GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ROMEO MUST DIE(ロミオ・マスト・ダイ)』だっよ~ん!
うす!好きなチェルシーはヨーグルト味、GEE-Qです!

今朝車の中でラジオを聴いていたら、スキャットマンジョンが流れてきた。いや~懐かしい!メタメタヒットしたよね~ってな感じで聴いてたんだけど…改めて思う!スゲエんだよ!超絶テクなんだわさ!だって俺なんて朝の通勤ラッシュ時にもかかわらず、プッチンプリンをプッチンしたくなってコンビニ探したくらいだもん!

んでもって、夜家に戻ると同時に “聴きたい症候群” が発症し、CDラックから彼のアルバムを探したんだけど…無い!何処にも無い!全然無い!ナイナイシックスティーンなんだわっ!でもね、よ~く考えたんだよ、そう

俺、元々持ってなかったんだわさ(笑)

俺はいわゆる “一発屋” で終わるんじゃないか臭を漂わせているアーティストの作品はどんなにHITしてようが購入しなかったりするんだけど、今回はそういう感覚を見直そうと思いましたよホントに。いや、しつこい様だけどホントにスゲエんだよスキャットマンジョン!

だってヴァニラ・アイスやシャンプーじゃこんな気持ちにはならないって(笑)

っつ~事で黒的ジェット・リー特集2作品目は当然 『ROMEO MUST DIE(ロミオ・マスト・ダイ)』 でまたまたトツギ~ノ!

ロミオマストダイ


オークランドで勢力を振るうチャイニーズマフィアのボスであるチューの息子であるポーが殺される。彼の兄である元刑事ハン(ジェット・リー)は、父の罪を背負い獄中にいたが、弟の死の報を知り脱獄…すぐさまオークランドへ向かう。彼はアフロアメリカンマフィアのボスを父に持つトリッシュ(アリーヤ)と知り合い、彼女の協力の元に事件を追及するが、そんな中で浮かび上がってきたのが、マック(イザイア・ワシントン)とカイ(ラッセル・ウォン)だった…

まず監督なんですが、前回の『リーサルウエポン4』で撮影監督をしていたアンジェイ・バートコウィアクが初めて自らメガホンを取った(と思う)のがコレ!要はジェット・リーの事を凄く気に入ったんだろうな~。

んで肝心の内容なんですが…きっとこの作品を大好きな人ってかなり多いと思う。もちろんジェット・リーのファンの人にとっても色んな意味で思い入れのある作品であると思うけど、なんと言ってもアリーヤの映画進出初作品だからという点が大きいと思う。皆さんも知っての通り2001年8月に飛行機事故で亡くなっているので、結果この作品と 『QUEEN OF THE DAMNED(クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア)』 のたった2本しかスクリーンでの彼女を見れなかった事になる。

どうしてもそういった悲観的な目で見る人も多いと思うが、俺はこの作品をリアルタイムで劇場で見ているので今の感想ではなく、当時の純粋な感想をそのまま述べてみたいと思う。

          RomeoMustDie2_.jpg


一言で言うなら、ジェット・リーのハリウッド進出は俺にとってそうとうガッカリな出来であったという事…つまり作品自体は全然満足いくものではなかった。個人的にジェット・リーがリー・リンチェイとして 『少林寺』 に出演した頃、俺は彼の超人的なカンフーに目が釘付けになった。それもその筈、彼自身、北京の名門学校で武術を学び、大会でも総合優勝を飾る武術のエリートであった(ドキュメント作品『燃えよカンフー』で詳しく見ることが出来る)。その彼がジェット・リーなるUS向けの名前でハリウッド作品に出演する映画と聞いて、俺はそれこそウキウキウォッチング気分でアルタへタモリを見に行く様に劇場に足を運んだ訳だ!

ま~、帰りはバタリアンの様な足取りだったぜ(笑)

要するに、俺はジェット・リーの作品として見たんだけど、結果的にアリーヤの魅力が目立ってしまった結果になってるというか、作品自体の内容やクオリティなんて2の次になっちゃって感想の中に残らなかったんですよ。見せ場であるアクションシーンもさ、ここまでワイヤーに頼らなくてもいいじゃん!というか、ハッキシ言って “ざ~とらしい” んですよ、ワイヤーが!人間が出来る限界の動き “ちょっと上” くらいをワイヤーの力を借りて表現するってんならいいんだけど、ありえね~動きになるとどうもね…もちろんこの作品最大の売りは彼のアクションなんだろうけど、俺的には相当ガッカリしましたハッキシ言って。

でもね、決して彼自身にガッカリしたんではなく、これはジャッキーさんにも言えるんだけど、香港や中国のアクションスターの動きを最大限に活かす術、見せる術がハリウッドには無かった…という方が正しい。だからこそ、俺はいまだにジャッキーさんのハリウッド作品をイマイチ好きになれないし、最低でも武術指導や武術監督は演者本人にやらせるべきだと思うもん。

とまあ、最初の 『リーサルウエポン4』 についでこの作品でも本来持っている筈の彼ならではの持ち味を見せ付けることが出来なかった訳ですが…この負のスパイラルはまだまだ続く訳です(笑)

しかし…“トライ・アゲイン”を聴くと今も彼女の笑みが思い浮かぶ…R.I.P


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

ほんとね、わたしもこれ劇場で見ました。美しいアーリヤが大きなスクリーンでもっと美しかった!!!という思い出が大きいですよ。ほんと彼女の死は大ショックでしたよ。R.I.P
このアクション映画もちょっと遊んでるふざけた部分もあって笑えた闘いシーンもありましたしね、ほんとジェットリーさんの武道をもっと真剣に取り込んで欲しかったですよね。

スキャットマンジョーン、懐かしっ!!真似出来ない技持ったすごいおっさんだったよね。確か、あの人もずいぶん前にお亡くなりになられましたよね。R.I.P
【2008/01/12 15:27】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE YOKO!
ホントにそうだよね。彼女やレフトアイの死ってのはリアルタイム直撃世代の俺らにとってはなんとも悲しくなんとも惜しいものだったもんな~。『…たら』『…れば』の事言うときりがないけど、ホント彼女達の音や映像をもっとみたかったよね。R.I.P
【2008/01/13 20:12】 URL | GEE-Q+EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


あたしの大好きなアリーヤとリーリンチェイ改めジェットリー。
あんとき(アリーヤの死)はほんとびっくりしたよ&悲しかった。。
彼女、本当、美しかったもんねえ。ゲトーな匂いもないしさ。
だもんでこの映画、無条件に好きでしたね。内容はどうであれ。もう生アリーヤみることできないんだもんねえ。。。
【2010/08/17 07:19】 URL | ごん #JKV4FhAY [ 編集]

ごんさん
ど~しても“アリーヤありき”の作品になっちゃうんですが、作品の評価としては俺敵には相当残念でした。どうせならこういったアクションじゃなく、もっと純粋なブラックムービーで彼女がどんな演技を見せてくれたか…の方が興味ありますね。ホント残念! R.I.P
【2010/08/23 15:08】 URL | ちゃんたけ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/491-24d6b5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。