GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『DANNY THE DOG(ダニー・ザ・ドッグ)』だっよ~ん!
むすっ!好きな指は “ひとさし” 、GEE-Qです!

今、日本では数多くの “外タレ” や “ハーフ” の芸能人が活躍してますよね~。マリエ、ベッキー、ボビー、キャロライン洋子、 ルビー・モレノ…って消えとるわいっ!
ま、そんな昭和の話は置いといて、俺的な事を言わせていただくならば、ダントツで “シェイラ SHEILA” が好きですね…

             シェイラ


え?だから何?…なんもないよ

え?そんな報告いらない?…んなこと言わないでいいじゃんか~!

え?ウザい?…ぬううああああんんだああああとおおおゴルルウウウアアアアアア~!そう思ったそこのアナタ!今日からアナタの父親はソフトバンクのCMの犬じゃあああああああ!

っつ~事でこのままだと人格アルマゲドンを起こしてしまいそうなのでとっととおっ始めますが、今回も黒的ジェット・リー特集、しかも一応最終回、『DANNY THE DOG(ダニー・ザ・ドッグ)』で1~!2~!3~!よ~ん!

   unleashed.jpg


悪徳金融業者の成金外道バート(ボブ・ホスキンス)は、5歳の頃に誘拐し、戦闘マシーンとして、そして自分の “僕” …いや “奴隷” として、ダニー(ジェット・リー)という男を飼いならし、取立ての際に強行手段として暴力による解決の為に利用していた。そんなある時、何時ものように借金の取り立てに行った骨董品倉庫で、彼は盲目のピアニスト、サム(モーガン・フリーマン)と出会うが、その数日後、バートとダニーの乗る車が交通事故でクラッシュ!瀕死の重傷を負ったダニーは、命からがらサムのところへ助けを求める。養子の娘ヴィクトリア(ケリー・コンドン)と2人で暮らしていたサムは、献身的にダニーを介抱し、いつしかダニーも普通の人間としての暮らしに喜びを感じていた。しかし、事故で死んだと思っていたバートは実はまだ生きており、ダニーを探し回っていた…

『リーサルウエポン4』、『ロミオ・マスト・ダイ』、『ブラック・ダイヤモンド』と続いた黒的ジェット・リー特集も、今のところ今回の作品 『ダニー・ザ・ドッグ』 で打ち止めとなる訳ですが…。

散々彼のハリウッド作品をコキ倒してきたボクちゃんも、この『DANNY THE DOG(ダニー・ザ・ドッグ)』に関してだけは合格点どころか、とっても好きな作品として紹介させていただき隊です隊長!

        ダニーザドッグ2


まず、悲壮感漂うストーリー、ま、考えようによっちゃこれもまた “ありえね~系” なんだけど、ある意味中途半端なありえね~よりも、ここまで思い切った設定の方が逆に “映画” を見た!ってな感じになれるんですよね。それに、アクション自体も “用心棒” というか “殺人マシーン” 的な役なだけに、結構キッチリとした “肉弾戦” を見せてくれた様な気がします。

決して俺だから、決してココだから贔屓目に見るわけではないんだけど、ジェット・リー作品の中で、やっと “存在感” や “重み” を感じれる役者との競演が実現したのがこの作品…つまりそれ程俺的に見れば、モーガン・フリーマンの立ち居地ってのは凄く大きかったと思うんです。これまで3本の作品をココで紹介してきましたが、正直に言っても決して主役として彼が活きてた作品なんてあんま無いと思うし、むしろ脇を固める人間に “もってかれちゃってる感” が強かったでしょ?ところがこの作品では “やっと” キッチリ彼自身の存在感や立ち居地をシッカリと感じる作品になっているし、モーガン・フリーマンという重厚な役者の存在もバッチシ際立ってるんだわさ。

おめでとう!ジェット・リー!俺が独断と偏見と我侭気ままに決めた “今のところハリウッドNo1作品” はこの 『DANNY THE DOG』 に決定日本レコード大賞はこのあとすぐ!
そして、やっぱりなんだかんだで彼にとってはベッソンなんだな~と痛感しましたよホントに!

ちなみにさ、あんまり言いたくはないんだけど、ついこないだ公開された最新作 『ローグ アサシン』 は、ハッキシ言っていろんな意味で最悪でした(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/493-b159c137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。