GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BEAT STREET』だよ!
ちょっと前に『ブレイキン・コレクション』なるDVDボックスが発売されたの皆さん知ってます?これがブレイクダンスをテーマにした映画3本をまとめてBOXにしちゃいましたっていう、まるで「リンスとシャンプーいっしょにしちゃいました」「冷麺、はじめちゃいました」的な代物なんだけど、80年代の映画を何故今?って感じのビックリ企画なんだわ。いや、もちのろんろんボキにとっては“嬉しい”ビックリなんだけどね。

『ビート・ストリート』、『ブレイクダンス』、『ブレイクダンス2・ブーガルビートでT.K.O!」』という80年代前半に公開され、日本でも一大ブレイクダンスブームを巻き起こし、風見しんご氏の『涙のTAKE A CHANCE(バックダンサー、ウェーブにリスペクト!)』を大ヒットさせるキッカケにもなった3本(笑)。俺も全作ビデオ持っていながらこのBOX即GETしちゃいました。

昨日の『WILD STYLE』同様、HIPHOPムービーのバイブルとして絶対避けて通っちゃダメってな事で、今夜も引き続き『俺にとっての“アレ”』であるBOXの中の1本『BEAT STREET』を紹介しちゃいましょう!

beat_street.jpg


Beat Street battle↓



後にMCのドキュメンタリー映画『THE SHOW』を撮る事になるStan Lathan監督の今作、舞台はNY、HIPHOP発祥の地でもあるブロンクス。そこに住むDJ志望のラモーンを中心に、ダンサーを目指す弟・グラフティアーティストのダチといったそれぞれのエレメントでの活躍を夢見る若者達の青春ストーリー…ぐらいしか説明できないなぁ(笑)俺にとってはストーリーうんぬんなんてこの映画に限ってあまり関係ないというか(笑)だって聞いただけで思いません?こんなストーリー「どこにでもありそ~な感じ~」って。これは俺にとって物語じゃなくってある意味『HIPHOPミュージカル』という解釈をしてるからね。

まず、この映画が『WILD STYLE』と大きく違う点…それはぶっちゃけ<配給元>だよ。“ど”インディー映画として公開されたWILD STYLEと違い、BEAT STREETはFOXだもん。ただ、やっぱりメジャーな配給元だとそれなりの制約も出てくる訳で、WILD STYLEのアンダーグランドなインディ色全快の雰囲気とは裏腹に、若者の青春や成長を描いた“一般ウケ”するタッチになっていたり。どうしてもSTREET、しかも恵まれた状態で生まれた文化ではないだけに、WILD STYLEのチープな作りは、逆にヘッズ達のハートを摑んだのかもしれない。かといってこのBEAT STREETがモロ商業主義丸出しの映画になってる訳でもないんだよ(笑)

なによりキャストがスゲエ!当時のNYで1,2を争うブレイクダンスのチームといえば、B-BOYならROCK STEADY CREW とNYCブレイカーズが頭に浮かぶハズ!劇中ブロンクスロッカーズ(RSC)とビートストリート(NCB)のバトルシーンは、彼らのスキルをバッチシ堪能出来るし、“エリートフォース”でおなじみのルーズ・ジョイントの姿なんかも!MC勢もWILD STYLE同等豪華絢爛!BANBAATAやSOULSONIC FORCE、MELLE MELL・FURIOUS FIIVE、Trecrouse ThreeなんていったOLD SCHOOLの超大御所も多数出演!DJはバンバータファミリーのDJ JAZZY JAYときたもんだ!マジ『HIPHOPとは何ぞや?』って問いに関する答えがてんこ盛りな映画ですね。

今のヘッズ達がこの映画を見て、もし「古い~!」とか「知らね~」とか「興味ね~」とか言うのであれば、それこそ日本のHIPHOPムーヴメントってそんなもんか…いや、マジでヤバイと思う。これは決して『強制』している訳でもなく『礼儀』を考えろと言ってる訳でもない。ただ、HIPHOPはここ何年かの間に生まれた文化じゃない…かといって何百年も前の文化でもない。ボキ達はそれぞれのスタートラインからHIPHOPを始め、そこから十分歴史を辿る事は可能だと思う。NEXT LEVELを考えたいからこそ、ヒストリーを『知る』必要があると思うんだよね。っていうか、HIPHOPってハマればハマる程、そういった衝動にかられるカルチャーじゃないかな。

今はDVDもVIDEOもCDも、店になけりゃネットでも手に入れることが出来る。ボキらがHIPHOP始めた時からは考えられないくらい便利になったもんだよ(笑)だからこそ、ボキは幾つになっても『DIG』を忘れない…それは、過去に対しても新しいに対しても、な!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
大好き!!
[BEAT STREET]はすごいっ!!わたしはWILD STYLEも好きだけど、こっちはもっと好きかもです。ストーリーも悪くなかったし、キャストがまずすごすぎっ!ルーズ ジョイントとか、JAZZY JAYとか感動ですよね!HIP HOPの原点を振り返れる作品だと思います。あの頃のBRONXの景色がよく分かる!!(グラフィティ-付きの電車なんて今じゃありえないしっ)HIP HOP好きなら、まず歴史を知る!そしたら、もっとHIP HOP(ブラックカルチャーも)の世界を楽しめると思います。
風見しんごって!ちょっと笑いました。懐かしい。
【2006/07/04 03:17】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
俺も同じ!(笑)。ホントに『Wildstyle』と『Beatstreet』の2本は、今見てもグッと熱くなるものがあるもんね。俺もさ、South Bronxに恐る恐る行ったのも、この作品の風景や雰囲気を実際に味わいたかったからだもんね。マジで最高!激マスト!
【2006/07/04 07:30】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

偶然!
昨日、TVでこの作品が放送していたんで、チラチラっと見てました。
ブラックカルチャーとしても、欠かせない映画ですが、ブラックムービーの観点からしても、面白い映画なんですよね。何て言ったって、ブラックムービー界超サラブレッドのガイ・デイビスが主役ですものね。オシー・デイビスとルビー・ディの息子です。
後、ラストの「ROXY」のシーンで、ウェズリー・スナイプスぽい人を見かけたんですが、違いますかね?
【2006/07/04 07:40】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉさん
そうです!御大のジュニアですね~(笑)。ただ、俺の勉強不足かもしれませんが、その後映画に関してのガイ・デイビスは音楽担当としてチョコっと顔を出した程度で、役者としての姿を見て無いんですよね~。何か情報よろしくです!それからウェズリー…見直してチェキってみます(笑)
【2006/07/04 08:01】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/73-92a23f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。