GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『DANGEROUS MINDS(デンジャラスマインド~卒業の日まで~』だぜ!
じすっ!ブラックムービー界のマコーレ・カルキン、GEE-Qです!

いきなしですが、皆さんはどんな学生時代をエンジョイプレイしてこられたでしょうか?流石にメキシコにルチャリブレ留学してただとか、夏休みにツチノコを探す全国ツアーを慣行しただとか、中学3年間を天狗もビックリな高下駄で通学したとか、そんな奇人変人大賞候補は流石にいないでしょうけど(笑)

でも人間って良くも悪くも、何かの “きっかけ” で大きく変わるもんですよね。

俺は結構小学生の頃は勉強が好きで、地元では “火の国の吉田松陰” と約2名の人に無理やり言わせてたくらいなんですが、中学に入って “HIPHOP” と “夕焼けニャン” に熱中するあまり、それと比例して徐々に成績の方もモロ落ちていったんですよ。そしたらある日、なななんと学級会を利用して 『GEE-Q君が何故成績が下がったのか朝まで生討論』 が繰り広げられた訳ですよ!マジで!

グレたね、それから(笑)

ま、今考えても全く先生には恨みもないし、むしろ期待に応えようともしなかったことを申し訳なく思うくらいなんだけどね。だって「知能診断テストが、かなりの成績上げてる力があるのに、何故努力をしない!」と言われてたクセに、あいも変らず「夕焼け~、ニャンニャ~ン!」と右拳を振り上げてた俺が悪いんだわさ(笑)。ただ、色々とデリケートな時期に、アレはなかったよな~とも思うけどね(笑)

っつ~事で、前回ゴールディ・ホーンの 『ワイルドキャッツ』 でちょっと触れてた事もあり、今回はその『DANGEROUS MINDS(デンジャラスマインド~卒業の日まで~』で行ってきま~す!待ちなさいカツオ!

dangerous_minds.jpg


舞台はノースキャロライナ。元海兵隊の女教師ルアン(ミシェル・ファイファー)は、最初に受け持ったクラスが完全ななんともスラミンなスクールウォーズ状態!生徒は彼女を全く眼中にいれずにやりたい放題!っつ~事で彼女も“郷に入りては郷に従え”とばかりに革ジャンに身を包み、気合を入れて真っ向勝負を挑む…そう、“空手”で(笑)。しかし即効教育委員会の横槍が入るなどのチャチャもあり~の、彼女は次々と生徒達に学ぶことへの興味を煽る。ご褒美にキャンディーをプレゼント!さらに遊園地にご招待!みんなで歌おうボブ・デュラン!やっとの思いで生徒達とも3年B組的な関係が築かれようとしていた中、クラスのエミリオ(ウェイド・ドミンゲス)とラウル(レナリー・サンティアゴ)が暴力沙汰を起こし逮捕されてしまう…。

はい、そうです!“べいすど・ばい・とぅるーすとーりー” でやんす!ルアン・ジョンソンの原作 『ルアン先生にはさからうな』 の映画化ですが、俺自身この原作は映画を見た後に読みやした。ってかね、原作の方がより “人種差別的な問題” に触れている部分が多く、これは皆さんにも是非読んでもらいたい。もっとストレートに歴史を検証するといった内容の書籍や、実在の人物の功績などを綴った文献も多い中、1000円以下で買える(人種差別に関する本は結構高額のものが多い)し、何より肩肘張らずに読めるっちゅう事でオススメです。

話はちょいと脱線しましたが、んじゃ肝心の映画の方はどうだったか…全体通して映画としては割と面白い作品になってると思いますが、コレを娯楽作品としてでなく、あくまで実話を基にしたシリアスドラマといった視点や、ヒスパニックやアフロアメリカンが抱える問題や現状…といった視点からシビアに見れば、なんとも幼稚な感じがする部分も存在するんだな~。

          twl_michelle.jpg


学校に行くよりも生きる為ににやらなければいけないこと、必要なことがある…といった切実な問題は、何も本人が決定することではなく、保護者である家族ですら のが現状だ。もちろんこの作品でも “若年妊娠” や “殺人” といった生々しい事件や社会問題もエピソードとして登場する。なのに何故か、至る所に “軽さ” を感じてならないんです。見てもらえばわかると思うんですが、“そんな事で言う事聞くか~???” ってな感じの “飴とムチ攻撃” が展開される訳だ!

ま、確かにこの手の校正実話に関しては、先生があの手この手を駆使して生徒達の目線が自分に対して向けられるように色々な “手段” を使って歩み寄りのアプローチをするんだけど…この作品では特にそこら辺が “んなわきゃねぇ!” 系なんです。
いや、実際にそうだったとしてもさ、それをまんま映像化するってのはかなり難しいんだわさ。少なからず日数や労力を使って生徒達とのコミュニケーションの中から生まれていくものあっての “飴とムチ” であって、そこ何分かでそれ見せられても「んなわきゃない!」って感がデカイといいますか。ある意味、クーリオの曲がHITしたから!といったにわかB-BOY達にはグッと来たのかもしれないけど、俺的にはも少し作品全体を通してのシビア感やドキュメンタリー感が欲しかったなというのが正直な感想…なぜなら、“実話を元に” って言ってる訳だから。

実際に興行的にも大HITした作品と言うよりは、なんと言っても主題歌であるクーリオの“ギャングスタ・パラダイス”が大大大HITを飛ばしたな~っつ~方が皆さんの記憶にも鮮明に残ってると思う…クーリオ自体は今はもう残ってない人もいると思うけど(笑)

でもね、ミシェル・ファイファーは…スゲエ綺麗なんだけどね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/476-0086b97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。