GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Case Closed(邦題 キバリーヒルズコップ)』だよ!
さて、前回の『彼が彼女にきがえたら』、いかがだったでしょうか?(笑)。

世の中には妖怪人間ベムベラベロベロバ~系のアングラなおバカ映画も沢山存在するって事なんですけど、それら含めて掘ってこその “キング・オブ・ディギン” ってな感じっつ~ことで今回もまた懲りずに “どうかしてるぜえええええ系” の作品をやっちゃってもいいですか?はい、駄目って言われてもやりますけど何か?(笑)

ってな事で今回自信を持って自身を見失いつつ紹介する作品は、邦題にご注目!『Case Closed(邦題 キバリーヒルズコップ)』でっせ~!…既に嫌~な予感なんじゃないっすか?(笑)

20070529163707.jpg


探したけどこの作品に関するネタなかったんで…(笑)。主役のByron Allenです↓


過去にダイヤの盗難事件に関わった9人のうち3人が殺された。3件の殺人事件に共通するのは該者の遺体から同じ繊維が発見されている事。捜査を担当することになったブロックマン刑事(Byron Allen)は、かつて親父の同僚だったカバロフスキー(Charles Durning)に捜査の協力を依頼するが、既に引退をしている事を理由に断られてしまう。しかし、かつて現役時代にブロックマンの親父に命を救ってもらった恩があるカバロフスキーは、ブロックマンとの共同操作を承諾…行動派のブロックマンと、経験と知識が売りのカバロフスキーのタッグが結成された…。

まず一言、言わなきゃいけないわな…

なんじゃこの邦題わよおおおおおおおおおお!

当然エディーマーフィーの『ビバリーヒルズコップ』のパロディって事で、日本版ビデオのジャケットは本家にクリソツの絵がドドーンとパッケージになってるし、嫌でもそういった期待を煽る様な感じになってる訳だ!

ただ、本家本元の『ビバリーヒルズコップ』とは微塵たりとも関係は…無い!(笑)。もちろんジャケットのイラストみたいな “アクセル丸出しの服装” なんて全くしてない!。どうせならさ、コッテコテにオリジナルの方をパクりにパクってさ、『最終絶叫計画』的なノリでやっちゃってくれた方が納得出来たし笑えたのによ~。だからこういった邦題の付け方ってのやめてほしいんだよな~。

元々劇場公開作品ではなく、TV作品だった様で、オリジナルのポスターなんかもしこたま探したけど発見出来なかったんだけど、確かにこういった強烈なダジャレチックタイトルを付けなければ、なんとも内容的には寂しい作品であることは間違いない。80年代ってのはこういったデコボココンビの刑事物ってのが結構他にも沢山作られて、ある意味ブームだったのかもしれないけど、そのどれもがオモロかった!って訳でもなく、その大よそは著名な俳優同士の競演という部分だけが話題になって結果HITを産むってな感が俺の中では強い。俺は基本的に『ラッシュアワー』ですら抱き合わせの必要性を感じてないジャッキーファンだからさ(笑)

つまり、エディーマーフィーファンがこの作品を楽しめるかと言えば絶対そうとは言えないし、んじゃ映画ファンだったらどうか…もっと厳しいかもしんないね(笑)。

んじゃ、そんなにオモロくないの?といえば決してそうではなく、それなりのスピード感、それなりのアクション、それなりの笑いは存在してるし、俺が見た“日本語吹き替え版”ってのはカバロフスキーの声を担当してるのが「おしおきだべええええ~」のドクロベエでおなじみの滝口順平さんが担当しててさ、お馴染みの声を聞かせてくれてますぞよ!

ん~、それぐらいだ、俺が言える事は…つ、辛い(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/352-c9b9e084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。