GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『女記者フライデー/謎の暗殺計画』だよ!
こうして今回『PAM GRIERよ、永遠に~アフロとパンタロンと私~』をやってて思うんですが、Pamの作品はホントにキャラの名前がそのままタイトルになってるパターンが多いですよね。つまりこのブラックスプロイテーションムービーというムーヴメントの中で、Pamは様々なキャラを演じ、それを確立してきたんだな~と痛感する。まぁ実際には“当たりハズレ”ってのも存在するのかもしれないけど、今こうして振り返ったりして、ちょっとオーバーだけど“歴史的資料”として彼女の作品を見れば当時の時代背景や流行なんてのも感じれるからスゴイ!

さて、今回の作品はPamが女性記者として大活躍(?)する1975年の作品『FRIDAY FOSTER』を御紹介。俺はてっきり日本未公開と思ってたんですけど、『女記者フライデー/謎の暗殺計画』っていう邦題があるんで調べてみたら、TVで放映されてるんですねコレ…みなさん見ました?(笑)


P_572705_600201.jpg


俺自身はこの作品のビデオ、マンハッタンのショップで購入したんだけど、100ドル札を手渡した俺様に対して、木の実ナナとティナ・ターナーを足して5をかけたみたいな女主人らしき人物は、その札を電気に翳したり俺の顔を何度も覗き込んだり…。あたかも“偽札使ってる怪しいアジア人”を扱うような接客態度を繰り出す始末。おいおいおいおい!DVDがこんだけ一般化している時代に、10000円近くビデオ買い込んでやってるってのによぉ!なんじゃそりゃ!気分を害した俺様は、ニコニコと満面の笑みを浮かべつつ、思い切り“日本語”でそのおばちゃんをののしってやりましたよ!!!

“グランスマガジン”という雑誌社の記者フライデー(Pam Grier)は、大富豪であるブレイク・タール(Thalmus Rasulala)をスクープしようと空港で待ち構えていたが、目の前で彼が殺し屋に襲われる。思わぬスクープ手にした彼女だったが、ファッションショーの取材中に友人クロリス(Rosalind Miles)が殺害される事件が起きる。彼女は独自に捜査を始めるが、クロリスはハート(Paul Benjamin)という議員と愛人関係だった事がわかる。そして調べを進めるに連れてフライデーに次々と災難が起こる…。

正直言うとね~、これがイマイチなんだ(笑)。いわゆる“主演級”の作品で俺が見た中では強烈に印象に残ってる作品ではないんですよね。やっぱり一番の理由は、彼女の専売特許である“アクション”や“お色気”シーンってのが…ある事はあるんだけど…いかんせん迫力がないんだよね。まあ、設定を考えれば“記者”だからさ、今までの“復讐目的の殺し屋”的な役柄とは大きく違うと言えば違うんだけどね。監督のArthur Marksも“さそり”系の映画撮ってる人だから、もちょっと派手にやればよかったのに…

Yaphet KottoやGodfrey Cambridgeといった、ブラックスプロイテーションムービーの常連に加え、この作品が恐らく最初の映画出演になる『Rocky』シリーズのアポロ役で有名なCarl Weathersまでもが脇をそろえてはいるものの、『Coffy』そして『Foxy Brown』といった強烈オリジナルキャラの3番手に付くには、インパクトにかけたかな。

興味沸かない人は…Luchi de Jesusのサントラ版でも聴いて見て下さい(笑)
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/47-32108842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。