GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『キング・オブ・コメディ』だよ!
俺らはいい時代に生まれた、ホントそう思う(笑)。なんだよいきなりってな感じだよな~、まぁまぁ、いいじゃんよ、話続けるで~(笑)。

なにをもってそう思うかって言うと…特に『お笑い』に関しては、一番いい時代を見てきたと思う。なんだそりゃってな声が聞こえてきそうだが、かまわず続行!
第一次MANZAIブームではツービート、B&B、ざ・ぼんち、新・竜…それと全員集合のドリフターズも、それを潰したひょうきん族も…とんねるずのオールナイトニッポンではハガキ職人を目指し、UN・DTもデビューから見れた。リアルタイムで観てないのはクレイジーキャッツやエノケン…あたりまえか(笑)

今、丁度またお笑いブームがやってきて、毎日TVをつければバラエティ番組でネタを披露するお笑い芸人が後を絶たない。おいおいってな感じのタレントまで「おもしろ~い!」ってキャーキャー騒がれる始末。おいおいちょっと待ってくれ、これってまさに…お笑いバブルだろ?

そんな中、『ホントにオモロイ奴は誰やねん!』という事を考えてみよう!。しかも映画の世界で!レスリーニールセン?エディーマーフィー?ローワンアトキンソン?ウィル・ロジャース?…全部ちが~う!但し俺にとってはな!

オモロイのはこれじゃああああ!『THE ORIGINAL KINGS OF COMEDY』。

original_kings_of_comedy.jpg


go white boy steve harvey show↓


このブログでも、ブラックムービーのコメディ部門としてウエイアンズ兄弟の作品などを紹介してきた。でもね、ホントにオモロイのはこれじゃ!腹かかえて笑えるのはこれじゃ!やっぱりスタンダップコメディアンとして場数を踏んでる人達は、ライブで更にそのオモロさが発揮されるっちゅう事を、御大SPIKE LEEが監督したドキュメンタリーがコレ。

リーダー的な役割でショウ全体を仕切るSteve Harvey、若手の有望株D.L. Hughley、映画の世界でも大活躍のベテランCedric the Entertainer、ギョロ目が印象的なBernie Mac。彼らのライブツアーの模様をMTVとのコラボでSPIKE LEEが監督。

それぞれが実力者だというのは、個人個人与えられた時間でそれぞれのネタやボディランゲージでオーディエンスをイジリまくる!下ネタや人種ネタはもちろん、OLD SCHOOLへのリスペクトなども織り交ぜ、絶妙なテンポで笑をとっていく。4人のマシンガントークはもちろんの事、ふとした時に見せる絶妙な『間』は、客それぞれが笑を噛み締めるタイムングを与えられたように、その後のリアクションへと繋がるポイントにも感じられる。

なによりオーディエンス全員が身を乗り出して笑ったり踊ったり歌ったりしている姿を見れば、彼らの笑が本物であると同時に、コメディアンという職業がただ単に笑を提供するものではなく、幸せや希望を与えているように思。けっしてオーバーではなく…そう思うよ。

自虐ネタとも取れる人種に関しての話も、彼等にかかれば『ブラックユーモア』として観客のリアクションに変わる。それは彼等自身がアフロアメリカンである事を誇りに生き、そして同じアフロアメリカン達に何をどういった形で伝えなければいけないかを十分に把握しているからこそ、あえてタブーから逃げないのだと思う。

モノホンの笑が、ここにある!ってな感じで必見!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/61-72aacbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。