GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ブラウンシュガー』だよ!
誰でも何かを始めたり興味を持つとき、『きっかけ』の様な思い出があると思う。
そしてそのきっかけからスタートした事に対する情熱や思いは、恐らくスタートしたばかりの頃が一番『活発』だったに違いない。全くの空っぽ状態の『趣味思考シンクタンク』を、様々な手段や方法により情報や知識を吸収し、少しずつ貯蓄しようとした頃…。

おれ自身、80年代にHIPHOPに魅せられ、自分なりではあるが理解と追求、そして継続してきたつもりだけど、音楽というカテゴリーだけで片付けられない文化であるHIPHOPは、KRS ONEの言葉を借りれば『生き物』であるだけに、時代とともに随分進化してきた様に思う。ただ、これだけチャートやメディアに対し影響力があるカルチャーとして成長したHIPHOPであはあるけど…色々な意味で「?」って感覚を持ってしまう瞬間もあるんだな。

それは決してオッサンが昔を懐かしみ感傷に浸り、しまいにゃ「昔はこうだった…」といった愚痴をたれる訳ではない。音・姿勢・商業・表現すべての面で洗練しすぎているっていうか…HIPHOPが本来持っているいい意味でのチープさが無くなったというか…。もっと熱かったんだよね、もっと重かったんだよね、もっと危なかったんだよね、もっと派手だったし地味だったんだよね、もっと、熱かったように思うんだよね。

今の音がキライとかじゃなく、これだけ沢山の音を聞いてきたのに、やっぱりマストっていうのは決まってOLD・NEW・MIDLEといったところのクラシックだったりする。順応しきれてないといえばそれまでだし、時代についてけないんじゃ?といわれればそれまで。でも、俺はそれでも『あの頃』を絶対忘れないし、忘れたくないし、忘れることはない。考えれば、一番HIPHOPがエキサイティングだった時にスタート出来た俺は幸せ物かもしれない。

今日の映画は、HIPHOPに関して「?」と思う時、きまって何度も見直してきた映画『BROWN SUGAR』。

BrownSugar.jpg


Mos Def & Faith Evans - Brown Sugar↓


ガキの頃からHIPHOPに親しむ環境で育ったシドニーとドレイ。彼らは大人になり、それぞれ雑誌編集長とレーベルの社員という職につき、違った形ではあるもののHIPHOPという文化に魅せられたもの同志、その道でそれなりの活躍をみせていた。そんな時、ドレイが結婚をすることになったが心から祝福出来ない自分に苛立つシドニー。やがてシドニーにもバスケットボールプレイヤーの彼氏が出来るが、そんな中、ドレイが本来のHIPHOP道に反すると、今の仕事を辞めてしまう…。

実際に現行のシーンとリンクしている話で、ラッセルシモンズなんかも実在の人物として登場するし、シドニーが編集長の雑誌は『XXLマガジン』であったり…著名なアーティストも数多く出演しているので、誰が実際の自分で、誰が役を演じてるのか解かんなくなるくらいの豪華さ。ま、実際はMos DefとQueen Latifahは『演じて』ました
(笑)

オープニングで現在のシーンを代表するアーティスト達が、それぞれ影響を受けたオピニオンリーダー達への賛辞を述べている。ヒップホップに惚れたのは…と振り返るのはKOOL・G・RAP、PETE ROCK、DE・LA・SOUL、BLACK THOUGHT、JERMAIN DUPRI、COMMON etcといった面子。彼らが1970年台後半を振り返り、バンバータやGMF、メリー・メル、シュガーヒルギャング等の名前を挙げ、自らのキャリアの『きっかけ』と話す姿に心打たれる。

ダグ・E・フレッシュのビートボックスにのせてスリック・リックと路上バトルなんて、贅沢なオープニングなんだよ!ありえねえよ!あざ~っす!!!!

賢くて上品だけど、気取ってない。艶っぽいけどスレてない…そいつが『BROWN SUGAR』、まさにHIPHOPそのもの!だろ?新しいものを吸収する事は、決して古いものを排除していく作業じゃない。時には判断し、比較も悪くない。ただ、その『結果』を『発展』に繋げていきたいと、この映画を見る度にボキちゃん強く思うのであった。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
またまたあたしっ!!!
ふふふっ!KOOL G RAPやらDE LAやら、KRS ONEなどHIP HOP好きなら、絶対聞いてる音ですなあ。
わたしは、HIP HOP初期をリアルタイムで聞いてないんだけど、HIP HOPに興味を持ち、好きなアーテイストがいたら、まずルーツや音源にも興味を持ちみたいに、OLD SCHOOLやクラシックを聞き出すようになってきました。あと、ファンクやソウルを聞くと、あ~これは、あのオリジナルなんだあ!とかもっと学べる事多しですね。でも、こっちの若者も現代HIP HOPしか聞かなくなってる様子です。その点、日本の若者達は探究心がすごいです。そこはほんとにリスペクとさせられますね。
ここにも書かれてるJERMAIN DUPRI,この間、OLD SCHOOLのPV番組を見てたら、彼の姿もあったんです。まだ小さな子供(今でもちびっ子だけど(笑))だったけど、ダンスめちゃ上手だった。彼もOLD SCHOOLアーテイストと呼べると思いましたね。小さい頃から芸歴あるし、きっとそういった面でもジャネットとも合うんだろうな~
【2006/06/22 23:25】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
当然!(笑)
KOOL G RAPはDJ POLO時代から!
KRS ONEはBDP時代から!
ってか俺らが一番HIPHOPのオモシロさがようやく解かってきた頃の御大アーティストだもんよ!
【2006/06/22 23:49】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/58-12a6df68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。