GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『LACKAWANNA BLUES(ラッカワナ・ブルース 街角の女神)』だっよ~ん!
おす!GEE-Qです!決してゴマダラカミキリムシじゃありません。

こないだ近所のホームセンターに行った時、俺がガキの頃よく遊んでた近所のチビッコの母親を目撃したんです。その人ってのは俺らの前でも平気で息子をぶん殴るし、俺らに対しても気に食わない事があったら思わずチビって泣き出したくなる程強烈な “罵声a.k.a啖呵” をぶちかまし、皆からは “ゴリラー” と呼ばれ恐れられていた女性でした。見た目はまさにジャイアント馬場とガッツ石松を掛け合わせ一昼夜寝かせて熟成させた挙句発酵した様な感じ…あくまで女性ですよ。

ところがもうあれから20年以上経った今、まぁなんとなくその面影はあるものの、当たり前とはいえ随分と歳とったな~っちゅう感じでさ。「あ~、そういえば胸ぐら捕まえられて、「うたるっけんね~!!(訳 殴るわよ!)」なんてスゴまれた事があったな~」などとのんきにノスタルジッカーになってたのも束の間、脳みその奥底にトラウマとなって保存されているあの忌まわしい罵声が、20年前と同じボリュームで店内にこだました訳だ!俺はもう間違いようの無い状況であるにも関わらず、心の中で「どうか間違っていてくれ!」と祈ったが、結果やっぱり1ミリも間違ってなくその声の主は全盛期と何もかわらないゴリラーのものだった。しかも店員に向かってスゴんでる内容ってのがよ…

「ちょっとあんた!今ジロジロ見たろっ! ジロジロ見たろがっ!見たろがっ!」

おいおいゴリラー、あんた60越えて中学生ヤンキーもビックリな超不条理系因縁をふっかけてんじゃね~よ!しかも音量MAXで!俺たちゃアンタの家の鏡の前で水着を試着してる姿を見た事がいまだトラウマとなり、美味しいもの食べたり、楽しいひと時に限ってあのブラウンのワンピース姿のアンタがフラッシュバックになって出てくるんだぞおおおおおお~!怨霊かおのれはっ!!(笑)

ってな事で今回の作品!ゴリラーとは違った形で “女性は強し” と痛感できる 『LACKAWANNA BLUES(ラッカワナ・ブルース 街角の女神)』をご紹介!

  lackawanna_blues①


1950年代、ニューヨークのラッカワナで、皆に“ナニー”と呼ばれるレイチェル(S・エパサ・マーカーソン)はヤク中、精神を病んでる者、ハスラーといった様々な事情を抱えた人々の為に下宿経営をしているパワフルママ。彼女が皆を集めてパーティーで盛り上がる最中に、ヒスパニック系父ルーベン(ジミー・スミス)とアフロアメリカンの母エリーン(カーメン・エジョーゴ)から生まれたルーベンjr(マーカス・カール・フランクリン)はその後両親の離婚などもあり~の、ナニーの元でムクム…いや、スクスクと成長していった。しかし、ナニーのダンナであるビル(テレンス・ハワード)は、女グセも悪く、ルーベンにも酷い仕打ちをする様なダメダメ亭主で、ナニーもほとほと参っていたが…。

まず、感想!素晴らしい作品です。これがWOWOWでの放映オンリーというのがなんとも寂しい。ま、確かにこの手の作品ってのはレンタルに並んでもとても高回転が期待出来るとは思えない。ただ、少しでもNYやブラックカルチャー、ブラックミュージックに興味があるって人は絶対にこういう作品こそ、スルーしちゃいけないんだよ。皆さんもWOWOW加入してください!(笑)

作品自体の素晴らしさもさることながら、この映画の中にはタップリと “学べる” 要素がある。登場人物達の会話だけでも思わず興味深く耳を傾けたくなるんだわさ。例えば『Boycott』 でキング牧師を演じたジェフリー・ライトがルーベン少年に対し、マジ語りをするシーンがある…ナット・キング・コールは白人に襲われたってなショウビズの話や、ジャッキー・ロビンソンといったスポーツスターの話も。人種分離政策(アパルトヘイト)問題、黒人地位向上委員会(NAACP)の話…当然のごとくW.E.B.デュボアの事も。もちろんパンサー党、もちろんマルコムの名前も出てくる中で “歴史の勉強をしろ” って〆る…大の大人が大真面目に “チビッコ” に対して語るんだよね…自分達の歴史と立場を。

