GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『S.W.A.T』だよ!
2003年にNYへ言った時、ハーレム125丁目の駅から巨大な映画広告看板が見えました。その看板は特殊部隊員の後姿に『COMING SOON』とだけ書いてあったんだけど、それがもう何ともカッコよかったんだよね。上手く言い表せないけど「あ~、俺今アメリカに居るんだ~」みたいな実感がど~っと来たさ(笑)…1人ぼっちのていたらぼっちだったんで、かなり挙動不審だったのも事実だが(笑)

アメリカ特殊部隊、通称S.W.A.T…“スペシャル・ウエポン・アンド・タクティクス”、男性なら誰もが一度は憧れたりする職業だけど、実際には精巧に出来た1/6フィギュアを買うどまりだったり(笑)。あったり前じゃん!んなもんなれる訳ね~よな~。ま、俺らの憧れはいいとして、今回はそんな何時も死と隣り合わせの危険な状況で、街に蔓延る凶悪犯罪と勇敢に戦う男達をテーマにした映画『S.W.A.T』をご紹介しちゃったりしてからに~。

s_w_a_t_ver6.jpg


銀行強盗に入り、人質をとって立てこもった犯人を逮捕すべく出動となった特殊部隊のストリート(コリン・ファレル)とギャンブル(ジェレミー・レナー)、なんとか犯人を射殺したものの、命令を無視し人質にケガを負わせた責任で、2人はSWATを追放させられる。処分に納得いかないギャンブルはロス市警を去るが、ストリートは左遷の事例を受け入れ残留する。そんな中、ホンド部長(サミュエル L. ジャクソン)はSWATの更なるレベルアップを目指し、自らが選んだ隊員達を集める。ある日、麻薬王のアレックス(オリバー・マルティネス)が逮捕され輸送される途中にTVに向かって「俺を逃がしてくれた奴に1億ドルの賞金を出す」と宣言した…。

この手の映画って、モロに“通”なマニアから見れば「おいおい!」なのかもしれない。例えば訓練のシーンだって「実際の訓練ではああいった事は…」だの、作戦だって「本来SWATの作戦は…」なんてウンチクたれる人山ほどいるんじゃない?ただよ、んなこたいいじゃん!(笑)。映画ってあくまで映画なんだもん!カッコよけりゃいいじゃん!オモシロければいいじゃん!ってな事で俺この映画大好きだもん(笑)

   20070802182513.jpg


しかしサミュエル・L.・ジャクソンほど主役じゃなくても存在感がある俳優も少ないよね。それにコリン・ファレルも『リクルート』では社会派、『デアデビル』ではヒール、『アレクサンダー』では伝記の勇者と幅広い役柄を器用にこなすニュースターだ。でもさ、やっぱり俺敵にはLL Cool Jの色濃い存在や、紅一点のミシェル・ロドリゲスに萌え萌えな訳だ(笑)。やっぱこの2人が出演してるからかな~ハーレムであんなでっけえ看板張り出されてたの。

コレは決して差別的な意味じゃないんだけど、映画を見て“直で受ける感性”っていうか“直で受けるべき部分に対する感性”ってさ、アフロアメリカンってとても単純で率直だと思うんだ。ありえね~カンフー映画のスターを崇拝し、日本ではここんとこ露出が少なくなった千葉真一を尊敬し、アクションやコメディが大好き…ん~俺と同じ(大笑)。だからこそ、日本では公開すらされなかった様なB級アクション映画が、堂々とビデオやDVDで発売され人気になってる…アフロアメリカンってさ、そういった部分でエンタメを素直に楽しめる感性ってのがストレートなんだよ。

だからこういったコテコテアクション映画、もっと素直にさ、簡単に楽しもうよ!…な~んていいつつ『ラッシュアワー』は酷評だった俺(笑)。ま、LLとミシェロド分、こっちがオモロイわな(笑)

欲を言えば、これ是非とも続編を製作して、今度はマニアも唸らせるようなシーン満載にしてほしいね…でもそんな事したら“映画”としての楽しみやオモシロさが失せちゃうかもね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

カッコ良すぎて私は入隊申し込みしようと思ったぐらいでした。またおじゃまします。
【2007/08/03 18:33】 URL | karina #- [ 編集]

karinaさん!
でしょ~っ!俺も入隊は出来なくても、あの服にあの武装ってのは1度やってみたいな~って思いましたよ!ってかもっとウチャクチャな事言えば…「コリン・ファレルの役、やりたかったぜ…」なんて妄想を繰り広げたもんです(笑)
【2007/08/03 18:42】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


いつもホットなGEE-Qさんですね。毎回楽しみにしています。
【2007/08/03 19:23】 URL | karina #- [ 編集]

karinaさん!
うっひょ~、褒められちった!(笑)
ってか歳喰っても“熱さ”だけは寝汗が出る程をキープしてますんで(笑)
いつでも遠慮なくコメント残してってくださいね~!
【2007/08/03 19:28】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/417-12a26475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。