GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『In The Mix』 だっよ~ん!
どもっ!

いや~、こっちは雪は降らないんだけど寒い寒い寒いっ!

ほな行きます!今日は 『In The Mix』 やでっ!

in_the_mix_ver2.jpg


クラブでDJをしてるダレル(アッシャー)は、亡くなった父親の知り合いであったイタリアンマフィアのフランク(C・パルミンテリ)に頼まれ、娘のドリー(E・シューキー)の里帰りを祝うパーティーでDJを任される。パーティーの最中、何者かがフランクの命を奪おうと屋敷に銃を乱発してくるが、ダレルの咄嗟の判断でフランクは命を助けられた。家族を抗争に巻き込むことを恐れ、ドリーにボディーガードを付けようと考えるフランクだったが、ドリーの「ダレルでなきゃイヤ!」という願いを聞き入れることになるが…

『In The Mix』…タイトル通り、ラブロマンスサスペンスクライムアクションコメディという感じの作品。なんて事を言えば、同じようなコンセプトでは、個人的にも大大大好きな 『モ・マネー』 を彷彿してしまうが、内容や満足度では比較にならない程雲泥の差がある…もちろん勝者は『モ・マネー』なんだけど。

       in the


つまりこの作品…正直人気者アーティストの初主演作品という意味では、色んな意味で大失敗だったと思う。そりゃ個人的にはジャスティン・ティンバーレイクが 『Edison Force』 を選択した事は評価してあげたいし、オマリオンが『ユー・ガット・サーブド』の様な作品に出演した事も、この作品を見た後に考えればキャラを活かすという上で必然的だったのかなとも思えてくる。

もっと簡単に片付けてしまえば…つまんないんだよおおおおおお!

これは大げさでもなんでもなく、大のアッシャーファンが見ても決して満足出来る代物じゃないと思うんだ。だってさ、未だに日本版DVDも発売されてないじゃん!こんだけの人気アーティストの初主演作がだよ?おニャン子クラブで言えば『おニャン子ザ・ムービー・危機一髪』だし、シブガキ隊で言えば『ボーイズ&ガールズ』、たのきんトリオで言えば『グッドラックLOVE』な訳じゃん…(笑)

気を取り直してサントラの話でもするか…

作品の中で彼のダンスや歌声が堪能出来ない分、サントラの方では…ってソロ作品1曲も無し!(笑)。おいおいおい、自身のレーベル“USレコーズ”なのに、もちょっと目立っちゃってもよかったんでね~の?と思いつつも、彼自身は所属アーティストのリコ・ラブで競演してるだけにとどまり、後は作曲やプロデュースといった裏方に徹底…んんんん~、マンダム。ま、だからといってアンソニー・ハミルトンやクリスティーナ・ミリアンなんかの曲もあり~ので、サントラ特有の“お得感”はありますんで映画見てない人は是非…ってサントラって、旬を過ぎたらイマイチになっちゃうか(笑)

2005年のこの作品以降、まだ新作はない彼…今後更に俳優としてのキャリアを伸ばしていくのか、本業に専念するのかわからないけど、もし再び映画に取り組むのであれば、もっと単純に “自分” をアピールできる作品からスタートするべきだと思う。本音を言わせて貰えば、“主役栄え” するタイプじゃない様な気もしないでもないが…。

ま、いっか(笑)



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/507-0cd3c1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。