ことある事に俺はココで言ってきましたが、アメリカHBO製作のドラマってのはホントに見ごたえがあるばかりでなく、キッチリと “えぐってる” んですよね。なんつ~か、サラリと流したくないシーンやセリフ回しが沢山存在するし、いつも “問題提議” してくれる様で俺は大好きなんですよ。

    blues②


ってかさ、とにかくこの作品ではS・エパサ・マーカーソンが素晴らしい!最近ではサミュエルの 『ブラック・スネーク・モーン』 や、ちょい前だとキューバ・グッディング・Jrの 『僕はラジオ』 なんかにも出てたけど、今回ガッチリと主役を張り、これでもかってくらいの存在感を見せ付けてくれてた様に思う。その他の出演者達もホントにホントに豪華絢爛!テレンス・ハワード、モス・デフ、ルイス・ゴセット・Jr、メイシー・グレイ、デルロイ・リンド、ロージー・ペレスにソウル・ウイリアムス…どうだい!オールスター勢ぞろいだよ全員集合ってな感じだろ!それに原作のルーベン・サンティアゴ・Jrも自ら住人の1人として出演し、ベトナム戦争帰還兵として住人に対し戦場でのエピソードを熱弁するシーンでそれこそ “熱演” してたよ。

社会の底辺にいる人々に対し、骨身を削って様々な“モノ”を与え続けている。それは決して生きる為に必要な衣食住だけでなく、喜びや家族愛までも与えていたナニー。ラストシーンで、病院から帰ってきたナニーを迎える住人達…彼らはこれまでのナニーに対する感謝として紙幣を彼女の服に次々と貼り付けていく…。よく舞台役者の首にオバちゃんが万札の“レイ”をかけたりするけど、人生を通して、生かされてきた事への感謝の “レイ”は、金額うんぬん抜きにしてナニーの様々な苦労を一気に開放したに違いない。

苦労を堪えつつも与え続ける事を惜しまなかった…ではなく、与え続ける事が使命であり生きがいであり喜びであった彼女。心に傷を負った人を “集める” のではなく、“呼び寄せる” 強烈なオーラを持つ女性だった…。ただ、“女”としての大事な部分は決して捨ててはいなかった。疲れ果て、泣き叫びながらも、彼女は最後まで皆の母であり、一人の女としての誇りを捨てずに生抜いた姿を見せてくれた…いや~、マジで号泣したよ、ホント。

あ、それからモス・デフはブルース・シンガーとして軽快なブルースを披露してくれてるよ!白いスーツ着てさ(笑)。それにモノホンのブルースシンガーであるロバート・ブラッドリーが、“生き字引”的な存在で作品に登場し、乾いたブルースを奏でていたのが絶妙に作品にマッチしていたと思う。

最高!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
(^◇^)こんにちは
( ゚∀゚)ノども!
思いつきでアホメール送りつける子悪魔妊婦HARRYです♪(笑)

面白そうな作品だけど、観れないってのは残念だ・・・
ブラックカルチャーを語る上で、ダメ男にピシッとカツを入れるオカン(敢えて)な女性の存在は大きいと思うもんね!しかし、ご近所のゴリラーっていう凄い人がいるのね・・・
ここで見る限りではヒステリックババアって雰囲気だけど・・・/(^◇^;)
今私が・・いえ、みずきありさ主演(笑)ドラマの「斉藤さん」って知ってる?
彼女だから見れるけど、ブサイクなオバハンならただの迷惑オバサンなんよね・・

え??私??他人に興味ないけど、自分や子供になんかあった時は闘うゾ!(*´∀`)コラ~
【2008/01/20 17:10】 URL | HARRY #- [ 編集]

GEE-Q POSSE HARRY!
HARRYちゃんお久っ!腹の中の生命体の具合はDO!

これはホントにハリちゃんもダンナさんもグッとくる作品だと思うんだよね。あ、そのうちDVDで送ったるわいっ!

ちなみに、ゴリラーはどこに住んでるのか判りません…(笑)
【2008/01/20 20:35】 URL | GEE-Q+EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

えー
めちゃめちゃ おもしろそやんー。
ジャケットも素敵v-238
【2008/01/21 12:20】 URL | furaha+clothing+木綿 #- [ 編集]

GEE-Q POSSE 木綿!
そやろ~、これ絶対気に入ると思うで!
基本男性よりも女性の方が共感出来たり感動できたりする内容なんだよね。
是非みてもらいたいわ~!どうしても見たい人はこちらのあて先まで…ってどこやねんっ!(笑)。
【2008/01/21 23:59】 URL | GEE-Q+EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/495-a3326805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。