GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『CRADLE 2 THE GRAVE(ブラック・ダイヤモンド)』だっよ~ん!
もすっ!好きな牛は松坂!GEE-Qです!

さて、今日はシャバでは “成人の日フェスティバル&カーニバル” だそうで…はい、私も15年前に済ませました(笑)。やっぱアレなんですか?成人式終わった後は「そんなんいつ着るんだよこの人間ウォーホールがっ!」みたいにド派手なスーツ着てさ、「一体誰に何を威嚇してんだこの繁殖期の孔雀がっ!」みたいにドデカいグラサンかけてさ、夜の繁華街をなまはげのごとく練り歩く訳?

                      いや~、若いっていいね(笑)

ちなみに俺が出席した成人式では、どっかの偉い方がお話してる最中に2階席にいたちょっと痛いどっかのクラッシャージョーが「みんな嘘つきだああああ~!ちくしょおおおお~!認めねえええ~!」と叫びながら暴れ、捕らえられた宇宙人の様に警備員につまみ出されてました。ちなみにそのクラッシャージョーは、つまみ出された後も、どっかのヤンキーに目を付けられたらしく、鼻から血を流しながら片方の袖がビリッビリに破けた状態という最高の20歳祝いをプレゼントされた形で家路についておりました。そして俺達はその光景を満腹のライオンのメスの様な眼差しで見ておりました。はい、マジリアルな話です(笑)

っつ~事で、黒的ジェット・リー特集の3作目は、『CRADLE 2 THE GRAVE(ブラック・ダイヤモンド)』 でヒットエンドラ~ン!

cradle_to_grave.jpg


強盗団のリーダーであるトニー(DMX)は、仲間と共にロスの宝石店の金庫破りを決行するが、台湾出身の謎の男ダンカン・スー(ジェット・リー)と鉢合わせになる。トニー達が強奪した宝石の中に含まれていた“ブラックダイヤモンド”を彼自身も追っていたのだった。しかし、そのブラックダイヤモンドは彼らだけではなく、巨大組織のボスであるリン(マーク・ダカスコス)までもがその怪しげな魅力の宝石を狙い、とうとうトニーの娘を誘拐…娘と引き換えにブラックダイヤモンドを要求してくる。そんな中、ダンカンはトニーに再び接近し、ある提案をもちかける…。

お!スゲエじゃん!…映画が始まって間もなく、高層ビルからドンドンピョンピョン降りてっちゃうアクションシーン!コレはいよいよジェット・リーの“立ち位置”ってのをハリウッドが理解してくれたかな~なんつ~期待感が否応なしに膨らんだ訳だ!

気のせいだったよ…(笑)

まずね、この作品は“ジェット・リー作品” として考えないほうがいいと思う。そう、この作品は“DMX” の作品なんじゃい!ってかさ、もっと言わせてもらえるならばアンジェイ・バートコウィアクが、『ロミオ・マスト・ダイ 』 で気を良くしてジェット・リーを、そして 『DENGEKI 電撃』 で気をよくしてDMXを… 「まとめてもっかい使っちゃいまSHOW!」 的に撮った作品の様に感じる。アクションや笑いも 『ロミオ・マスト・ダイ 』+『DENGEKI 電撃』=『CRADLE 2 THE GRAVE(ブラック・ダイヤモンド)』÷2 ってな感じになっちゃったってな気がするわな~。そう、つまり、イマイチ、イマニ、イマサンくらいなんだわ!

    ブラックダイヤモンド


こうも彼の作品が酷評続きになると、あたかも俺がアンチ・ジェット・リーの様に思えて来るんだけどジョーダンじゃないぜ!俺は 『少林寺』 や 『阿羅漢』 、そして人気シリーズである 『ワンス・アポンア・タイム・イン・チャイナ』 といった彼の “中国/香港作品” の素晴らしさを知っているからこそ、こういった作品で中途半端なアクションをこなさせられているジェット・リーは、まるで籠の中の鳥の様でもう不憫で不憫で…(涙)ってなんかこないだと同じ様な事またのたまってるじゃんボクちゃんときたらっ!

ま、最大の敵がマーク・ダカスコスってのもなんだかな~、どうせならさ、ジャッキーさんみたいにモノホンの格闘家(ま、ベニーユキーデとまではいかなくても)呼ぶとかさ、もっと言えばフィリップ・リーやドニー・イェンといったアジア系のモノホンアクション俳優達と豪快にバトらせるだとかさ~なんかあるだろ使い様がああああ~!(笑)

だってこの作品、アクション映画としての要素…つまり銃撃戦、カースタント、爆破、格闘といった要素を全て満たしているというのに、どうしても “ジェット・リー” のアクションに関しての “撮り方” ってのに不満が集中しちゃうから、その他のいい部分が掻き消されてる気がするんですよ。

ま、ある意味DMXは主役ではないにしろ、“悪役” ならば結構な味が出せるんじゃないのってな感じの印象は持てたかな。だってこの作品の次の年に1本看板である 『ネバー・ダイ・アローン』 出てたじゃん?ドナルド・ゴインズ原作にアーネスト・ディッカーソン監督の作品だったけど、俺大好きな1本だもんね!

アンジェイ・バートコウィアクはメジャーなアクションに向いていない…むしろICE-Tやマリオ・ヴァン・ピープルズなんかを起用して思いっきりやりたい放題の作品を撮ったら決行ウヒョウヒョな感じのモノが出来る気が猛烈にするんだけどな~。

もちろん!絶対条件として、超低予算で!(笑)

ま、こんなマニアック意見など誰も言わないだろうけどね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
こんにちは!
参考になります。
また読ませてもらいますね。
よろしくお願いします。
【2008/01/14 19:09】 URL | 眠気防止っ子 #O7xVy9HA [ 編集]

眠気防止っ子さん
どうも!そういってもらえるのが一番“黒的冥利”につきますですハイ(笑)
また、ちょくちょくいらしてくださいね。
【2008/01/16 09:58】 URL | GEE-Q+EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/492-15768c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。