GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Petey Wheatstraw(邦題 ピティー ・ウィートストロー)~』だよ!
今日空手の稽古が終わり、あまりの喉のサハラ砂漠化に嫌気が差し、ダイエットペプシを自動販売機で買ってたら、思わず「あの~国籍は…?」と問い詰めたくなるような変わった容姿の犬が足元にやってきた。しかもその犬はカラッカラに噛みまくりあげた挙句、ツルッツルのメラニン色素状態になっている犬用の骨形ガムを、まるでチビッコ相撲大会で優勝した肥満児の様に誇らしげに咥えているのである。俺はなんとも刹那的にせつなくなり、その骨を無理矢理ヤツの口から奪い取るという通称 “ジャイアニズム” という必殺技を炸裂させた!するとその犬は怒って吠えるどころか、カメラを取り上げられた林家ペーのごとく意気消沈したので「やっこさん、オイラもソコまで鬼じゃないぜ」と返してあげたら、その犬の後ろに野村沙知代60%、浅香光代38%、ヒキガエル2%といった具合の飼い主らしきオバハンが、それこそ「私は鬼ですが何か」とでも言いたげに仁王立ち…

とっさに「俺も昔、セントバーナード飼ってたんですよ…名前はカルピン。ちなみに2代目はルークパンチャマです」といった明らかに嘘だよバ~カと解る様な追い討ちa.k.aおもひでを残し、その場から立ち去りながら小さくガッツポーズ&一人泣き。

さてさて、今夜も行くで~!『強烈悶絶絶倫人間竜巻特集其の参~Petey Wheatstraw(邦題 ピティー ・ウィートストロー)~』じゃわい!

20070629233246.jpg




嵐の夜、ドタバタコント的なシチュエーションでこの世に生を受けたピティー ・ウィートストロー(ルディ・レイ・ムーア)。生まれた時から既にいっぱしのガキんちょ体系で、髪はモサモサだわ、言葉はしゃべるわ、パンツは履いてるわと、既に “どうかしてるぜ系” だった彼は、近所の悪ガキ共と喧嘩している所を空手の達人バントゥーに認められ弟子入り。大昔のジャッキーさんの映画も真っ青な特訓を積み、見事免許皆伝となる。しかし彼が本当にやりたいことは武道ではなくコメディアンであると、とんだおかと違い発言をぶち噛まし、ホントにコメディアンになっちまった。しかし、彼が活躍するクラブのライバルクラブ連中に殺されてしまう(笑1)。ところがその後、悪魔ルシファーと取引し、ブサイクな娘との結婚と引き換えに生き返っちゃうんだわさ(笑2)。悪魔にもらった魔法の杖と自慢の空手で復習に萌える…いや、燃える彼だったが…。

ドールマイトという強烈かつ激烈バカなキャラを生み出したルディ・レイ・ムーアが、更に色んな意味でパワーアップしたキャラとして登場したのがこのピティー ・ウィートストロー。これまでも十分 “どんだけえええ~” な奇想天外オバカぶりを発揮してきたけど、今度は “死んで生き返る” という完全に反則な掟破りのストーリー展開!お見事、ルディ・レイ・ムーア!

さすがに空手の達人という設定だけあって、アクションシーンも豊富だが、ハッキリ言ってよかですか……彼は絶対に空手の経験なんてねえええええ~よ!(笑)

な~んて言ったってさ、誰も彼に対して本格的なアクションなんか期待してないっつ~んだよな。ブラックスプロイテーションムーヴメントの中、ジム・ケリーをはじめとして結構激しいカラテアクションを駆使する俳優も多かったんだけど(といいつつ彼も又、俺的には“空手家”には見えないが)、よくもまぁ恥ずかし気も無くあんなファンキーファニーカラテを見せてくれたもんだよと思わず拍手したくなるもん(笑)。

なんかこんな事ばっか書いてると最初っから最後まで悪ふざけモード前回の様な作品に思われるかもしれないけど、そうでもないんですよコレ!醜い商業派閥闘争の中、幼い命が奪われ、更に大量虐殺へと繋がっていく……そして更にオバカな展開へ…ってやっぱオバカじゃんよおおお!
  
ま、死んだ人間が生き返ったり、悪魔が出てきて取引したりといえば、今のシーンで言えれば当然“特撮(SFX)”技術によってどんなシーンがつくられるんだろう…なんて考えるだろうけど、普通に現れて普通に話してんだから驚きだわさ!ま、真っ暗な所で、赤い光の中会談したり、生き返り方が “時間の巻き戻し” っていうショボショボな “最小限の演出” を施してあるんだけどね(大笑)

いよいよ明日は最終回、『謎の転校生の巻』です…って嘘です(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/384-b15679e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。