GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『HE'S MY GIRL(邦題 彼が彼女にきがえたら)』だよ!
まずはこの写真を見てもらいたい。

20070525175207.jpg


コレは今日紹介する作品のジャケットなんだけど…探しても探してもポスターは見つからず、カラーのジャケットはミジンコもビックリの小ささだったりして…結局使えそうな写真ってのがコレしかなかったんだわさ。

どんだけええええええええ~!ってな感じでしょ?つまりそんな作品なんだわ今日のヤツは(笑)。こんだけNETって便利な探索ツールがある現代にもかかわらず、人気、認知、需要、データってモンが掘っても掘っても軍手一つ出て来やしねえんだわさ(笑)。

でもね、映画ってさ…特にブラックムービーなんか尚更だけど、世間一般的に知られてる作品なんてそこそこじゃん。後は歴史の影に隠れつつ、コンクリートを突き破ってたくましく生きるたんぽぽの様にひっそりと雄雄しく生きてるじゃん。そこに水をやり、種を飛ばし、「にゃははは~」と笑わなければいけないのが俺の使命なんじゃん!

っつ~事で、今回、そして次回と、誰もが避けて通りたくなるような作品をガッツリと紹介させていただきたいと思う訳で、その第1回目である今夜は、そのタイトルもまた「どうかしてるぜええええ~!」と叫びたくなる様な『HE'S MY GIRL(邦題 彼が彼女にきがえたら)』っつ~事でお前にチェックイン!



ロックスターを夢見てドサ周りを続けるブライアン(David Hallyday)のマネージャー、レジー(T.K. Carter)は、ロック界の帝王サイモンがロスで開催する大きなライブの招待懸賞に応募する。ところがブライアンは金欠で、母親に借金までしている身であるが故に、レジーとのコンビを解消すると言い出す。そんな時、ライブ招待の当選者発表があり、見事レジーは当選!彼は当選の権利をブライアンに譲るが、女性同伴が義務付けられている彼には町中の女性が群がり大変な事態に。そんな彼の元に、ある日ギンギンに女装したレジーが現れる…。

まず、この邦題もスゲエよな~。そうそう、当時、出せばHITを繰り返してた “ホイチョイ” の人気作である原田知世主演の『彼女が水着に着替えたら』のパクリなんでしょうが…ベタベタやね~80年代はホントに(笑)。これ考えた人が会議の席で「こんなんど~ですかっ!」みたいな事を自信満々に言い放ち、一瞬苦虫を噛み潰したかに見えた重役が、カッと目を見開いたかと思いきや、興奮冷めやらぬ様子で椅子から飛び上がり「それやあああああああ!」とアパッチも真っ青の雄たけびを放つ…俺にはそこまでイメージ出来たよ(笑)

ま、ストーリーでも解るように、基本的に全編に鳴り響く音が “ロック” ってのはしょ~がないにせよ、主演のT.K. Carterのはじけっぷり、オカマっぷりが冴え渡ってるってな感じの超B級作品(笑)。そういえばT.K. Carterは、スーパーMARIOの『BAADASSSSS!』にも出演してたわな~。

成り行き上、男性が女性に成りすますってな作品は、今までココでも何本か紹介してきましたよね。ただ、残念な事に、この作品はその“中心”である筈のT.K. Carterオンリーが目立つ内容ではないんですね。当然のごとく、相方であるDavid Hallydayの動向と“平行”して物語が進んでいくだけに、T.K. Carterの弾けっぷりも“単発のジャブ”のごとく、見ている方からすればあまりダメージを受けないんだな~。もちろんコレまでのドラッグクイーン系作品も含めて、彼ほど“入浴”&“プールサイド”といった露出シーンが多く、これまた様になる男優も珍しいってくらいの見所も満載なんですけどね。でも全体的に“オモロい!”ってな感じまではいかないっちゅうかね(笑)

となると期待は自然に“女性陣”へと向くんだけど…これがまたヒロインであろうMisha McKは、ダイアナ・ロスと山本コータローを足して345で割った様な感じってか、正直イマイチ、イマニ…いや、イマサンくらいだしさ(笑)。個人的にはジーナ・ガーションの大ファンになるきっかけにもなった作品『BOUND』で、ジーナに引けをとらないSEXYっぷりを発揮してたJennifer Tillyの方に萌えたわな~。革ジャンがホントに似合うし、なにより“声”にヤラれるんだよね。この作品ではブライアンが恋するリサを演じた彼女なんだけど、まさか、この作品のず~っと後に、チャッキーに殺されるなんて誰が予想出来た事か(笑)
      20070525175249.jpg

とにもかくにもさ、ココでも何度も言ったように、俺は学生の頃からレンタルビデオショップに入会すると、ホントに店内の商品くまなくDIGるってのが楽しみだった。何故なら、誰も見向きもしないような全く動きの無いビデオの中に、こんな隠れた黒的作品が隠れてたりするじゃん。誰もが知ってる作品なんてのは見てて当然。誰もが知ってても見たくない作品見るのも当然。誰も知らないし見向きもしない様な作品を発見した時に「うひょひょひょひょひょ~!!!」ってな感覚を覚える位なのが“乙”なんだわ(笑)特に今日のこの作品なんか見つけてみ?そりゃ~もう「うひょひょひょひょ~!」ってなったもん俺(笑)。

間違いなく日本リリース済みのレンタル済み作品。ワンランクステージの高い黒キチになりたければ、ここら辺押さえてて当たり前だぜ…フフッ…フフフッ…フハハハハ…ニャハハハのハ~!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/349-d3b12e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。