GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Code Name: The Cleaner』だよ!
先日、いつものごとくふらりと “ブックオフ” に立ち寄った話じゃけんのう…。

わしが、何気に“邦楽CD”のコーナーを見よったんじゃ。そしたらのう、棚に並んでるCDとは別にのう、ワゴンセールっちゅうもんが展開されとってのう、100円やら50円やらでCDが売ってあってのう。

SHAZNA … KIX … KATSUMI … TRF …プッチモニ…ピンクサファイア…久宝留理子…懐かしい顔ぶれが勢ぞろいでのう…

わしゃ~なんとも悲しい気分でジョークな感覚に陥ってのう…

なぜか無性に、広島風お好み焼きをフハフハ食べながら、 “艶姿涙娘” を裏声で歌いとうなったわい。しかも「艶姿な~みだむす~め~、いろっぽいね~!イエ~イ・イエ~イ・イエ~イ!」の所だけを永遠にリピートで…

じゃあの


……いやいや、終わらない終わらない!っつ~事で今夜の作品はじゃのう、『Code Name: The Cleaner』をご紹介するけんのう!

code_name_the_cleaner.jpg




太っちょ清掃作業員のジェイク(セドリック・ジ・エンターテイナー)はある日何者かに襲われ、頭を強打…気絶…という災難に遭う。ところが目が覚めたら更なる災難が!なななんと横にはFBI捜査官の死体とドッサリの現ナマが!訳がわからずパニくるジェイクだったが、人間の本能で現ナマだけを持って部屋を飛び出したわいいが、謎の女ダイアン(ニコレット・シェリダン)の濃厚キスにやられて行動を共にする(笑)。ところがそのダイアンも何やら怪しい雰囲気であることを察知したジェイクは、ダイアンの元からカッチョイイベンツをパクり逃亡!何やらややこしい事件に巻き込まれれた事の重大さに気付くジェイクは、次にダイナーのウェイトレスであるプリプリセクシーなジーナ(ルーシー・リュー)に助けを求めてやってくるが、股間に氷をぶちまけられるのであった…(笑)

良くも悪くもセドリック・ジ・エンターテイナーの映画って感じがする…特に中盤あたりまでは(笑)。毎回同じような事を言って申し訳ないけど、彼が主役の作品って、イマイチ心底 “あ~、オモロかった!” と思える作品が少ないんですよね。いやいや、それは面白くないって意味じゃなくって、数々の作品で、縁の下の力持ちというのも申し訳ないくらいの存在感でバッチリ “笑い” をとってくれる彼に対する期待ってのは、そりゃ~イヤでも膨らむもの…その俺敵期待満足度合格レベルに達していないっていうか(笑)。なんだかもっと好き勝手やっちゃってくれていいのかな~と思うんですよね。きっちりと“主役”の枠にはまるよりも、その方が彼特有の持ち味を感じやすい気がするんです。この作品も中盤以降はあくまでルーシー・リューとのコンビ!って感じになっちゃうしさ(彼女ここぞとばかりに“チャリエン”並にカーチェイス&ガンアクション&バトルまでやっちゃってるし)

ま、いい意味では、彼らしいコミカルなパフォーマンスも見れちゃう!ふとフラッシュバックして脳裏に浮かぶ、自分が“特殊部隊”の最前線で指揮を執る映像…それにあわせて婆ちゃんのケツを思い切りスパンキングするわ、変装してホテルに潜入したと思ったらそのままオランダチックなダンスショーの舞台に上るハメになるわ、笑えるところもこれまた満載。

デレイ・デイヴィスも少ない出番で強烈に存在感をアピールしてたし、ほんのチョイしか出てないニーシー・ナッシュも、タイの日焼けサロンに通いすぎたマイケルジャクソンみたいな風貌だったし、見所満載ですぞよ!

やっぱスタンダップコメディアンは、“ホーム” でこその持ち味発揮かもしれんけぇのう。

じゃあのう


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/379-50b26a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。