GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ATL』だよ!
ジョージア州アトランタ…HIPHOPの世界でも“OUTCAST”や“Lil Jon”、“JERMAINE DUPRI ”に“LUDACRIS”などを排出している最近特にHOTな所ですよね。そういえば公民権運動の指導者である、かの“Martin Luther King, Jr.”牧師も、ここアトランタ出身なんですよ~!

そんな“アトランタ”が、最近ではBLACK MOVIEの世界でもにわかに盛り上がりを見せてる事、御存知ですか?まあ、アトランタを舞台にした映画といえばやっぱり『風と共に去りぬ』といった所が有名所なんだろうけど、俺らにとっちゃ~ちと違うでしょ?(笑)。現代のアトランタを舞台にそこで暮らす青年達の青春を、人気アーティストT.I主演でChris Robinsonがメガホンを取った作品『ATL』を御紹介!

atl.jpg


ATL↓



ちなみに、この映画が公開された時、地元紙がアトランタ市内にあるショッピングモール数社に対して“暴動注意”を促したらしいんです。つまりかつて『BOYZ N THE HOOD』がそうであった様に、映画に刺激を受けた若者が暴動などを起こす可能性があると予測したんですね~。実際にそういった事件が起こったとまでは聞いてないけど、ギャングやドラッグをテーマにした映画が若者達に対する影響力ってのが社会問題にまで発展するという懸念が良くも悪くも大きくなってる証拠ですね。

アトランタに住むラシャド(T.I)は、両親を交通事故で亡くし、弟アント(Evan Ross)と2人、清掃作業員の叔父ジョージ(Mykelti Williamson)に育てられていた。ラシャドは夜地元のローラースケートリンクでチームリーダーとして仲間達とダンスをするのが唯一の楽しみ。そんなスケートリンクでラシャドはニューニュー(Lauren London)という女性に出会い心を惹かれる…

著名なアーティストもガッチリ脇を固めてて、T.IやBig Boiはもちろんの事、ウェイトレス役でMonicaも出てたね~。プロデューサーも南部出身のDallas Austinだし、そのせいかTLCのT-Bozの名も!そういやDallas Austinといえば同じアトランタを舞台にした映画『DRUMLINE』でも製作総指揮を担当してたよね。しかしこんだけ“生粋の南部”スタッフで固められてる中1人浮いてるのがフィラデルフィア出身のWill Smithなんだけど(笑)

どうしても歴史的に見て人種差別が色濃かった場所だけに、これまでブラックムービーの中での立ち居地もそういった内容のものが多かった訳だけど、『DRUMLINE』といい『ATL』といい、グッと現代寄りな解釈のものがやっとシーンを賑わすようになってくるのかな~といった期待が出来る作品だと思う。まあちょこちょことMaster Pなんかも映画には出てたんだけどね(笑)

実際に“南部だからこそ”っていう部分で『MISSISSIPPI BURNING』、『THE COLOR PURPLE』、『A Time to Kill』といった作品も俺らにとっては重要な問題提示をしてくれている訳ですが、若いファンやビギナーにとっては“難しい”や“知らない”という言葉で片付けられてしまう可能性だってある。だからこそ、人気があるアーティストが出演する事で“話題性”が高まり、今の主流であるSTREETが舞台のHOOD STORYとして創り上げることで“共感度”も高まるんじゃないかなと。

要はそっから先…ただ単に「COOL!」や「REAL!」といった簡単な感想を持つだけでなく、それをきっかけにDEEP SOUTHに関して…南北戦争やプランテーション、それにKKKやNAACPといった組織くらいだけでも興味を盛って実際にDIGっていけばいいな~と思っちゃったりするんですけどね。

なんか最近“オヤジ”くせ~な~俺(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

失礼をば致します。アタクシもおかげさまで拝見いたしましたけどね、よかったね~これ。ニューニューめちゃめちゃかわいかったね~。T.Iかっこよかったね~。

アタシも今からローラースケートでも練習しよかな(笑)
【2006/06/27 21:21】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]

南バム
私の様な酔狂ブログではこの作品の魅力を伝えることが困難で御座います。是非、貴方様の素晴らしいブログにて、この作品のよさを語っていただきたいと心より期待しております。尚、ローラースケートの件ですが、大怪我どころか記憶喪失になる可能性が御座いますので、おやめになった方がよろしいかと思います。(大笑)
【2006/06/27 21:52】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/65-5e46e7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。