GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Acts of Random Violence(邦題 VS. PLAYAZ)』だよ!
みなさんこにゃにゃちわ。リア・ディゾンです。

さて、ブラックムービーの作品の中でも、1.2を争うくらい多くのB-BOYに影響を与えた名作 『ボーイズ’ン・ザ・フッド』 はみなさんもご存知でしょう。

あの作品はホントに色んな意味で “LA(サウスセトラル)に生まれ、LAで生活していれば十分起こりうる悲劇” をリアルに描いた作品でしたが、ストーリーだけでなく、その他設定ももちろん、登場人物の服装なんかもいわゆる “THE 普段着” 的なREALな雰囲気が漂っていました。

ある日、ダチがあの作品のラストシーンでキューブが着てた服装そのままの格好で現れたんだけど、俺ら的にはどうみても “おにぎりを奪い取られた山下清” にしか見えず、「どうした?点描写でエキゾチック絵画でも書きに行くのか?」とマジで聞いた所、あのシーンのキューブを意識したという驚愕の事実を知らされた3秒後に皆で大笑い。しかもそいつは「セブンイレブンでおかか入りおにぎり買ってやろうか?」というフォローの言葉を言い終わらない俺の顔面めがけて思い切りパンチを放つ、通称 “時間一杯待った無し” という奇襲攻撃をカマし、その後騒然となった “オーイ・清・ザ・握り飯” 事件が勃発したのを思い出します(実話)。

という事で、どうしてもLAを舞台にした作品ってのはギャング物が多い訳なんですが、今回の作品もまさにソレ!ってな感じで『Acts of Random Violence(邦題 VS. PLAYAZ)』行ってみましょう!

mack10.jpg


トレーラーがなかったんで…Mack 10 - On Them Thangs


西海岸のギャング“プラチナプレイヤズ” は、ボスであるリンチ(Mack 10)を筆頭にヤクや銃犯罪で勢力を拡大していた。ある日組織の麻薬取引の最中、何者かが乱入し銃を乱射。死傷者が出た上に取引もパーになるという事件が起きる。乱入したのはイザイア。元プラチナプレイヤズの組員で、脱退した腹いせに家族を惨殺され、組織に対し復習を誓っていた。様々な武器と武術で武装し、リンチを追い詰めていくイザイアだったがヤクを横取りされたリンチもまた様々なトリップをしかけ、彼を追い込んでいく…。

言いたかないがまただよこのパターン!まずこの作品のパッケージにはデカデカと“MACK10”の写真がプリントされてるし、クレジットも一番最初に表記されている…にもかかわず…

彼の出番!!!!!合計約15分!!!!!

これじゃ誰が主役なのかわかったもんじゃね~じゃんよおおおお!しかもボスって風格がそれほど無いってオマケ付きなんだわさ(笑)。一発も弾かねえし、アクションシーンも無し…おいおい、仮にもギャングのボスだでっ!引き連れてる女に戦わしちゃ、男が廃るってもんじゃね~のかい。それじゃ、T-BOZも悲しむわい(笑)

ってかさ、お世辞にも褒められる様なアクションシーンはないにしろ、ココ最近やけにリリースラッシュが増えている “PV映画” とは違い(といっても一歩間違えば同じ様なクオリティだけど)、キチンとしたストーリーがあるし、かなりのオバカシーンも含まれてて、いわゆる超王道な “B級作品” な訳だからこそ、そのまんまのスタンスで勝負すりゃいいものを、変な煽り方するもんだから余計な期待がでかくなっちゃうんじゃんかな~。

でもホンットにアクションがねえ~、特にカラテチックなアクションがねえ~

スローモーションみたいでショボいんだわさ、メタメタ(笑)

それでも結構な高回転でレンタルされてるみたいだけど、皆これ見てどんな感想もつんだろうかと考えると、なんだか急にドナドナが唄いたくなった…。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

お~っ、LAギャング作品で盛り上がってますね~。
”おにぎりを奪い取られた山下清”って、(ぷぷぷ)
今度あの映画見る時、”山下清”想像して見てみます~。
夏になると、LAに行きたくなります。
夏のLAしか行った事ないんからなんですけど、やっぱりNYと違う広々した街とハイウェイがいいっすね~。
【2007/07/24 12:27】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE BROOKLYN YOKO
YOKOはLA行った事あるんだな~、俺はNYしかないんだよな~。
そうそう、ハイウェイやらさ、南国チックな木が道路沿いに植えてあったりさ、ビーチではゲロマブなパツキンがウヨウヨだったりさ…ぬおおおおお、LA行きてええええ~(笑)
でもやっぱおっちゃんはNYが好きだわさ!
【2007/07/24 21:13】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/407-60c034ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。