GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『RUSH HOUR 3』だよ!
俺は事あるごとに、ココでも口が臭くな…って誰が口臭いねんっ!口が酸っぱくなるくらいにやっ!口が酸っぱくなるくらいに“ジャッキーさんファン”である事を主張してきた。それは決して “にわかファン” ではなく、筋金入りの日本一のジャッキーさんファンである!と自信を持って主張する!…と言っても同じ様に思ってる人は日本国内にも何万人といる事だろうが…(笑)

がしかし!俺は確実にその中でもトップに立つジャッキーさんファンでRはRAKIMのR!

そんな事で見てきやしたよ!もちろん今回紹介する作品は 『RUSH HOUR 3』 じゃわい!クソ熱く語らせてもらおうか!

rush_hour_three_ver2.jpg


ロスで行われた国際会議の席で、中国マフィアに関するコメントをしていたヤン大使が何者かに狙撃される。ボディーガードを勤めていたリー(ジャッキー・チェン)は、その場で犯人を追跡し、路地裏に追い詰めるが、その男は若くして離れ離れになった兄弟ケンジ(真田広之)だった。おせっかいな相方カーター(クリス・タッカー)の横槍でケンジを逃がしてしまったリーは直ぐに調査を開始。カーターと共に事件の鍵を握る女を捜しにフランスへと旅立つのだが…

俺は先にも述べた様に、筋金入りのジャッキーさんファン。かれこれ20年以上も彼の作品をそれこそ嫌っちゅう程見てきた人間だ。だからこそ、ジャッキーさんをスクリーンで見るだけで泣けてくる程なんだけど、だからといって彼の作品なら否応無しに全て “大絶賛” という訳でもない。…いや、ココで言う “彼の作品” ってのは、彼が監督した作品ではなく、あくまで “彼が出演してる作品” を指すんだけど。

つまり、ココでも紹介してきた『ラッシュアワー』と『ラッシュアワー2』を決して褒めてはいなかった俺。どうにもハリウッド的なタッチやアクション演出、もっと言えばクリス・タッカーとの “二枚看板” というポジションが、彼にマッチしているとはとても思えない内容だったから。んで今回の “3” なんだけど、アメリカはもちろん、ジャパンプレミアも結構な盛り上がりを見せていたし、真田広之や工藤夕貴といった日本人俳優の出演もあってか、色んな意味で “三度目の正直” といった感覚を持って、別の意味での期待感一杯で劇場に足を運んでは見たが…

ジャッキーさんよ、はやく香港に帰っておいで…(泪橋)

前2作も含めて、今回が一番 “ジャッキーさんである必要性” ってヤツを感じられなかったといいますか、極端に言えばクリス・タッカー1人の作品でもよかったんでね~の?といった何とも寂しい感想しか覚えなかった。ニューラインシネマと言えば、俺らにとってとっても有難い作品を数多く提供してくれてるけど、この作品の様に人気シリーズとして中途半端な大作だと、そこら中に金かけてる雰囲気はあるものの、ジャッキーさん特有の激しいアクションも無ければ、ジャッキーさん特有のおもしろシーンも無い…。もちろんどういった趣旨の作品かってのは十分理解してるんだけど、あまりにも事が上手く進み過ぎるし、ストーリーの展開上、ありえない突っ込み処も満載。一番残念なのは、ジャッキーさんが凄く “老けたな~” なんて事を考えながら見ている自分がいたり…。

rush-hour-3.jpg


それは決してジャッキーさんが歳喰ったせいで、動きが鈍くなったという意味ではない。体力の衰えのせいで、ワイヤー使用が多くなったな~という意味ではない。何より彼自身の持ち味や魅力というものが、彼自身の監督作品程はビシビシと伝わって来ないんです。以前のジャッキーさんと比較してる訳でもなく、ただ単純に思い入れだけで語ってる訳でもない…けれどもやっぱ俺的にはこの『ラッシュアワーシリーズ』に魅力を感じないのはそういった部分が大きいと思うんです。

思い切ってブレッド・ラトナー監督を変えてみたりするとまた違った感じになるのかな~。同じ様なコンビ物でも 『ランナウェイ』 はまあまあだったし、全く違った色を見せてくれた『プリズンブレイク』 はメタメタオモロいんだけどな~。なんで肝心なこの作品はこうなのか…トホホ。

とまぁ、1作目・2作目と共に今回も俺的には随分と辛口になってしまいましたが、恐らく「面白かった!!!!」とブログなんかで感想を述べてる人達も大勢いると思うんです。一つの作品としてみればそれなりに十分面白いんだろうけど、俺的にはそれだけでなく期待したくなる要素が多い作品なだけに、こういった評価になってるんですけどね。

最後に…後方でペチャクチャくっ喋ってた大学生チックな女性2人組が、工藤夕貴の事を「あっ!菊池凛子が出てる~!」とか叫びやがったんで、即座に俺の元へブルース・リー先生が光臨し、その場がフィスト・オブ・フューリー化するかに見えたが、なんとか堪えて心の中でこう呟いた…

「あんたたち!今すぐビリーズ・ブートキャンプ1週間分メニューを3時間でこなしちゃいな!!!」


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
(*´∀`)こんばんわ
さっそく観にいったんだね。
やっぱ今回も・・・・だったよう・・
クリスタッカーとジャッキーチェンのコンビって私もどうもしっくりこない・・ってやっぱFRIDAYの印象が強すぎるんだろね。

『ビリーズ・ブートキャンプ1週間分メニューを3時間で』ああああ・・・なんて恐ろしいことを
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!
【2007/08/25 23:19】 URL | HARRY #- [ 編集]

GEE-Q POSSE HARRY!
そうなんだよ~!それぞれ大好きな俳優をくっつけても、決して“2倍”にはなんないんだわさ。ちょっと歳も離れすぎてるからFRIDAYの様な“極自然感”は…無いわな(笑)

なんさんはよジャッキーさんにゃ香港さんかえっちきてほしかばい!(とにかくジャッキーさんには香港へ帰ってきて欲しいです)(笑)
【2007/08/26 09:23】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/428-bccf7eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブートキャンプ

ブートキャンプでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。 一語で検索【2007/08/24 14:30】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。