ積極的、当たり前の様にタバコやハッパをふかす、悪いとは解かっていながらも犯罪に手を染める…映画の世界では良くあるシチュエーションだが、実際にこの作品で演じてる俳優達がまだホントに若いって事もあり~の、大げさな脚色がある訳でもない~のってな事で、妙にリアリティ度が増してる感が強い。

女の子の部屋にイカツイ男を平気で案内する母親、さらに一言、「コンドームはちゃんと使うのよ!」ってなモンよ!週間や常識が国によって随分違うって事を痛感する一コマだと思う反面、そこまでオープンじゃない日本だからこそ、影でとんでもない事をコソコソやっちまう若者が増えるのかも…なんて思いましたね。

作品の中の若者達や、製作者サイドの意向なんてのも、少なからずHIPHOPカルチャーの影響を受けているのだという事は様々なシーンから汲み取る事が出来る。ただ、本来のHIPHOPという文化の方向性が、どこかで随分大きく捻じ曲がった結果、こういった世代の感覚を生み、その歪みが更に拍車がかかっているのかと言う事を、世界各国の情況を垣間見る事で強く認識することとなった1本ですね。これはマジ必見!…劇場公開、いや、ビデオ出るかな?(笑)

怒りや憎しみは連鎖し、悲しみは伝染する…強烈な映画です


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
同感・・・!
私も全く同感ですね。
ガキは若いうちに、辛いこと悔しいこと、イタイ思いをいとかなきゃ、社会に出たときにロクでもない奴になっちゃう。
理屈じゃなく当たり前の事って、そんな中から生まれるもの。でも悲しいかな、バカなガキの親はもっとバカだもんね・・・
【2007/05/20 15:08】 URL | HARRY #- [ 編集]

HARRYさ~ん
そやねんな~ホンマに!
俺一回歯医者で“親”にキレた事ありますよ(笑)。周りの人間がしかめっ面している原因が自分の子供である事もわからずにのほほんとしている親が今山ほどいる…だから当たり前の規律を守る事が“めんどくせえ”だの“うぜえ”だので結局逃げちゃう…。がしかし!俺はこれからも昭和スメルをプンプンさせてやる(笑)!HARRYさんもご一緒に!(笑)
【2007/05/20 16:10】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/343-6eb666f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。