GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『FOUR BROTHERS』だよ!
Black Movieの監督って異常な若さでデビューしてる人、結構多いでしょ?例えばMatty Richが『STRAIGHT OUT OF BROOKLYN』監督したのが19歳(!)、Allen&AlbertのHughes兄弟が『MENACE II SOCIETY』を撮ったのが20歳(!)、そして傑作『BOYZ'N THE HOOD』をJohn Singletonが撮ったのが23歳(!)。信じられないよね!

日本で言えば“やっと大人の仲間入り”って頃に、こういった社会的な作品を撮ってしまい、否応無しにスポットライト浴びちゃうと、やっぱその後の作品に対する評価なんかも世間では注目される訳です。

アメリカはそういった場合、大よそ“辛口”な事が多いんだけど(笑)、もっと長いスパンで見れば、監督としてだけでなく、人間としての成長みたいなものが作品の中から感じられてきたり、結構“変化”みたいな部分が如実に現れてきて、俺らファンにとってはもう一つの楽しみでもある訳です。

ま、それが良い方向にも転べば、逆の場合もあるっちゅう事ですけどね(笑)

さて、今回ご紹介する作品は、そんな天才監督の1人であるJohn Singletonの『FOUR BROTHERS』をご紹介!

20060628234010.jpg


Four Brothers↓



デトロイトの、とあるデリに立ち寄った女性エブリン。彼女は万引きを犯す子供に対し“刑務所に行きたくなかったらこんな事をしてはいけない”と説き伏せる人格者だった。しかし偶々店に押し入った2人組の強盗に殺されてしまう。彼女の葬儀に集ったボビー(Mark Wahlberg)は、元ホッケー選手の通称“ケンカ屋”、彼の弟で三流ロックアーティストのジャック(Garrett Hedlund)、元活動家のジェリー(Andre Benjamin)といった人種も違う“兄弟”達。つまり、皆エブリンが養子に向かえ育てた子供達だった。彼らは久しぶりに再開し、軍隊出身のエンジェル(Tyrese Gibson)も加わって昔を懐かしむ。彼らは育ての親の敵を獲る為に待ちのチンピラなどを嗅ぎまわる。そして防犯カメラを見直した彼らは、強盗目的でなく、最初からエブリンを殺す目的だった事を知る…。

最近では『2 FAST 2 FURIOUS』といった作品を手がけ、ハリウッド的大味大作なテイスト作品もサラリとこなすようになったJohn Singleton。ただ、どうしても『BOYZ'N THE HOOD』や『HIGHER LEARNING』といった痛々しく突き刺さるような“俺達寄り”の作品が印象強いだけに、この作品に関して、正直不安だったのも事実。しかも完全な“Black Movie”といったキャスティングやストーリーでない事も、更にそういった予感を煽ってたんですよ。

ただ、そんな俺の邪気は完全に裏切られたといいますか、すごく骨太ないい作品でしたね。ストーリー自体は特別真新しさを感じない復讐劇なんだけど、キャストの個性や存在感がとっても際立ってる。Tyreseとは『2 FAST 2 FURIOUS』や『BABY BOY』で起用しているから監督のお気に入りなんだろうか。Andre Benjaminも『Be Cool』よりはずっと“役者”としての可能性を魅せてくれてるし、兄弟の中でもリーダー的立場にあるMark Wahlbergがかなりいい!アフロアメリカンのキャスト達の中でも抜群の存在感は、『HUCKABEES』や『THE ITALIAN JOB』でのスマートな魅力とは正反対の荒々しく野生的な男を見事に演じきっている。

ブラックムービーには珍しい、“冬”の季節が舞台なだけに、全編を通して雪景色の中繰り広げられる復讐の過程は、それなりに緊張感もあった。欲を言えば、監督の、映像処理だけでない嗜好の部分での“らしさ”みたいな部分もチョコチョコ盛り込んでもらいたかったし、なんと言っても全体的な音楽がイマイチの様な気がした…でもあくまで欲を言えばの話だけどね。

しかし…Terrence Howardってさ、2005年メタメタ働いてるよな~(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

うきゃ~、私これ好きです!
冬の季節が舞台なのはやっぱデトロイトだからじゃない?あの雪!! 全く、毎年イヤになります。

アメリカ公開時に書いた評がありますんで、TBさせてくださいね!
【2006/06/29 21:25】 URL | チュチュ姫 #- [ 編集]

チュチュ姫さん
ど~もど~も、チュチュ姫さん!
たしかに!それはあるかも。そういえば8mileもえらく寒そうな感じがスクリーンの中に漂ってましたね(笑)。
モーターシティと呼ばれる町も、寒~いトコなんですかね(笑)。一度行ってみたいですよ!
【2006/06/29 21:52】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


あっ、ANDRE3000だっ!「Be Cool」の時の彼はとってもおかしかったね~わたしもこの映画好きですわ☆人種の違う養子縁組の兄弟!っつ~内容も興味深かった。
TYRESEもTerrence Howerdに負けずがんばってますよね。彼も名演技派だと思います。先週、Tyrese主演の新ムービー「WAIST DEEP」(ラッパーのGAMEが出てるヤツ)見たんだけど、結構良かったですよ,
Tyreseやっぱり歌手辞めて、俳優一本にいった方がええと思う(笑)
【2006/06/30 00:44】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
ぬおおおおおおお!「WAIST DEEP」見て~!!!(笑)。YOKOもう見た?いいね~!!これ多分日本では公開されないんじゃないかな~、ま、そんなん関係なく俺は見るけどね(笑)
ってかさ、ホントはDVDじゃなくって“劇場”でさ、ポップコーンでも食べながらじっくりと見たいんだけどね!
く~、マジうらやまし~!!!!!
【2006/06/30 01:04】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/68-68dc5121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。