GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『EPIC MOVIE(邦題 鉄板英雄伝説)』だよ!
いや~、先日「俺が行かなきゃ誰が行く!」といった勝手気ままなノイローゼ責任感に駆られ、初日のレイトショーを攻めてまいりました。そうです、日本のお笑い界を代表し、いよいよ話題の監督作品が封切りになったじゃないっすか!まっちゃんこと松本人志監督の『大日本人』ですよ!早速見てまいりやしたっ!

単刀直入に言いますが…マジで最高でした!ホント最高!大満足でしたっ!

コレは、決して「まっちゃんが監督しているから無条件に面白い筈だ!」や「まっちゃんが監督している作品は、感覚的に“おもしろい”と思わなければ、笑いに関してショボいと思われるかも?」なんてチンケなプライドなんて事全く考えずに思う、俺の素直な感想でした。

まず、俺は最初から最後まで笑える作品だと思うし、無性に寂しげで悲しい作品でもありました。館内は満員であるにもかかわらず、周りの客席はあまり笑っている様子もなくて、「え?何故?」ってな感じもしましたが、『ごっつええ感じ』や『一人ごっつ』的な笑いを期待してるのかな~とも思ったんですけどね。だったら完全に裏切られます。むしろ、彼の作品で言えば『頭頭』や『犬マン』、それに一連の『ビジュアルバム』の集大成的な感じの作品だった様に思えましたね。

俺にとっては“いちいち響く”作品であり、恐らく少なくとももう一度は劇場に脚を運ぶであろう傑作でございました!

そんなこんなで完全に頭の中が“お笑いモード”になっている今、やっぱココでもお笑い系の作品を紹介したいっつ~事で、今夜は『EPIC MOVIE』で行って見ましょう!

epic_movie.jpg




初っ端は『ダヴィンチコード』…ある真夜中の美術館、ミニスカの女。怪しく横たわる素っ裸の男の胸には“THUG”の文字。モナリザに浮かび上がる謎のメッセージ、襲い掛かる黒頭巾の男から逃れ、自動販売機でチョコを飼ったらGOLDEN TICKETの大当たり!って『チャリチョコ』かよっ!… あ~説明するのもめんどくさくなってきた(笑)。 所変わって『ナチョリブレ』、教会でのひともんちゃく後、ここでも又GOLDEN TOCKET!今度は飛行機の中、蛇がウジャウジャで大パニックの『スネークフライト』状態になるが、またまたGOLDEN TOCKET…んじゃなくて飛行機から放り出されたアフロアメリカンの女性、落下地点でめでたくGOLDEN TOCKET!お次はキャンパス内で悩ましげに野郎を誘惑するのは『X-MEN』の1人。他の仲間も登場してきて一触即発になるが、親分出てきてはい、GOLDEN TOCKET!…説明いるか?この作品(笑)

とまあそんなこんなでゴールデンチケットを手にした全く関係無いヤツラが、“例”のチョコレート工場に招待される訳だ!大筋には『チャリチョコ』と『ナル物』がベースになってるんだけど、『ダヴィンチコード』、『ナチョリブレ』、『スネークフライト』、『スーパーマン』、『ハリーポッター』、『パイレーツオブカリビアン』とまあありとあらゆるココ最近のHIT作をパクリにパクっておりますですハイ。

この手のパクり作品って言えば、もちろん真っ先に思い出すのがウェイアンズ兄弟の『SCARY MOVIE』シリーズなんだけど、アレにみたいに様々な作品の“一場面”や“シチュエーション”をパクるってパターンとはまた違って、その作品のキャラそのまんまをパクってたりするんだよ!んで結構そういった場合、チョロっとこっそり本人が出てたりする事が多いんだけど、この作品は全部ニセモノ!…いや、ソックリさん!…いや、やっぱ!“ニセモノ”が演じてたりするんだ(笑)。それが微妙に似てるし、随分似てないしで、メタメタいい感じの笑いに繋がってると思う。そういや、サミュエルのソックリさんが「ガッデム!」を連呼してたな~(笑)

それから飛行機から放り出されるスーザンを演じてたFaune A. Chambers!いいんでないかい~!あと今年のラジー賞でも大活躍のCarmen Electraも、“真っ青”な演技で相変わらず妖艶なSEXYスタイルを見せてくれとりました!ウヘヘヘヘヘ~。
Faune20Chambers-6.jpg


ちなみにが“お春姉さん”が演じた元祖Stormのニセモノさんはこの方、Kahshanna Evans↓(笑)
20070603192941.jpg


ほんで忘れちゃいけないのがキャット・ウイリアムス!…でも出てたというよりは、話してたっていうか(笑)

あ、最後の最後にBORAT出てたわ(大笑)

ま、何故この作品を紹介したかといいますと、要は俺達的にもそこそこ話題になった本家本元のパクリコメディである『SCARY MOVIE(邦題 最終絶叫計画)』から黒的要素をゴッソリ取っちまった感じの作品な訳。「んじゃ、なんで紹介すんだよ、このすっとこどっこい!」ってな事になるんだけど、ココでまだその人気シリーズである本家本元『SCARY MOVIE(邦題 最終絶叫計画)』を1本も紹介してなかった事に気が付いたんで、丁度イイ “前説” ちゅう事で御理解いただきたい(笑)

そんなこんなで次回からこの『最終絶叫シリーズ』4本全部をジックリ紹介しちゃいますよ!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/357-02812c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。