GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ALI』だよ!
映画を見るにあたってのポイントがいくつかある。もちろんブラックムービーに関しては片っ端から観るんだけど、その他はやっぱり主演俳優・女優の好みであったり、好きな原作の映画化であったり、はたまた崇拝する監督の作品であったり…。
 
今夜の映画は『好きな監督による、尊敬する人物の伝記映像化』という事で、期待に胸を膨らまして映画館に出かけた思い出がある『ALI』。

ali-poster01.jpg


R. Kelly - The World's Greatest↓



ごぞんじ元世界ヘビー級チャンピオンのカシアス・クレイ改め、モハメド・アリの映画でR!感想を結論から言えば「いい意味で思い切り期待を裏切られた作品」って感じかな。というか、おれ自身ALIが築き上げてきた伝説や特異稀なキャラクター性が先行し、巨匠Michael Mannが監督するという事をどこかで忘れていたのかもしれない。

自分が元ボクサーだった事もあり、アリの話を始めたらそれこそキリがなくなるのであくまで今夜も映画の話を…いや、ちょっとだけアリに関して…いや、やっぱ止めとこう(笑)

結果、Michael Mannは誰の人生を映像化しようとMichael Mannだったという事さ。彼の作品は徹底してブルーカラーというか、燃えあがる炎を表に出すのではなく、沸々と煮えたぎる溶岩の様に、熱く、熱く、寝汗が出るほどクソ熱くストイックに『漢』を表現しまくる…大好きなんだな~そんなMichael Mannの映像美が。

という事なので、この映画は恐らく賛否両論の中でも否の割合が高かったと思うんだ。かつて新日本プロレスの敏腕プロデューサーとして、世紀の一戦といわれる『猪木VSアリ』戦を実現までこぎつけた新間寿氏は、この映画を見て憤慨したと聞いた。そりゃそうだろう、この作品は皆が知ってるALIじゃない…、Michael Mannが映し出すIN SIDE ALIなのだから…なんつって!

主役であるALIを演じたのはWill Smith A.K.A FRESH PRINCE。ヘビー級のアリを演じるために役20kgの増量とボクシングトレーニングをつんだという彼。当初、「ええええええええ~、ウィルスミスかよ~!」なんて意地悪にも思っていたが、改めて考えると彼の他にある程度カリスマ性を持ち、風貌や体系も含めた上でアリを演じれる人間は…いないな~と痛感。実際彼はこの作品では立派にアリを演じていたと個人的には思う。むしろ、これだけの『生きる伝説』の役をよく引き受けたなと感心するくらいだよ。実際にアカデミー賞・ゴールデングローブ賞・MTVアワードなどにノミネートされてる事からも、彼の演技力は十分認められている証拠。

アリの伝記という事で、当然のごとくムスリムへの改宗にも触れている部分がある。となると登場してくるのがムスリムのミニスター、ブラザーマルコムなんだけど、Mario Van Peeblesが演じてるんだよね~。なにしろデンゼルのイメージが大きいだけに多少の違和感は当然あったものの、これもMichael Mannの作品の中では、マルコム役は彼でないとダメだ!という説得力が十分伝わってくるキャスティングだったと思う。

エンターテイメント作品として見れば、恐ろしくつまらないと思うかもしれない。ドキュメンタリー作品として見れば、恐ろしく物足りないと思うかもしれない。だってこの作品は、俺が思うにナチュラルな『伝記』なのだから。大人の眼で、腕を組み、口を真一文字にしながら、じっくり堪能したい映画だよ。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
最高やね!
ALI最高!
WILLの役者魂に万歳!!
ってな、感じやね。
DJ時にトラックの上にALIの喋りを乗っけて黒さ倍増させてる。(笑)
伝わるのは外人だけ。(笑)
【2006/06/25 04:52】 URL | TaK@ #- [ 編集]

TaK@さん
“トラックの上にALIの喋りを乗っけて黒さ倍増させてる”

そのブレンド最高!(笑)

ホントに「よ~しゃべる男やで~」ってなくらい流暢に次から次へと罵倒やちゃかし言葉が出てましたよアリは(笑)
猪木の事は「ペリカン」て言ってたもん(笑)
【2006/06/25 09:09】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

モハメドさん
わたしも、ボクシングに熱い情熱を持ち続けている者!?として、モハメド アリの人生には常にすごい!とRESPECTです。R KELLYの↑の曲もめっちゃ良かったけど、当時R KELLY氏の裏ビデオ!!(少女性的虐待と訴えられた)を見てしまった直後くらいにこのPVを見た思い出あります。そのため当時、R K見ると「このスケベシンガーがっっ!!」って複雑な思いで見てました~.
WILL SMITHもよく演じてましたね。20キロも太ってたなんて知らなかった!
【2006/06/26 12:40】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
WILL SMITHのアリ役は賛否両論だったけど、今の役者を考えれば彼のキャスティングは妥当だと俺は思ったね。ま、もちょっと派手に演じてもよかったんじゃないかとは思うけど、監督が監督なだけに(笑)。
しかし、ホントR.Kellyは本業以外の話題提供が多いアーティストでね(笑)。しかもシモの方ばっか(笑)
【2006/06/26 14:43】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/64-3007597d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。