GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE WATERMELON WOMAN(ウォーターメロン・ウーマン)』だっよ~ん!
どもっ!

え~、お知らせですが…

今日の作品で、この 『GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方』 で紹介してきた作品の本数が、なななななんと、のべ400本に達しました。いや~、早いモンですね。っつ~事で明日は久しぶりに 『独り言』 でもやって、そこでちょいと 『ある事』 でも発表でもしようと思っております…あ、あんま期待しないで下さい(笑)

っつ~事で今回の記念すべき作品は、『THE WATERMELON WOMAN(ウォーターメロン・ウーマン)』で400本目!

ウォーターメロンウーマン1


フィラデルフィアのビデオショップで働くシェリル(シェリル・デュニエ)は映画作家を目指す25歳…それでいてレズビアンだった。そんな彼女が1930年代に活躍した黒人女優で“ウォーターメロン・ウーマン”とクレジットされていた女優に興味を持ち、彼女に関してのドキュメンタリー作品を撮ろうとしていた。そんな中、彼女はレンタルビデオショップの客であるダイアナ()と親密な仲になっていく。彼女はシェリルの仕事にも協力的で、ウォーターメロン・ウーマンの正体は徐々に明らかになっていく…。

『ウォーターメロン…』と聞けば、いの一番にハービーハンコックを思い出すのはJAZZ通。んでもってメルヴィン・ヴァン・ピーブルズを思い出すのはブラックムービー通でんがなっ!更にこの『ウォーターメロン・ウーマン』を思い出す人にはブラックムービー検定3級をプレゼントby ジッタリンジン!な~んて言ってもあんま見た人どころか知ってる人も少ないと思いますが、“その手” の作品としてはかなり有名なんですよ、コレ。

監督エ~ンド主演のシェリル・デュニエ、そういえば彼女 “女性スパイク・リー” とも呼ばれてたココでも以前紹介した『My Baby's Daddy』なんかも撮ってます。

ウォーターメロンウーマン2


実はこの作品を見た当時、この『THE WATERMELON WOMAN(ウォーターメロン・ウーマン)』を製作するに当たって影響を受けたんでないかい?っつ~作品として『GO FISH』という作品の名があがっててさ、俺そっちもチェキったんだけど…製作状況的には確かにクリソツ…だって実際レズの監督が撮ってるしね。ただ大きく違うのは、この『GO FISH』はあくまで“レズ”というテーマを重苦しくなくシャレてんだよね。御幣があるかもしれないけど、それまでマイノリティ感バリバリの中で自らのIDを隠してた人達が、かなりポジティヴな感覚になれたんじゃないかなって思う様なエポックメイキング的作品だったと思う。

それに比べてこの『THE WATERMELON WOMAN(ウォーターメロン・ウーマン)』は、レズという大きなテーマに “人種” というこれまた大きな要素がプラスされる事により、問題提示も更に大きく生々しく描かれていた様に思う。もちろん作品自体のカラーである “ノンフィクション・フィクション” とでも言うのか、正直物凄いインディ感バリッバリな映像が余計にそういった部分をクローズアップしていた様に思うんだ。日本でも随分と同性愛者達のポジションも変ってきたかに思う最近だけど、なんだかんだ言っても彼らにとっては常にマイノリティ的感覚を感じている事は間違いないだろうし、更にこの作品では先にも触れている様に “人種” という部分でその枠は狭めらている。

だからこそ、生々しく、だからこそ大胆に、だからこそ楽しく、だからこそ悲しく…。

1996年ベルリン国際映画祭テディ・ベア賞受賞、1996年クレテーユ女性映画祭観客賞受賞の他にもトリノ、LAなどのレズビアン・ゲイ映画祭でも賞を受賞。その反面、過激なSEX描写も含まれる本作に全米芸術基金(NEA)の助成金が使われていること等からも論争が巻き起こったという色々な意味で物議を呼んだ作品でもある。

見てない、見れないじゃなく、是非『知っていて欲しい』作品の一つですね。

明日は『独り言』っつ~事で!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

この作品は、以前読んだ雑誌に取り出されていたので気にはなっていた映画でした。すごいね~、日本にいてもこんなアングラなのまでチェキってる兄さんは、やっぱりすげ~よ。
【2008/02/22 23:32】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE YOKO!
どやっ!凄いやろっ!…もっと褒めて(笑)
この作品はね、随分昔にPPVで放送されたんだよ。なので、レア度高しの割には見たことある人も結構多いかもしれないね。
YOKOも機会があったら是非!
【2008/02/23 00:23】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/512-c7f6a191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。