GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Scary Movie 2(邦題最‘新’絶叫計画 )』だよ!
さて、こないだの土曜日に『大日本人』を見に行き、大満足で映画館を後にした俺でしたが、同じ日にこれまたお笑い会の超大物監督の作品が公開されていますよね?そうです、北野武監督の『監督ばんざい』ですよ!実は間髪入れずにはコッチもキッチリチャッカリシャカリキマカリキで見てきましたよ!

無類のお笑い好きな俺として、そして北野作品の大ファンの俺としては、きっと同監督作品の中で、“通” にはクラシック中のクラシックとの呼び声が高い『みんなやってるかい』の再来だと期待に胸を膨らませながら行ったんですが……

単刀直入にいいます…

俺的には大満足でしたがこれまでで最も “万人ウケ” しない作品だと思う。

路線としては一見『みんなやってるかい』系の様な気もするけど、俺的には『TAKESHI’s』をもっと好き勝手にハチャメチャにしたような感じ。どちらにしろ、ある程度好きなものを撮っちゃったらから、今回はなんだか大真面目に大ふざけやったらこんなんが出来ちゃったみたいな北野監督らしい痛快ギャグ作品でござんした。ただ、これまでのギャグ映画の “定義” というか “お約束” 的な事を考えたら、やっぱり一味も二味も違うアプローチで攻めてきた松本人志監督には今後メタメタ期待が持てますけどね。

っつ~事で、引き続きお笑いノイローゼ状態で今夜もお送りしやっせ~!最終絶叫シリーズの第2段!『Scary Movie 2(邦題最‘新’絶叫計画 )』でんがなっ!

scary_movie_two_ver1.jpg




ある晩のある屋敷、ノリノリでパーティーが行われている中、いきなり「お前らク○だ!」と一言浴びせた後ガンガンにオ○ッコを漏らし始めた少女の悪魔祓いに訪れたマクフィーリー神父(James Woods)。とりあえずトイレでウ○コ済ませ準備万端!悪魔との戦いは壮絶を極め、助手を含めて皆ゲロまみれとなる。一方、大学生のシンディ(Anna Faris)は、悪友のショーティーにアフロアメリカンイズムを叩き込まれていた…しかも思いっきり悪い意味で。そんなシンディやアホダチであるブレンダ(Regina Hall)、レイ(Shawn Wayans)、アレックス(Tori Spelling)達は、オールドマン教授(Tim Curry)に連れられて、奇妙な現象が起こる屋敷 “ヘルハウス” に連れてこられる。気色悪い召使がいるこの屋敷は、あのおぞましい悪魔祓いが行われた場所だった…。

前回同様、多数のHIT作パロディが連発するかと思いきや、そこまでじゃなかったね。ま、『エクソシスト』に始まりヤンデポンの『ホーンティング』チックに屋敷内でのエピソードに発展。もちろん他にもNikeのコマーシャルに至るまでパクって笑わせてくれる。ま、俺的には『チャーリーズエンジェル』のパロディで、颯爽と登場してきたアンナ・ファリス 、レジーナ・ホール 、キャスリーン・ロバートソン の3人だったが “ランジェリー姿” である事に気がつき、慌てて着替えに行くというサービスシーンが一番好きですが(笑)

そんな中でもマーロン・ウェイアンズは相変わらずのラリパッパ路線から外れることなく、一安心!(笑)。巨大なブラントのオバケに襲われてたりしたよ(笑)。顔はおぞましい化け物でも、紙袋被せて “ヤッちゃってた” しね、彼(大笑)

恐怖を感じなければいけないシーンでも、そのチャチさやショボさで思わず笑いが出ちゃうのもキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズの狙いなんだろうけど、 全作の創りやインパクトがあまりにも大きかったっていうか強烈だっただけに、若干の拍子抜け感は強い。特にウェイアンズ兄弟の持ち味がすっかり鳴りを潜めちゃってる気がする所がおしいかな。

それから、これまた前作同様、レギュラーと化したアンナ・ファリス、そして個人的に大ファンなレジーナ・ホールもいいんだけど、この作品ではあえてミスフォトジェニックMVP大磯ロングビーチマラソン賞は、キャスリーン・ロバートソン!
20070605172324.jpg

彼女に与えたいと思う!『ビバリーヒルズ青春白書』にも出てた彼女が、よくぞこのヨゴレ映画に出てハジけてくれた!おっちゃんはそれだけで満足だ!(笑)

まだまだ続くで~『絶叫計画特集』は!(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/359-fdf0b0c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はじめまして

はじめまして、こんにちは。突然のTBですみません。まだ始めたばかりですが、記事に紹介させて頂きました。 ドラマみてる?【2007/06/15 10:59】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。