GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『インサイドマン』だよ!
いや~、いよいよ始まりましたねワールドカップ!皆さんも眠い目をこすりながら毎晩テレビにかじりつく毎日が約1ヶ月続くことでしょう!とりあえず、そんな感じでシャバは“サッカー”一色ですが、ココはあくまで“黒電影”一色で行きますんでヨロシク!(笑)

それにしても久しぶりだったね~。公開前のTVCMでさ、“SPIKE LEE”の映画が紹介されていた現象!『25時』以来じゃないかな?。しかも今回は久しぶりにDenzel Washingtonとの再タッグ!それに脇固めるのが超豪華で、Jodie Foster、といったアカデミー受賞者がズラリ!となれば俺でなくてもいやおうなしに期待に胸膨らましたんじゃないですか~?という事で今回ご紹介する作品は、そのSPIKE LEE監督の最新作『INSIDE MAN』!

最初に言おう!映画館はガラガラだったけど、俺はホントに堪能したよ!ある意味SPIKE LEEという監督は“ブラックムービー”というカテゴリーに縛るのは間違いだと思う位、色んな意味で監督としての振り幅がグッと広がった!そんな印象を強烈に与えてくれる作品でした。

insideman.jpg



Inside Man Preview↓


物語はダルトン(Clive Owen)の犯罪予告から始まる。彼が率いる4人の強盗団がNYマンハッタンにある銀行に清掃作業員を扮して潜入。従業員と来店客を人質に取り篭城する。すぐさまNY市警の刑事フレイジャー(Denzel Washington)は現場へ急行するが、ダルトンは巧みな戦略を練っていた…。人質達に自分達と同じ服装に着替えさせ、1人ずつ解放するといった方法で警察をかく乱する。又、銀行の会長でもあるアーサー(Christopher Plummer)は、この事件に対し“現金”や“人質”以外の個人的な悩みのタネがあり、女性弁護士マデリーン(Jodie Foster)を呼び寄せる…

しかし『25TH HOUR』以来久しぶりの全国公開作品となった今作は、これまでの“SPIKE節”を期待すれば、見事に裏切られる作品であると思います。ってかさ、俺個人としてはまず『CLOCKERS』、んで次が『SUMMER OF SAM』、ほんでもって『25TH HOUR』と、この3作は明らかに“お約束”から外れた試みをしている作品だと思うんです。そして今回の『INSIDE MAN』は、ある意味SPIKE LEEが“アフロアメリカンの監督”という立場でありながら“映画監督”というもっと広い視野で作品を撮っていくであろうという展開がハッキリした作品であると思うんです。

冒頭からいきなり“犯人はコイツでこれから何やる”ってのをバラしてるんですが、それでいてストーリー展開は緊張感が損なわれている感は全くないし、むしろ見ている人間が色々な憶測を働かす、“持っていき方”は流石SPIKEお見事!ってな感じ。

もちろん常に彼が作品に絡めてきた“人種差別に対する主張”やウッディ・アレン顔負けの“NY LOVE”は決して無くなってはいない。人物が歩いたり走ったりするシーンで、滑車の様なモノに乗って進む独特の撮影方や、相変わらずスコアはTerence Blanchardが担当してたり。ただ、以前の様にそれらを“これでもか”というくらい前面に押し出す事もなく、キャスティングも“アフロアメリカン主体”という事もなく、ブラックムービーでありながら、ハリウッドムービーというもっと大きなカテゴライズに入る様な作品を今後もっと作っていくんじゃないかなって気がします。

スタートがスタートだっただけに、俺らからすれば凄く歯痒い気もしますが、逆に俺らが知ってるSPIKE LEEが“そういう趣味思考を持つ人間以外の映画ファン”にもアプローチ出来る作品を撮ってくれるという事は嬉しい事だし凄く楽しみなのも事実!

そういった意味でもこの作品、絶対に劇場で見て欲しい1本!改めて思う…“SPIKE LEE最高!”
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/50-a8c7010f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。