GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『スラム・ジャスティス』だよ!
1992年に公開されたHIPHOPムービーの金字塔と言えば…そう、そりゃもう『JUICE』に決まってるよね。この映画で主人公クインシーを演じたのがOmar Epps。その後も『MAJOR LEAGUE II』のウイリーメイズヘイズ役、『HIGHER LEARNING』では若き天才John Singletonと組み、北野武監督作品『BROTHER』にも出演。確実にキャリアを伸ばしているけど、今夜の映画『CONVICTION』では、若く勢いのある今までの演技から一皮剥けた円熟味を見せてくれる。

f6475dfa.jpg


まだ幼い頃から「生きていく為には強くなければいけない」という事を目の当たりにする状況で育ったカール・アップチャーチ(Omar Epps)は、必然的にワルの道へ進んでいった。親友を殺された復讐に最初の殺しを経験し、刑務所を行ったり来たりする完全な「脱落者」だった。そんな彼が独房の中で手にしたシェイクスピアの本により、学ぶ事がいかに大切であるかを感じる。暖かい人達の援助もあり、彼は出所後見事に大学に合格。理解ある恋人も現れ南アフリカのアパルトヘイト政策への反対運動などを精力的に行っていく。そんな時、些細な問題で再び逮捕され投獄…一気に奈落の底へ落とされる彼だったが、今までの行動や思想を信じ、最大の夢であるアメリカ中のギャングを集合させ「平和」を説くサミット実現へ向けて動き出す…。

アフロアメリカンが生まれた時から背負う宿命…それは幼少期の義務教育の中でも自然に植えつけられる。又、そんな人格形成の大事な時期に自らの肌の色を呪うような出来事に何度も直面すれば、それは教育ではなくむしろ犯罪への意識を高める結果になりかねないという事がこの映画の冒頭でも解かる。

実際に、ジェイルの中で改心し、シャバへ出た後本格的に人生の軌道修正を自ら行う人間は恐らく一握りだと思う。ただ、その一握りでも“平和”に目覚め、行動に移すことがどれだけ難しく大変な事か…しかしそれは誰にでも“勇気”や“希望”を持つ事で可能になるという様なメッセージも感じられる映画だよ。

Omar Eppsは、今までの活発で人懐っこい笑顔が印象的なヤングガイというイメージを一新。青年期~成人期といった心境や思考の変化に合わせ、風貌や佇まいも徐々に大人びてくる主人公を見事に演じていると思う、ホント素晴らしい演技だったよ。

かつて『BOYZ N THE HOOD』や『NEW JACK CITY』では、劇場でGANGが発砲事件を起こす程、彼らの様な人種にウケた映画だったという事が解かる。それはもちろん自分達の日常をかなりREALに映像化しているだけあって同調出来るのだろう。銃をぶっ放し、敵が死んでいくシーンでは「YHAAAA」なんて雄たけびが上がってるかもしれない。それじゃ、この作品を見たとすれば、彼らは何を思い、どのような感想を抱くのだろうか。『娯楽』『痛快』『社会』といったそれぞれのジャンルの作品が存在する様に、ブラックコミュニティが抱える問題は様々。映画といったエンターテイメントな分野が、現在のアメリカの奥底に訴える力がどれほどのものか解からないが、願わくば、アップチャーチの様な人間が1人でも多くこの先現れるといいんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

つい先日、前に友達がイギリスに旅行に行ったときに、この「Omar Epps」に出会い一緒に撮ったという写真を見せてもらったとこだったんですよ!『JUICE」では主人公だったにもかかわらず、2PACばっかりが注目を浴びてましたよね。でも、彼(omar)があの役を演じたからこそ、PACもあそこまでかっこよく演じれたんですよね。
【2006/06/30 00:54】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
YOKOってホント、そういった話多いよね~!流石在米!(笑)、いたやますぃ~!
俺なんか一番最近見た有名人って言ったらさ…うわっ、何年も遡んないといないぞ!(笑)
【2006/06/30 01:01】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


