GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『STATE PROPERTY(邦題 ギャング・オブ・フィラデルフィア ザ・ビギニング)』だよ!
俺は月に何度も “BOOK OFF” に行くという “独り年中読書週間事務局長” なんです。

ただ、そこで俺はコミック漫画を立ち読みするという事はほとんど無く、ひたすら目的は “100円コーナー” オンリー。ま、たま~に思考回路がどうかしちゃってたりする時にはCDアルバムワゴンセールで “TRF” や “ルナシー” を200円くらいで買っちゃったりもするんですけどね。

ところがよ!先日、こともあろうにアレックス・ヘイリー著の『マルコムX自伝』が、なななんとその100円コーナーに置いてあったんじゃわい!おいおいおい!なんで100円コーナーやねんっ!これ定価だと3000円もする本だぜ!しかもマルコムの自伝が100円ごときで!俺は速攻で店員に断固抗議しようとその本を手に取り、鼻息荒くレジに突入!ドクタースランプアラレちゃんが思い切り育ちすぎたみたいな女性店員をロックオンした後に威風堂々と一言言い放った!

「これください!」

……ってか俺この本既に持ってるじゃん!なんども熟読してんじゃん!それに、何故その本が100円だったか直ぐに判明する事になる。なんと、文章中の “難しい漢字”すべてに赤線が引いてあったのだ!おのれはできそこないの赤ペン先生かああああああああああああああ!

っつ~事で今回の作品!『STATE PROPERTY(邦題 ギャング・オブ・フィラデルフィア ザ・ビギニング)』でハートにズキュン!

state_property.jpg


この物語は事実を元にしてある…というお約束のオープニング。フッドのリーダーでもあるビーンズは、大きく稼ぎ、どデカい家をおっ建てる為に犯罪に手を染めていた。組織を拡大する為に繰り返される抗争、日常堂々と起こる殺人…そんな厳しいシノギを生き残り、彼は郊外に豪邸を建て、母親と女、子供達と共に暮らし始める。組織の更なる拡大の為に、実力者であるバターに話を持ちかけるが、逆に彼の神経を逆なでし敵対の図式が出来上がってしまう結果に。しかし、そんな事を他所に、ビーンズは仲介人を切り、ダイレクトに取引を始め、順調に成果を伸ばして行くのだが…。

そう言えばココでも既に『STATE PROPERTY 2』は紹介してんのに、シリーズ第1作である『STATE PROPERTY』はまだだったりして(笑)。いつのまにかこの『STATE PROPERTY 2』が『ギャング・オブ・フィラデルフィア』なんつ~邦題でレンタルが開始されてんのを見て、「何で2作目からやねんっ!」と軽く突っ込みを入れたものの、この度『ギャング・オブ・フィラデルフィア ザ・ビギニング』ってなバットマンもビックリな邦題で登場したんであわててココでもご紹介ってな運びになった訳です!

20070903163901.jpg

レンタル開始されてるので、この作品を見た人も多いと思うけど、俺的には“2”から紹介したとおり、どっちかって~と続編の方が好きですね。というのも前作であるコッチの方は、純粋なギャング映画…というよりベタで何の変哲も無いギャング映画という感じになってる。いや、決してつまんないって訳じゃなくて、誰もが頭に浮かべるであろう “ギャング物” の域を飛び出てないんですよ。ソコ行くと2作目は色んな部分に “遊び心” や “実験” が感じられて、ストーリー的には突っ込み処満載にも関らず、見ていてとても新鮮かつ斬新に感じたのも事実。つってもこの『ギャング・オブ・フィラデルフィア ザ・ビギニング』は、ココ最近連発されてる安っぽいプロモビデオ風ギャング作品等とは比較しちゃいけない “キング・オブ・カルト・インディ” 作と言えるだろう(笑)

出演者には徹底して “ロッカフェラ・ウェア” のギアを着せ、レーベルの稼ぎ頭でもあるJAY-Zを思い切りドデカくクレジット…しかし実際に彼の出演は “2” 同様、極僅かなんだけど(笑)

「とっととハッパ巻け!」と“命令”したにも関らず、「誰がんな事やっかよ!」みたいに拒否しただけで、いくら見方だろうが、いくら自宅だろうが銃をぶっ放つキレ具合!まさにギャングは“待った無し!”であると同時に、その時武器になるのが拳や刃物ではないだけに、アメリカの銃社会の現状がモロに伝わってくるだろう。真昼間の道端だろうが、楽しくバスケをプレイしてるコートだろうが、ノリノリのイケイケ状態にあるストリップクラブだろうが、そこに敵がいれば躊躇なく銃を放つ…しかもまだ20歳そこらの若い人間達が…。

男なら、正義の為に力を見せ付けないといけない時だってあるかもしれない。しかし、彼らにとっての力とは、生き残り、金を手にする事であり、死んでいく者達は無条件に“弱者”となる。一度負けて這い上がるチャンスすらない究極の弱肉強食社会。どんなに硬い結束で結ばれていようが、こと金が絡むと嫉妬や妬みを生み、やがて崩壊に繋がる。「金が増えると必ず問題も増える」ってなんでもないセリフが、この作品のストーリーを全て物語っている様に感じやしたよ。

あと…気になったのがさ、金持ちのギャングのジャグジーやプールには、ああもトップレス美女がうようよ泳いでるのかね~?(笑)。ま、俺はこの作品も続編も “字幕無し” しか見たことがなかったので、レンタルして見直してみようかな~と思いやした…がやっぱやめます(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
(^◇^)わかるわかる♪
私も思い入れある本がそんな値段で売られてたら、買っちゃうよ。でも赤線はこっぱずかしいよね(笑)

ギャングのサガ・・って感じだよね。
いかにも黒人らしい。かっこいいけどかっこ悪いみたいなね・・・

その点でいってらGEE-Qもそうだね♪(笑)
だから愛おしく感じちゃうのかなあ(*´∀`)ナ~ンテネ♪
【2007/09/04 11:19】 URL | HARRY #- [ 編集]

GEE-Q POSSE HARRY!
そやろ~、思わず赤線の漢字、大きな声で音読したったわいっ!あとジャッキーさんの“愛してポーポー”というこっ恥ずかしい本も100円だったりすると、なんだかセンチメンタル症候群になっちゃうんだよマジで!(笑)

ってかさHARRYよ、ど~せなら“かっこ悪いけどかっこいい!”っつってくんないかな~、この“ラブ・サイケデリコ浪速”がっ!(笑)
【2007/09/04 21:59】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/433-f7350fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。