GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ストリートファイト』だよ!
『WHO FRAMED ROGER RABBIT(邦題 ロジャーラビット)』という映画、覚えてるでしょうか?『BACK TO THE FUTURE』などを監督したRobert Zemeckis の80年代後半に公開されたファミリームービー。これは当時結構話題になりHITもしたんだよね~。いわゆる『アニメ+実写』というスタイル、斬新だったでしょ~…俺見に行ってないけど(笑)当時アニメの兎が人間と会話したりするってのに眼を丸くしたチビッコ達、多かったんじゃないですかね~。

SFXって言えば、今でこそ恐竜が走り回ったり、光の剣でチャンバラが出来る位、映像技術というものは進歩しているけどさ。でもね、『ロジャーラビット』が公開される10年以上も前にこういったスタイルの映画は存在してたんだよ、しかもれっきとしたゴリゴリのブラックムービーだもん!

今夜紹介の映画『Coonskin(邦題 STREET FIGHT)』は、そんなアニメと実写が融合した、とってもイカした…いやイカれたブラックムービー!アニメとは言ってもチビッコが喜ぶような内容じゃないもんよコレ(笑)。っていうか18禁だよ!

coonskin1.jpg


Coonskin - Trailer↓


冒頭は実写から始まるんだけど、いきなし南部っぽい古びた教会で、ガキ相手に…っていうかほとんど独り言で神父が『アフロアメリカンなんて所詮…』といった愚痴を捲し立ててんだよ(笑)もう、度肝抜かれるオープニングだよ!

アフロアメリカンにとって自虐的なネタのオンパレードなんだけど、こういった作品が製作される背景には、やはり当時の「人種差別社会」に対する不満や怒り、そして逆説的に言えば諦めや慰めといった複雑な世相が見えてくるような気がするね。

スクリーン狭しと動きまわるキャラ達は、それこそ「真っ黒」な肌で、ピンプっぽい服装やバスケのユニフォームといった当時の「アフロアメリカンのイメージ」って部分をモロにアピールしたものばかり。キャストは、声の主演で『DIE HARD』を製作総指揮したCharles Gordon、ソウルシンガーのBarry Whiteなどなど。当然全編にJBを初めとするSOULFUNKが鳴り響いてかなりゴキゲンな感じですよ。

「奴隷」なんて言葉はもちろん、Scatman Crothers によるオープニングイントロなんて、字幕スーパーでは「クロ○ボ」なんて訳し方されるような歌うたってるし。でもさ、終始露骨に差別を象徴する様な言葉が飛び交いまくるんだけど、見ていて決してブルーな気分にはならないんだ。もちろんアニメーションというコミカルな表現方法も功を奏しているんだけど、それだけでなく白人キャラを「警官」や「おカ○」にしたりと、遊び心も満載。そりゃそうだよね、70年代の映画だもん。アフロアメリカンが日ごろ抱えている鬱憤や不満を最も<代弁>していたのが当時の映画だったんじゃないかな。

アニメシーン、実写シーン共に『お色気』満載で、『エロ』『アクション』『人種差別』といったブラックスプロイテーションの3大要素もバッチシ押さえてるブラックムービーファン必見の作品!是非!…って言いつつもかなりチープである事も付け加えときます(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/71-675e291e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。