GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『バーバーショップ』だよ!
この作品はライブドアブログにて2005年11月12日にUPしたものです。

ICE CUBEが新作をリリースするらしい…といっても映画ではなく“アルバム”。そう、現在はどっちかって言ったら映画での活動が多く、彼がラッパーであると言う事すら忘れている人たちもいるような…。

NWAで強烈デビューした頃、他のメンバーよりも年下という事もあり下っ端扱いされていたのかもしれない(あくまで予想1)。「リリックも書いねぇクセして楽して目立ちやがってよお!」って不満も溜まっていたのかもしれない(あくまで予想2)。やがて「お前らとはやってらんねえよ!」とケンカ別れ(あくまで予想3)、ソロ1作目では嫌味の様に東のPEと組んだりして残党を強烈にディスしまくり。SONYが販促の為に開催していた大規模なイベントである“ニューミュージックセミナー”では喧嘩騒動まで起こす暴れん坊ぶり。初主演映画である『BOYZ N THE HOOD』ではストリートギャングであるドウ・ボーイを演じ俳優としてのキャリアもスタート。プロデュースなどもこなしマルチな才能を発揮しまくっている。

ただ、そんな彼のキャリアは決してまぐれでも偶然でもない。卒業こそしていないがアリゾナ工科大学に入学したり、恐らく収監歴も無い…と思う。そういう事を考えれば彼はある意味“ステレオタイプのギャングスタ”なのかもしれない。しかし時代の流れと共にスタイルや表現方法を巧みに変化させ、コモンやサイプレス・ヒルとのビーフなどで本業としての話題性も事欠かない彼は、本当の意味で“才能あるエンターティナー”であると言えると思うんだな。

そんな彼が、シカゴ下町のバーバーショップで繰り広げられる日常をコミカルに、そしてPOPに描いた作品が今夜の『BARBERSHOP』


17ba60ca.jpg


もうすぐ出産が近づいている妻と暮らすカルビン(ICE CUBE)は、父親から譲り受けたバーバーショップの店長。彼の元では個性豊かな理容師達が働き、店は常連客のダベリ場として人気であった。しかし、本当の所はカルビンの人のよさや、自らの夢であるスタジオ経営を実行させる為、経営状態はあまり思わしくなく借金がかさんでいた。決心したカルビンは従業員に黙って街の顔役に店を売ってしまう…。

この作品はあるシーンが問題で、メディアで少し叩かれた事があった。Cedric the Entertainerが演じる古参の理容師エディが、若手やお客にOLDSCHOOLの話をするシーンだ。彼は「ローザ・パークスはただ疲れてたから座っただけだ!」「ロドニー・キングはただの酔っ払い!」「O.Jシンプソンは…黒だ!」と、アフロアメリカンのエポックメイカー達を次々と罵倒する。これが問題になったわけ。

でも俺は個人的に、これを指摘したらこの映画が単なる“床屋映画”で終わってしまうような気がしてならないんだな。現に映画でもCedric the Entertainerの話に対し、周りのスタッフや客は大ブーイングだった。それでどんな形であれバッシングはいけないよ!って提示にはなってる筈じゃん。ただ、「ここは只のバーバーショップ、しかも自由の国アメリカだ、俺が何言おうが文句あるか!」と反撃する。つまりアフロアメリカンなら犯罪者だろうが成功者だろうが全て「ブラザー」で片付けるのではなく、善と悪を個人的基準だろうがキチンと判断出来ないと間違っちまうよ!といったメッセージであったと勝手に解釈したりして(笑)。

かつてカシアス・クレイが徴兵制度に反対し、懲役を喰らおうとした事と、マイクタイソンが婦女暴行で監禁されたのでは、同じ世界チャンピオンが犯した罪でも雲泥の差があるという事だ…ってなんのこっちゃ(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/42-c37a1e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。