GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『HE GOT GAME(邦題ラストゲーム)』だよ!
みなさんおはこんばんちわ!2代目そのまんま東です。

さてさて、世間ではビリーズブートキャンプの人気もやっと一段落したし、俺もやっとビリー主演のアクションムービーをDIGる事に成功しましたが、あいかわらず本屋ではスゴイ勢いで “ダイエット関連コーナー” なるものが作られたりしてますよね~。そんでビックリするのは、そういうコーナーによくいるのが、おおよそダイエットなんてしなくてもいいだろ!ってな感じのスタイルの女性。かと思えば、前頭二枚目みたいな体系で “鉄鍋のジャン” とかを立ち読みしてるってな感じの女性に限ってダイエットコーナーなんて関係ナッシングみたいな顔で素通りブチかましてたりするじゃないですか~!どうなってんだよ、このオッパッピー状態わああああああ!

ま、そんな矛盾を感じつつ、俺はananのダルビッシュヌードを「ちぇっ!」と履き捨てながらOLの横で立ち読みしてたりするんですけどね(笑)

さて、前回は“神様”のショボい作品(笑)を紹介したっつ~事で、これまたバスケットをテーマにしてる作品『HE GOT GAME(邦題ラストゲーム)』を今回ご紹介しちゃいます。

he_got_game.jpg


ハイスクールでバスケットの花形選手であるジーザス(レイ・アレン)には、不慮の事故で妻を殺してしまい刑務所に服役中の父親ジェイク(デンゼル・ワシントン)がいた。そんなジーザスは、卒業後の進路について悩んでいた。大学へ進学するか…はたまたNBAをダイレクトに目指すか…。そんな仲、ジェイクは刑務所の所長に「ジーザスを是非大学へ進学する様に説得してほしい」と依頼される。難色を示したジェイクだったが、成功報酬として減刑をチラつかされ、1週間という仮釈放期間をもらい、ジーザスの元へ向かうが…。

歴史に残る名作『マルコムX』以来、スパイク・リーとデンゼル・ワシントンがタッグを組んだ作品の割には、世間的にイマイチ認知度や評価が低いのが気になるけど、正直個人的な意見を言わせてもらえば、これまで数多く製作されてきたバスケットをテーマにした作品の中で、最も好きな1本と言えますですハイ。

確かに、アメリカ国内ではこんなありえない話が実際に行われているのか…といった疑問はあるものの、映画っちゅうのは元々“フィクション”が当たり前。有り得ない様なシチュエーションをさも“有り得る話”にしちゃう所がオモロい訳で、そういった意味ではこれまでにないドラマに仕上がってると思う。

ま、主演のレイ・アレンがとても高校生には見えなかった事はどうかな~と思ったし、大学側の招聘工作の為にパツキン美女の肉弾接待ってのはやりすぎかなとも感じたけどさ(笑)…な~んて言いつつ、羨ますいいいい~とも思ったけど(大笑)。

     .he.got.game.jpg


バスケを1から教えてくれた最大の“恩師”であり、最愛の母親を殺害した最大の“憎悪”の対象でもある父親…こういった部分から考えると、バスケットをテーマにしたというよりは、あくまでバスケは手段の一つとして、本質的には “親子” をテーマにした作品と言えるでしょうね。ただ、そこが逆に鼻につくって人もいるだろうし、すんなりと作品にのめりこめなかったって人もいるかもしれない。けどね、俺は思うんです…いくらスポーツドラマであっても、監督はスパイク・リーでっせ!そりゃひねるわな!そりゃ投げかけるわな!そりゃ考えさせられるわな!(笑)

バスケット作品は必ずしもエキサイティングでスピーディーな試合のシーンが醍醐味でなくちゃいけないなんて俺は思わない。スパイク・リーはこの作品の後にオマー・エップス主演の『LOVE & BASKETBALL(邦題 ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム)』といったバスケ物の製作もしてるんだけど、この2作品に共通している事が “真夜中の1on1”。ギャラリーも誰もいない中、それぞれの思いを、それぞれの感情を、それぞれの気持ちを込めて繰り広げられる1on1は、ド派手な試合よりもずっとグッと来るものがあった様に思う。しかも、両方 “勝つべき者” が勝てなかったという悲しくもリアルな現実があったり、しかしその結果、離れようとしていたもの、避けようとしていたものが、再び歩み寄るきっかけとなる…みたいなさ。

それにこの作品にはヒッソリと、ミラ・ジョヴォヴィッチが娼婦の役で出演してんだよね~(笑)。父親としての非常なまでの厳しさを見せ付けてきたジェイクも、彼女の前では人間として、男として、誰もが持ち合わせている“弱さ”や“モロさ”を露呈してしまうという重要な役処なんだけど…よく引き受けたよな彼女(笑)

それから久しぶりに音楽をパブリックエナミーが担当してて、バッファロースプリングフィールドまんま使いのタイトル曲はなかなかの出来だとは思うけど、やっぱスパイクの作品といえば、テレンス・プランチャードが担当するスコアの方が毎度の事ながら泣けるよね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
こんにちわ!
ついにエリートが年末に出るそうですね。
【2007/08/11 16:59】 URL | ブログマスター #- [ 編集]

ブログマスターさん
へ~、そうですか~何のことかしりませんけど(笑)
【2007/08/14 22:42】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


おひさしぶりー。
ホント、この映画、大好きです。
ミラとの絡み部分のデンゼルが特に。
レイ・アレンも可愛いよねえ。。。
またお邪魔しますね!
【2007/08/19 14:08】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

めぐみさんち~っす!
久しぶりっすね~ホントに!元気ですか!

PS 色々あってのブログ再開ですね。たまにはメールでもくださいな(笑)
【2007/08/19 18:06】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/421-b3968e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。