GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ガール6』だよ!
SPIKE LEE…大好きです(笑)いきなり愛の告白みたいなオープニングで恐縮ですが、いわずとしれたブラックムービー界のリーダー的存在の彼、きっとファンも多いことだと思います。これまで20本近い作品を監督している事なんて、アメリカ国内における地位といったものをしっかりと確立出来ている証拠ではあるけど…これほどまでに作品に対する評価が割れる監督も結構目珍しいんじゃないかな。

今夜紹介する映画『GIRL 6』も、一部の評論家からはケチョンケチョンにコキ落とされた作品なんだよね。それがどおおしたあああ!ボキは決して監督がSPIKE LEEだからといって贔屓目に見るわけではなく、この作品、ムチャクチャ好きなんだけどな~。


813b4a9d.jpg




女優を目指し幾度となくオーディションを受けまくっているTheresa Randle。一向に日の目を見る事無く、生活の為にテレホンクラブのアルバイトを始める。電話を通じて『演じる』事への快感を見つけた彼女はナンバー『ガール6』として頭角を現す。電話の向こうの男への恋、隣人との友情、仲間達、そして落胆…現代女性の生き方、そして夢に対する厳しい現実を、テレホンクラブという『風俗』といったフィルターを通してリアルに描いた紛れも無い『秀作』だよ!

SPIKE LEEの映画といえば、サントラも一つの楽しみにしてる人、多いと思うんだけど、『JUNGLE FEVER』のStevie Wonder同様、この映画も1アーティストオンリーの作品になってます。そのアーティストとは…Prince!!ピッタンコカンカンってな人選!それに映画の中で見られる『幻想』では、ブラックスプロイテーションへのリスペクトなんかも伺えるシーンなんかがあって楽しい!

脇を固める豪華絢爛なスター達がまたスゴイ!Naomi Campbell、Madonna、Quentin Tarantino、John Turturro、一体ギャラ幾らなんだよってスター達を惜しげもなくチョイ役使用(笑)やるね~すぱいく!男だね~すぱいく!ぜいたくだね~すぱいく!あとはヒットだけだね~すぱいく(笑)

SPIKE LEEは、それまでの作品で徹底的に『人種問題』に触れまくってきた。もちろんこの作品でもチョイではあるがそういった部分も感じられる。だからSPIKE LEEは「こうでなくちゃいけない!」ってイメージを、周りが強く持ち続け過ぎなんじゃないの?日本だって大ヒットを飛ばす監督が、ロマンポルノ出身者って結構多いでしょ。色んな題材に接する中で、自分の思想や個性などを織り交ぜたり比較したり…そうして作品にも変化が見られていく。それは普通の流れだし、SPIKE LEEはそんな中でも決して商業主義に走っていない、問題提示は形こそ変えても更にDOPEになっていると個人的には思うんだけどな。

ただ、そんな彼が一貫して変えない部分がある…それは『NY LOVE』ですよおおお!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

私も好きですよ(笑)今頃、スパイク・リーは映画から離れて、ワールドカップ見にドイツに飛んでる筈です(笑)
そういえば、この時のテレサ・ランドルってスパイクが相当惚れこんで抜擢したのに、最近見なくなっちゃいましたね。残念。
スパイクは、色んな映画で、人種問題と共に性の問題にも結構取り組んでますよね。そういう所が好きです。同じスポーツ好きだし。
【2006/07/01 16:11】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉさん
そうか~ドイツか~(笑)。ある時はNBAの特等席、ある時はヘビー級タイトルマッチのリングサイドと、様々なスポーツの会場に現れてますからね(笑)
それからテレサ・ランドルですけど『バッドボーイズ2バッド』以降は見てませんね。俺はこの作品で鼻水ジュルジュル流しながら金髪のウィッグをつけてる彼女が好きでしたけどね(大笑)
【2006/07/01 16:41】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/70-b83d066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。