GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ハイアー・ラーニング』だよ!
いきなし今回は質問だ!『FOUR BROTHERS』って映画の監督って誰?『2 FAST 2 FURIOUS(ワイルドスピード×2)』の監督って誰?これ聞いてサッと答えられる人は結構ブラックムービー通だと思うけど、実際のところは『?』って感じじゃないかな。
んじゃ『BOYZ'N THE HOOD』の監督って誰?って聞かれると「そりゃ、J・シングルトンだろ」って即効で答える人は多いはず。結局3本ともJ・シングルトンの監督作品なんだけど、それほど彼の代表作ってのは『BOYZ'N THE HOOD』であり、その後の作品も必ずといっていいほど『BOYZ'N THE HOODの監督』っていう称号…いやレッテルが付きまとってると思う訳だ。

『BOYZ'N THE HOOD』で鮮烈デビュー後、コンスタントに映画をつくっているにも関わらず、その後彼に対する賛辞をあまり聞かないのも事実なんだけど。
でも今夜紹介する彼の『BOYZ'N THE HOOD』に続く2作目、『HIGHER LEARNING』も、個人的には十分彼の代表作であると思ってる。ただ、この作品はホントに見る人によって感想が大きく変わるものであるとも同時に思うんだな。いや、正直言うと俺の周りでこの作品を「よかった!」と言う言葉を聴いたことが…ない。そう、どちらかと言えば酷評が多い作品なんだよ。でもね、俺はそう思わない、何故ならそれこそ『BOYZ'N THE HOOD』を撮った監督の映画なんだよ。単なる娯楽作品じゃない、何らかの主張を感じる筈なんだよね。

fdc03074.jpg


2Pac & John Singleton - 2PACshakur.NET↓


今作の舞台は大学、期待に胸を膨らまし入学してきた学生達。しかしそこには様々な人種や同性愛、宗教などが入り混じっていた。Michael Rapaport演じる気弱な学生も、人種間のコミュニケーションに悩み、次第にネオナチの洗脳を受けていく…。

前作で人種差別やLAのストリートギャグの現状を鋭く切った監督が、今回は様々な思想や文化の違い、又学ぶことにより何が生まれるかといった問題を、大学というフィールドで前作以上の問題提示を示している。その為、全体的に詰め込みすぎ感も無きにしも非ずだが、それぞれの問題を抱える若者達の葛藤がストーリー展開により大きく変化していく様は、見ていて引き込まれるんだけどな~。

こんな風に言えば御幣があるかも知れないけど、SPIKE LEEの『SCHOOL DAZE』からミュージカル的な部分やコメディタッチの要素を排除し、その分人種や思想、そして犯罪性をプラスした様なシビアな作品だと思う。

SPIKE LEEと比較するのはいかがなものかと思うけど、彼が一環したアフロアメリカンムービーに拘り、メッセージ的な色合いが強い作品を撮り続けているものの、『CLOCKERS』や『25TH HOUR』で、NEXT LEVELに進んだように、John Singletonはこの2作目でその後の方向性を自分自身でチェックしたんじゃないかな。ただ、アフロアメリカンの監督としてのアイデンディティは失わず、それでいてSPIKE LEEとは全く違う方向性を最近表現しようとしている様に思う。映画監督として…良くも悪くも。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/36-48011a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。