GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『黒いジャガー(アフリカ大作戦)』だよ!
さて、3回に渡って御紹介してきたブラックスプロイテーションの人気作『SHAFT』も今回が大トリ!シリーズ3作目となる『Shaft in Africa』です。

全2作を監督してきたGordon Parksから監督が交代、新しくメガホンを取ることになったのはJohn Guillermin…な、なんでやねん(笑)。アフロアメリカンの憧れとしてスクリーンで活躍する“SHAFT”は、同時にブラックスプロイテーションが生んだ最高のヒーローの1人である事は間違いないby長井。なのになんでココへ来て白人監督が?

人種的偏見ではないが、ただ単純に“ブラックスプロイテーションムービーなのに何故?”って思わないですか?John Guillerminといえば後に『THE TOWERING INFERNO』や『KING KONG』といった超メジャーアクションパニックを撮ることになる監督、そりゃ“オモロい大作”作らせたらバツグンなのかもしんないけど、ある意味ブラックスプロイテーションムービーってのは“大作的オモロさ”なんて必要ないと思うんだけどな~…なんてこの作品を初めて見た時はブ~たれてました(笑)


shaftinafrica.jpg


フランスで1人のアフロアメリカンが組織によって拉致されたあげく殺害される事件から物語は始まる。私立探偵ジョン・シャフト(Richard Roundtree)は、アフリカ連合指導者であるラミラ(A.V. Falana )の手下に事務所で襲われ、これまた拉致られる(笑)。アジトでは素っ裸にされ棍棒を使っての格闘なんかもあるのだが、それはこれから起こりうる困難をクリアする為のテスト。結局はフランスで殺された青年が、このラミラの息子であった為、“黒人奴隷”になりすまし人身売買のルートを暴くという依頼をされる。捜査を始めエチオピアに向かうシャフトであったが、途中経由地であるフランスの空港トイレで襲撃を受ける。ラミラの側近であるワッサ(Debebe Eshetu )が組織と関係があったのだ。なんとかアジスアベバに入ったシャフトであったが…

アフリカに入ると同時にいきなりライオンがいたり、民族衣装っぽいチープな服装に裸足で丸腰だったり、誰のものかもわかんない小屋でいきなり女と“やっちゃう”し、決闘は練習どおり武器が“棍棒”だし(笑)。こんな強引な演出やコテコテのストーリー展開は“流石シャフト!”と手を叩きたくなる痛快さ!

たださ、いくら基本が“ブラックスプロイテーション物”だからといって「ほんじゃそろそろ舞台アフリカにしてみようか?」や「奴隷って設定どうよ?」みたいな話になったのかならなかったのか知らないけど…あまりに安易じゃない?だから3作も作られてる人気シリーズなのに、なにかにつけて“クラシック”と賛辞を得るのはオリジナルの『SHAFT』だけなんだよ。

ある意味“ブラックスプロイテーション・バブル”とでも言うか、良くも悪くも人気がうなぎのぼりになると比例して予算なども大きくなり、“本拠地”であるNYから海外へ撮影の場を移す作品も多数存在する。そしてこの『SHAFT IN AFRICA』もその名の通りアフリカはもちろん、フランスにまでロケを敢行してるんだけど…

これは個人的な意見になるが、ブラックスプロイテーションムービーってのは、現在のブラックムービーの何倍も“これぞ!”ってカラーが大きいからこその作品という感じが強いんですよね。もちろん映画だから“こうでなくちゃいけない!”なんてルールはない。だけど、“ブラックスプロイテーション”という造語の意味や、この時代こういったムーヴメントが人々から支持を受けたというバックボーンなんかを考えると、大金使って“外”に出ていく必要なんてあったのかな~なんてね。

それに、こういった流れってのは必ずおいしいマーケットに興味を示してきた“大手”や“白人”が絡むことによって増えているのも事実。いや、これは決して差別的な言い方ではなく、本来ブラックスプロイテーションって“誰が、何のために、どんな風に”こしらえていた映画だったのかって事に立ち返る必要があったんじゃないかなって思うんです。

紹介する側として、あ~だこ~だ難癖付けてきましたが、それでも俺はこの“SHAFT”シリーズ、3本とも大好きなんですよ。本来ブラックスプロイテーションムービーって、この3日間で綴ってきた事なんて度外視した部分で率直に楽しんでこそ!だと思うんで(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/41-4082e761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。