GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『WILDCATS(ワイルドキャッツ)』だぜ!
ち~っす!ブラックムービー界のシャア専用ズゴック、GEE-Qです!

な~んだか嫌~な感じがしとります…そうです、風邪っぽいんです!

今週の日曜日には空手の昇級審査も控えとるっちゅ~のに、目覚めた瞬間喉に違和感エ~ンド異様な節々の痛み…来てます!ってな感じですよホント。
ま、今のところ熱とかは無いんで、これからスッゲエ “ケアケア大作戦” を展開し~の、栄養&睡眠&ノーストレス状態で毎日を過ごし~の、ヤらしいDVD見るの控え~ので頑張りやす!

ホント、マジで皆さんも風邪には気をつけて下さい。もし「げっ!風邪かも…」ってな症状が出たら、まず人参を酢で3日漬けたものと、ゴーヤをミキサーでペースト状にしたものを混ぜ合わせ、生姜湯につけて食べて見てください…

ただ単純にメチャクチャまずいだけですから(笑)

っつ~事で今回ご紹介する作品は、寒い冬には持って来いのスポコンムービー、『WILDCATS(ワイルドキャッツ)』で不思議発見!

A70-8244.jpg


フットボール命!ってな感じのママさんスポコン女教師モリー(ゴールディ・ホーン)は、やっとの思いで念願かなってフットボールチームのコーチに就任する。が、赴任を任されたところはセントラル高校…そう、ワルがウジャウジャ集まっている悪名高き学校だった。ところがガッツ満々な彼女はやる気も満々状態で、校舎内でドーベルマンが放し飼いにされてるようなブラックボードジャングルに乗り込む。ところが案の定、予想以上に酷い状態で、彼女は選手達の“下半身露出挨拶”という素晴らしい歓迎を受ける。しかもいざ練習が始まると、80年代丸出しの曲を大音響で響かせやる気ナッシング。「トライミー~私を信じて!~」という願いにもオナラで返事されるありさま…。一気に心が折れ、コーチを辞退しようと考えた彼女だったが、家族からのストップウォッチプレゼントにより再度奮起!徐々に練習も形になっていくが、ある日、“プッ○―は出て行け”というメッセージと共にせっかくのプレゼントであったストップウォッチを壊されるという事件が勃発し、彼女の怒りが沸点に達する…。

俺が勝手に “金髪の木の実ナナ” と呼んでる(大笑)ゴールディ・ホーン主演のスポコン作品。彼女の作品は、彼女自身の持ってるいくつになっても天真爛漫な魅力にあふれ、なんともいえないほのぼの感に満ちてるものが多いんだけど、コレもまさにそう!女性指導者がワルを校正させるってな作品は、ミシェル・ファイファーの『デンジャラスマインド』や、最近ではヒラリースワンクの『フリーダム・ライターズ』なんかもそれ系に入るだろう。それらに共通する事は、“実話”が基だって事。だからこそ、作風としてはリアルタッチだし、そこに“遊び”は存在しない。

がしかし!少なくとも俺が知ってる限りでは、この作品に関しては “実話”といううたい文句も無いっちゅ~事で、緊迫感や悲壮感といった部分をクローズアップする訳でも無く、だからといって前編面白おかしく描いてある訳でもない…いわゆるスポコンの王道とでもいうか、いい意味での “お約束的” な作品に仕上がってる。それはやはり、主演のゴールディ・ホーンのキャラが作品のカラーに大きく影響している事は間違いない!汗!熱血!涙!友情!根性!勝利!…これらのキーワードを全て含む作品ではあるんだけど、いつものゴールディ・ホーンもいれば、スポコンに“塗れる”彼女もいる…そのギャップもまた楽しめるといいますか、とにかくベッタベタなんだけど、それがまたいいんだわ!

そりゃそうさ、監督のマイケル・リッチーはこの作品の前にもかの有名な『がんばれベアーズ』や、後に『クールランニング』といった名作スポコンを撮ってる人。この手のジャンルはお手の物ってな感じだろう。

23023_256.jpg

でもまぁ、この作品はとにかくゴールディ・ホーンがかわいくもありカッコイイんだよね!踊る踊る!走る走る!叫ぶ叫ぶ!ま、そんなプライベート・ベンジャミンも私生活では3度の離婚を経験。カートラッセルとは長い間いい感じの関係みたいだけど…いまじゃ60過ぎなんだけどさ(笑)。みんな歳とるんだね~ホント(大笑)

ウジャウジャいるアメフト選手の中には、ちらほらと現在のシーンでも第一線で活躍する俳優の顔が見れる。そう、ウディ・ハレルソンとウェズリー・スナイプスは、『WHITE MEN CAN'T JUMP(ハードプレイ)』や『マネートレイン』以前にもこの作品で既に競演してたっつ~こっちゃな! ま、どっちも “ウジャウジャいるアメフト部員の中の1人” ってな感じで、その後に現金輸送列車をジャックしたり、2人でバスケのコンビ組むなんて~こたぁこの時点では知る由もないんだけどさ(笑)

ってかさ、ダメダメ学生を女教師が校正させるって作品、他にもあったよな~!次回につづく!!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/475-731cc1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。