GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ペイド・イン・フル』だよ!
俺が好きなHIPHOPアーティストの中でも、特に思い入れが強いのがEric.B&Rakim。そういえば一番最初に彼らのCDを手に入れたのは…近所の古本屋だったな~。洋楽アーティストの棚に無造作におかれたそのCDは、一見してHIPHOPのアルバムだという事が解かったんだけど、当時小学生の俺にとってはまず“値段”なんだよね。でも何処見ても値段が書いてね~でやんの。しょうがねえからMrオクレをメタメタ若くしたような店員に「これ幾らですか?」とたずねると…「ん~100円でいいよ」との事。

そうして手に入れたのが“PAID IN FULL”だった。

PAID IN FULL”…そう、ERIC.B & RAKIMのファーストアルバム、そして言わずと知れたクラシック中のクラシックですよね。そんな彼らのクラシックを映像化した様な作品が、タイトルも同じ『PAID IN FULL』。ラストで『TRUE STORY』のテロップが出ているので、実話を基にした作品なんだろうけど、実際にココ何年かでブラックムービーにおけるギャングスタの描き方と言うものは随分とエスカレートしたというか、過激なシーンもある意味“あたりまえ”になっている中で、事実をそのまま映像化するとすれば…少々パンチが弱く感じるのかも知れない。つまりよほどのドラマチックな実話でなければ“映画栄え”しなくなってしまった様な気がするんです。コレは良くも悪くも現代のシーンに“慣れてしまった”のかもしれないけどね。

20060613002543.jpg



Eric B & Rakim - Paid In Full ↓


もちろん、この作品の“事実”も、日本では到底考えられない事ばかりである事は確か。ただしこと映画という形でマスに表現するとすれば、それなりの“ネタ”みたいなモノをもう一つ二つ用意する必要があるんじゃないかな…なんて事は置いといて!(笑)

舞台は1980年代のハーレム。安サラリーのドライクリーニング店で働くエース(Wood Harris)。仲間のミッチ(Mekhi Phifer)はバリバリのドラッグディーラーとして高級外車を乗り回していた。ある時客がクリーニングを頼んだ衣類のポケットにヤクの包みが入っていたのを見つけたエースはLULU(Esai Morales)と共にヤクを捌こうとするが、そんな時ミッチがパクられてしまう。彼がいなくなったSTREETで、エースはどんどんドラッグディーラーとして頭角を現すことになる…

監督は日本でもHITを飛ばした『DRUMLINE』や、俺も大好きなBernie Macの『MR 3000』などを撮ったCharles Stone IIIDRUMLINEとほぼ同時期に撮影している割には、ドラマチックな展開に欠ける作品だった様な気がするけど、これはあくまで実話という部分に拘った監督の意向なのかもしれないけどね。

プロデューサーには『State Property』シリーズでもおなじみのCEO、Damon Dashが担当。それからロッカフェラ製作なので当然Jay-Zの名前もクレジットされてます。

やっぱり主役であるWood Harris の存在感がイマイチなのかな~。Denzel Washingtonの『REMEMBER THE TITANS』とかにも出てたけど…イマイチ憶えてないでしょ?(笑)。そんなんだから主役にも関わらず、ポスターではセンターをMekhi Phiferに持ってかれてるんだよ

ついこないだまで何もなかった男がゴツいメダリオンを首からぶら下げ、ロレックスを手首に光らせ、高級外車を乗り回す…。ドラッグの売買によって入ってくる札束は、無造作に輪ゴムでくくられゴミ袋にバンバン投げ込まれる…そりゃ人生間違うよ(笑)。(でもね、着てる服や喰ってるものは相変わらずチープだったりするんだわ)。

ただ必ずこういったギャングスタ映画って、“こうなっちまうぜ!”といったメッセージもある訳で、当然のごとくハッピーエンドではありません。

SPIKE LEEの作品って結構“ハーレム”を舞台に取られている“ような気がする”かもしれないけど、その殆どはブルックリン。なかなかハーレムの映画って多いようで少ない中、こういった作品は俺らにとっても嬉しい限り。道端でディーラーがヤクを捌くといった“よくある風景”よりは、スニーカーを大切に磨く少年やアル・パチーノの『スカーフェイス』に映画館で一喜一憂するアフロアメリカン達の姿にヤラれるよ。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/52-d3d38e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。