GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Urban Menace(邦題 ブロンクスバーニング)』だよ!
少し前にレンタルビデオショップの “男性パラダイス” コーナーに潜入した時の話。

既に潜入捜査を始めていた数人のアンダーカバーエロリスト達の邪魔にならぬ様に行儀良く萌え萌えアイテムの数々をGEE-Q’sスコープで物色していたんだけど…店内に響き渡るけたたましいパラパラレイヴミュージックに耳を奪われた。

不覚にも「結構いい感じのノリしてっじゃん!」と思ったその曲は、少し前に辻ちゃんデキちゃった婚でその存続すら危ぶまれたが、ピンチヒッターの安部麻美加入により無事リリースまで漕ぎ着けたギャル系ユニット“ギャルル”の「Boom Boom めっちゃマッチョ!」ってヤツ(大笑)。元々俺はギャル曽根が割りと好きで、特大チャーハンのフードバトルに挑戦し、2分後にあえなくギブアップした後、「悪ぃけど、あとヨロシク原宿!」とか言う俺に、満面の笑みを浮かべ「うん!ガッテン承知の助!」とか言ってペロリと平らげるギャル曽根の姿を目を細めつつ眺めてる…なんて恐ろしい妄想アナーキストぶりを発揮しては、ラッキーストライクのフィルターの方に火をつけるというビックリドッキリ大失敗を繰り返してたんです。

んでPVの方も気になったんで、Youtubeで早速チェキって見た処、 “3人組” 、しかも “踊りが入る曲” って事で無意識に誰が一番キレのあるダンスをかましてるかってトコをチェキってる訳ですよ俺は。しかも気が付いたら無意識のうちに振り付けを必死で覚えようとしているという手に負えないトランス状態に陥る始末!我に返った俺のチェキっ娘リサーチの結果、メンバーの中でも時東ぁみのキレは他の2人を圧倒するシャープさで、そもそも彼女がアキバ系の………

って俺は一体何語ってんだよおおおおおおおおおおおお!(笑)。これじゃアイドルヲタみて~じゃん!しまいにゃサテン地のハッピに赤面する程恥ずかしいセリフ刺繍するぞゴルアアアア!

という事で、今回はその時借りてきたDVD、『Urban Menace(邦題 ブロンクスバーニング)』をご紹介しますです。

20070718234406.jpg




何者かに次々と仲間を殺された組織のボスであるクロウ(ビッグ・パン)とテラー(ファット・ジョー)は、武装したシャドウに犯人を見つけ出させるが、彼らもまた餌食となってしまった。“現代の切り裂きジャック”と評される犯人はサッド・バンクス(スヌープ・ドッグ)という残虐な男…。組織は最終兵器としてキング(T.J.ストーム)を投入しようとするが、難色を示す彼にデブ2人。しかも新入りであり、フッドを抜けようと考えてるらしい彼に大きな仕事を任せるのは危険であると、でぶっちょ2人組は保険にキングのカミさんであるカミさんであるジョリーン(カレン・ダイアー)を人質にとる…

ホント最近は “月1ペース” といっても過言じゃないくらいこの手のアーティストが出演してるオリジナルビデオ作品がリリースラッシュなんだけどさぁ…正直どれもこれも全然つまんないんだよ。ま、だからこそココでのレビューも後回しになってる状態なんだけど(笑)。んでこの作品はというと…

いや~、またヤラれたぜ(笑)…つまんねええええええよおおおおおおお~!

だってさ、スヌープ、アイス・Tに、ファット・ジョー、ビッグ・パンの競演だぜ!みんなモノホンの顔役じゃん!しかも『ブロンクスバーニング』なんてタイトル付けられた日にゃ、否応無しに西vs東の抗争系を彷彿するのが当然じゃん!ところがそんな図式は全くの皆無で、アイス・Tに至っては “ストーリーテラー” 見たいな役割だもんよ。『世にも奇妙な物語』でいうタモリだもんよ!『ちびまる子ちゃん』でいうキートン山田だもんよ!いやさ、「最初に言っとくが、死体や銃撃戦、キタネエ言葉やドラッグ、そんなモンをビビるクソならとっとと尻尾を丸めて俺の前から消えろ!」なんて威勢のいい煽りを冒頭ICE-Tがカメラ目線で凄んで来るんで、こっちも「ぬおおおおおお~!」なんて思ったけど、そんな残虐なシーンなんてねえじゃね~かよ!(笑)

それから、このDVDはリリースされたばかりなのに、何故ビッグ・パンが…ってな事なんだけど。
そう、2000年の2月7日に他界した彼だけど、この作品は1999年製作なんですね。なんだかビッグパンが亡くなった事が再び信じられない気持ちになったりして複雑な思いだったんですが、どうせ日本版としてリリースされるのであれば、特にこういった作品に関しては出来るだけ早い時期にお願いしたいもんですよね。なんだか刹那的に切なくなってくるじゃん。

それにパン&ジョーといった “ブロンクス版若貴コンビ” の演技ってのが…ひ、ヒデエ(笑)。たのむ、それ以上カメラ目線でセリフかまさないでくれええええ~!ってな感じに仕上がってます(笑)

作品全体のカラーは常にダークな雰囲気が覆ってるし、特殊な処理が施され、限りなくモノトーンに近いような映像になってる。それはある意味 “拘り” とか “斬新” ってな感じになるのかもしれないけど…全然効果に繋がっていないどころか、逆にチープな雰囲気を煽ってるような気がする。だって、何分ストーリー自体がショボかったり、大物ラッパーが出演している割には全く個性が発揮されていない配役だし、引っ張るだけ引っ張ってギリギリまでその残虐性を隠してるスヌープ演じるサッドバンクスが、蓋を開けてみれば全くといって良いほど恐ろしくなかったりと、土台自体が突っ込み処満載じゃ~ね~かよ~(笑)

もちろん過激な殺人描写や生々しいドラッグシーンなどを絶対に絡めなければいけないなんて物騒な事は思わないけど、やっぱり “フッドムービー” である以上、それなりの悲劇・身内愛・抗争・犯罪といったキーワードを羅列するだけでない何かが必要だと思うんです。物凄く簡単に言えば “グッとくる部分” と言うかね。

ってかさ、ホントにココ最近この手の作品がよくレンタルショップに並んでるんで、プチ特集っつ~ことで後4~5本紹介しちゃりますんで。悪いけど、ほぼ激辛評価になりますけど(笑)



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/403-a0bcd419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。