GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『The Toughest Man in the World(邦題 ブロンクス・タフガイ)』だよ!
しかしま~今年に入っての映画界は俺の中で “続編の当たり年” チックな雰囲気がバリバリ伝説のごとく漂っている。

日本でも大HITしている『カリブの海賊』や『魔法学院』といった作品はもちろんの事、前作がイマイチだった『ロッキー』、『ダイハード』、『TAXI』だって巻き返し十分の内容で最高じゃん!『ロッキー・ザ・ファイナル』なんて、ラストの試合はTVでモノホンの試合が中継されてるようで燃えたよホントに!ま、唯一難癖付けさせてもらえば、ヘビー級チャンピオン役のアントニオ・ターヴァーがモノホンの選手の割には “怖さ” に欠けてたかなと…。歴代のロッキーの宿敵って皆個性があったでしょ?華麗なテクの世界チャンプ・アポロ、ロシアの戦闘人間ドラゴ、初のホワイトホープ・トミーガン…でもやっぱ

ミスター・Tが演じた “野獣” グラバー・ラングでしょおおおおおおおおおおおおお!

っつ~事で、今回はそのミスター・Tが主演している作品『The Toughest Man in the World(邦題 ブロンクス・タフガイ)』をご紹介!

20070801185237.jpg


舞台はブロンクス。老人からサイフをひったくろうとしていた少年達を蹴散らしたのは、熱血タフガイ、ブルーズ・ブルベイカー(ミスターT)。夜はクラブでマネージャーとして働き、昼は青少年育成センターのボランティアとしてF・Wハイスクールのコートを借りてバスケのコーチをしている彼。しかし、肝心なチーム事情は市からの募金がストップし、ユニフォームさえ買えないのは現状。あちこち金策にまわるブルーズだったが、その際市長代理のオフィスの扉を蹴破るという暴挙を働き逮捕。釈放はされたがその日は大事なバスケの試合の日だった…。

ブロンクス・タフガイ…

否応無しに男汁ほとばしるストーリーを髣髴させるこのタイトルに、どんだけ血沸き肉踊ったことか…。しかし当時はまだ、パッケージでその作品の雰囲気を “見極める” 術にも長けてなかったし、オモシロくないモノでも「だけどココは最高じゃん!」と思えるポイントを掴む感覚も貧しかった…

言い訳がましくなったが、この作品なんだけど…

つまんねええええええええええええええええええ~!(大笑)

ま、実際劇場公開作品じゃなくTV映画ってのもわかるんだけど、当時俺は『ロッキー3』で見せたあの憎いまでもタフでハングリーで強いグラバー・ラングのイメージを持ってこの作品に望んだ訳だ。そしたらま~初っ端っからぬるいぬるい!アクションシーンがまず少ないし、あってもドッチラケな感じだしさ。だってさ、アリのボディーガードもやってたっていうし、ロッキーにボクサー役で出てた彼がこの作品の中で繰り出すパンチはなななんとたった11発!後は全部 “放り投げる” といったショボショボマーシャルアーツに終始しちゃってまぁ~。

Mr_T.jpg


いや、確かにこれだけじゃないんだよ。なんか “タフっ子ちゃんGP” みたいな “胡散臭いサスケ”チックな大会に出場して、重量挙げやマラソン、けんすいや腕相撲といったアメリカン筋肉番付を繰り広げるんだけど、上らなきゃいけない壁をブチ破ってゴールするというルールを完全無視した “ジャイアニズム” をスパークさせたシーンが最高の盛り上がりどころかな(大笑)

ってかまずこの邦題はヤバイよ、モロに犯罪多発地区でのサヴァイヴァルチックな感じするじゃん…全然だもんそんな雰囲気。だって本題は『The Toughest Man in the World』でっせ!直訳すると『世界で最も手ごわい男』みたいな感じかな?ん~どっちかって~とコッチをそのまんま使った方がいらぬ期待を持たずに見れたのに。ま、俺だったら『熱血コーチのドタバタ奮闘記』ってのがいいと思うが(笑)

ただ、『ロッキー3』や『特攻野郎Aチーム』の彼とは違って、子供達に囲まれてにこやかに笑ったり、好きな女性にはにかんだり、する違った一面を見れるという意味では貴重な作品と言えるかも。

ま、どの作品でもいつでもどこでも変わらないのは、あの “髪型” だけだな(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
(*´∀`)
今更ですが・・・
ミスターT・・昔の彼に似てるし、ヒイキ目にみてはいるんだけど、どうしても・・・どうしても・・・吉本新喜劇の島木譲二とキャラのイメージがダブってしまうんよね・・でもでも!
パチパチパンチやポコポコヘッドはしないだろうけどね・・・/(^◇^;)ゴメンチャイ
【2007/08/05 18:48】 URL | HARRY #- [ 編集]

HARRY!
む、む、昔の彼に似てるだあああ~?(笑)尚更この作品を見なきゃいけない理由が出来たな!
しかしHARRYよ、一体どんな特攻野郎と恋愛してきたってんねん!ま、今は旦那さんとAチームを結成したとはいえ(笑)。
【2007/08/05 21:04】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/416-1ec6932e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。