GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Shadow / Dead Riot(シャドウ)』だっよ~ん!
ども!『交渉人』が楽しみな反面、ロンブーの元赤毛を “後回し蹴り炸裂者リスト”に入れようか迷っているGEE-Qです!

俺は自ら空手をやってる様に大大大の格闘技ファンであり、かれこれキャリアも25年位に成る程のジャンキーである…つまりHIPHOPと同じ時期に同じ様にドップリと続けているのでR。今もし伝説のクイズ番組 『カルトQ』 があったら出場してうじきつよしといい感じの絡みを見せたいとすら思う程だ(笑)。

んなこたいいとして、よく格闘技の番組なんか見ると、意外に “入場” ってのがド派手だったりするでしょ?んでそこでは選手達の闘争意識を駆り立てるお気に入りの “曲” が、耳を劈く様な大音量で鳴り響く訳だ!そこで俺は夜ふとんの中に入った後の “妄想夢芝居タイム” で、もし自分が格闘家で東京ドームの大会に出場するとしたら一体どの曲を入場テーマに使うか…という親が聴いたら心配でジャロに電話すんじゃね~かっつ~レベル4の青春ノイローゼを爆発させるんだけど、これが意外に “アニソン(アニメソング)” がアゲアゲになる事に気がついた訳だ!

俺が選ぶとすればこの2曲!まずはリッチー・コッツェンの “Go Beyond The Time”!!!それからMELLの “Red Fraction” !!!この2曲はマジでアゲアゲエヴリデイだぜ!

    リッチー


な!カッチョエエやろ!アニソンと聞くとなんだか勝手に自分の中のイメージで捉えちゃって、一部の “ヲタ” が聴く様なダッセ~曲!なんて思っちゃう人もいるかも知んないけど、アニメのジャンルによってはこんなにカッチョイイ曲もワンサカあるっつ~こっちゃな!そりゃジャパニメーションの技術やクオリティは世界一なんだから、曲の方もカッチョヨクなくっちゃおかしいもんね。皆さんも是非、カッチョイイ曲を探して見ておくんなマーシマーシマーシはダイアナキング!

っつ~事で今回の作品は、俺が違った意味でアゲアゲな気分になった!『Shadow / Dead Riot(シャドウ)』でニャニャニャ~!!!!!

   シャドウ


警官4人殺害の他、数々の犯罪を犯し死刑を宣告されたエドワードマーキー、通称“シャドウ”(トニー・トッド)。この世の最後の日にも看守に噛み付くという狂犬ぶりをいかんなく発揮した彼であったが、死刑は執行される…しかし、その途中彼の体から流れ出た血は刑務所中に流れ出し、狂った囚人達が暴動を起こす大惨事となる…。ほんでもって20年後、そこは『グレン女子更生施設』と姿が変り、そこへ一匹狼ソリテア(カーラ・グリーン)が入所してくる。当然のごとくそこにはモンドという“ボス”が存在し、挨拶のないソリテアは、少年院に入った時の矢吹丈の様に目を付けられる。シャワールームで大乱闘を起こしたソリテアは、独房(笑っちゃうくらい広い)にぶち込まれるが、そこで床に妙な紋章を見つけ、触れてみるが…

いや~、『キャンディマン』 は『影』となって帰ってきましたね~!!!最高~!いやいやいや~、イチイチいい!超オススメの作品でR!トニートッドやでっ!!!!!
※ かといって「見たけどちっとも面白くね~じゃね~かよ!」となる可能性96%ですので要注意

女子厚生施設だっつ~のに、囚人服が淡いパープルだぜ!タンクトップは水色にオレンジだろ、シーツはブルーに黄緑のライン…おいおいおい、お前らはベネトンの店員かいっ!もちろんお色気シャワーシーンもあり~の、医務室の先生との不純異性行為あり~の(笑)、キャットファイトもタップリとあり~のなんだけど…この作品、決してパムでおなじみの女囚モノみたいなもんじゃないんだわ。カテゴリーで言えば “ホラーアクション” …いや、十分 “スプラッター” とも呼べる代物なんだよ。つまり血~ドッバーみたいなシーンも、いきなし「ギャアアア~!」みたいなシーンはもちろん、結構 “エグい” シーンなんてのもある訳。

特にさ、“悪魔の赤ちゃん” が大活躍するんだわさ(笑)!す~ぐ噛み付いて食いちぎるんだよ!絶対監督のデレク・ワンって人、日野日出志の漫画にインスパイアされてると思うわ(笑)。もう後半は完全に “ゾンビ” だもんよ(大笑)

今回、実質的に主役であるカーラ・グリーンなんですが、この作品と同じ年になななんとスパイク・リーの 『インサイドマン』 に出てるんですよね~。…でも正直もっ1回見直さないと何処に出てたんだろ?ってな感じですけど(笑)。もうバッタバッタと素手でゾンビを倒す様は、まるでジャッキーさんの 『少林寺木人拳』 を彷彿するかのごとく!…はい、誇張!(笑)。でもね、監督が香港系の人なだけに、アクション監督に何故かトニー・レオンなんて~なビックリネームがあったり!彼の指導の元、彼女も無理矢理ワイヤーアクションなんてものに挑戦したりして頑張っとりますですハイ!…ショボいけど(笑)。結局俺が一番萌えたのはブリトニースピアーズとスーザン・サランドンを足してシェリー樽で2年寝かした末にフレッシュオーラを振りかけた様な女性看守エルサ役のパツキンでした(笑)。ま、ゾンビに食べられて死んじゃいますけど…(笑)

      Carla_Greene.jpg


とにかく、ひっそりとレンタルショップには並んでいますが、ブラックムービーファンなら「うっひょおおおおおお~!」とならなきゃおかしい作品。だってどんな形であれ(笑)トニー・トッドがまたこうしてホラーヒーロー(???)物に出てるだけで俺らにとってはウヒョウヒョな訳ですよマジで!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/494-ddd45341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。