いやいやほんと、わたしのまわりニャ、そんな話多いというか、NYにいるからだと思いますよ。しかも見ちゃっただけで知り合いとかでも全然ないんですよ~!全然グルーピーでもないんですよっ!(笑)BROOKLYNにはブラックスターが普通に住んでるし、誰それに会った!という話は、ほんとよく聞きます。東京に住めば、芸能人に普通に遭遇しちゃうのと同じ感覚なんでしょーか。しかもNYは狭い。遭遇するチャンスはいっぱいあるんですよね。
前にデトロイトの空港のラウンジバーにいた時、「マリリンマンソン」が隣にいたのにはびっくらこいたけど(笑) よく見つけてしまうんですよ、気づいちゃいうんですね、わたし。
「あっ!」って感じでですね。その勢いで、UFOも見つけてみたいんですけどね~(笑)やっぱり本場のメキシコに行くべきでしょ~かね?!(笑)
【2006/06/30 03:55】 URL | YOKO #- [ 編集]

ジェイルの話
ブラックコミュニティーにいると、「ジェイル」っ深刻な問題ですね。親、兄弟、親戚がジェイルで勢揃い!なんて話もよく聞きます。そこで更生するって、ほんとにたいしたもんですよね。普段、汚い社会で無我夢中で生きていると、周りの事を考えれなくなったり、だけどジェイルに入る事で会いたい人間に会えなかったり、自分の罪をほんとに報おうと努力し、そこで読書したり、精神統一出来るのであれば、ジェイルに入る事も悪い事ではないと思うんですよね。(わたし的の意見ですけども)このムービーの主人公のように、「平和」に目覚め「勇気」や「希望」が湧くのであれば、ただぼけっと悪い環境で悪い事してる人生なら、ジェイルに入りなさい!って言いたいですね。
【2006/06/30 04:21】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
その通り!Black Movieにも監獄を舞台にした作品が多くて、俺も勝手に“ジェイルムービー”なんて言ってるけど、そういった状況が“絵になる”という事よりも、見る側が感じなければいけない大事な部分ってのがあるよね。それに、Black Movieってのは“だからこそ”って部分が大きい。同じジェイルを扱った作品でも、“Black Movieだから”受ける感覚や思いが随分ニュアンスとして違ってくる。そういった部分をしっかりと受け止めていきたいと思うよ。
それから…俺、河童は見たことあるんだよ(笑)
【2006/06/30 07:27】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

河童ですか?!!
ひえ~河童見た事ある人、初めて知りました~(笑)
やっぱり見た目も河童っぽかったんですかあ?
見たい!見てみたいっ!!!!
【2006/06/30 23:26】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
うっうっうっ…YOKOは優しいのう~。
まず河童の話をしても9割9分7厘の割合で「バッカじゃないの~!」みたいに言われるのに(笑)
話せば長くなるけど、河童はホントにおるんよ!でもね、皆が想像する緑色で黄色いくちばし…なんかではない。
黒っぽいグレーで1mくらい、どっちかって言えば“半漁人”にちかいわな…言えば言うほど嘘臭ぇ~(笑)
【2006/07/01 01:05】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

河童
いきなり真っ赤!
本文中に、河童のネタがあるのかと探してしまいました(^^;)。
【2006/07/02 19:18】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

めぐみさん
一応来月は青にしようかなと思ってます(笑)
中身の進歩が無いんでテンプレートぐらい替えてこうかなと。
それから、河童は架空の動物ではなく…実存します(笑)
【2006/07/02 19:59】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

かっぱかっぱかっぱ
あっ、また河童の事言ってるう~
河童って何系に属するんだろ。。。半分人間ですよねえ?あれれ、あれあれれれれ????コンフューズしてきました、、、
【2006/07/03 07:50】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
YOKO、河童は“両生類”です!(大笑)
【2006/07/03 08:02】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/67-ba99ea99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。