GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『サバイビング・ゲーム』だよ!
B級アクション映画の『B』は、B-BOYのBである…これはアメリカの物理学者、アイゼン・アームストロングⅢ世の有名な言葉ですが…な~んて真っ赤なウソです(笑)でも、以前にも触れた事があるけどやっぱりブラックムービーってのは全盛を極めた『ブラックスプロイテーション時代』から、自他共に認めるB級映画のオンパレードだった訳で。又、そういったテイストのものをアフロアメリカン達は好む習性があるのも事実。日本や香港のアクション・カンフー映画なんて、アフロアメリカン達の間ではとってもリスペクトされてるしね。千葉真一なんてもう『神』の領域だよホントに(笑)

そんなこんなで今夜もそのご多望にもれず、『ど』が付く程のB級映画をご紹介。ICE-T主演の『SURVIVING THE GAME』。


MPW-10811.jpg


いきなり余談になるけどこの作品、友人が試写会に行った時、フィルムの調子が悪く上映中止になり、後日参加者全員にビデオテープが送られてきたという主催者側の太っ腹な心意気が感じられた作品であったりするんだけど(笑)、これがね~、あなどれないオモロさなんだわ。

天涯孤独の身となり、ホームレスの様な生活を続けていたIce-Tの元に、ひょんな事から高額なギャラを支給される仕事が舞い込んでくる。ハンター達に対して狩猟のガイドをするといった内容であったが、彼にそんな経験などない。人生のリ・スタートを切るべくその仕事を引き受け山の奥地へ向かう一行。しかし、狩猟ガイドなどはただの口実で、実際は狂気めいたクライアント達による“人間狩遊戯”の標的だったのだ。翌朝たたき起こされた彼は、状況を把握する暇も与えられる無く、殺人ゲームが開始される…。

狩・銃などと来れば大藪春彦ファンならずともドキドキワクワクする筈(笑)。かくいう俺も大藪&優作ファンの1人としてこの作品を堪能したもんな~。

最近では『BATMAN BEGINS』『SIN CITY』等でもベテランらしい存在感を見せてくれているRutger Hauerが、ハンターのリーダー格として、冷酷に鬼気迫る演技で好演。しかしなんといっても極限の状況に追い込まれた人間が、どう考え、どう行動し、どう回避するべきなのか、といった状況をリアルに表現してくれた1CE-Tには拍手!ドレッドヘアも似合っておりました。

しかしこの映画、ICE-Tを覗けば他にアフロアメリカンなんて見当たらない…んじゃICE-Tが出演しているという事だけでブラックムービーにカテゴライズしていいのか?ってな事になるわな。いいんです!なぜなら『JUICE』の監督であるErnest R. Dickersonがメガホンをとっているだけに、緊張感やスピード感はB級映画といえども申し分ない。それに白人がアフロアメリカンを襲う・狙う…標的が1CE-Tだった所にも、どこか『AMERI“KKK”A』の色が存在し、アフロアメリカンであるErnest R. Dickersonが監督である必然性といったようなものが感じられるのだ…なんてこじつけてるのは俺だけかな?

よっしゃ、明日もErnest R. Dickersonで行こう!でも『JUICE』じゃないよ(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/55-2b3df64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。