GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Black Belt Jones(黒帯ドラゴン)』だよ!
70年代といえばもちろん“ブラックスプロイテーション”の時代ですが、その頃世界的に最も有名だった東洋人が、そう“Bruce lee”先生ですよね。1973年に公開された映画『Enter The Dragon(燃えよドラゴン)』、当時わずか“1歳”だった俺は、もちろんリアルタイムでは見ていませんが、その後40回以上も繰り返し見ることになる“バイブル”的な作品になるなんて知る好も無かったって事です(笑)。

その『Enter The Dragon』に、当時の雰囲気バリバリなアフロヘアーという井出達で出演していた男を覚えてるでしょうか…そうです!ブラックスプロイテーションを語る上で決して忘れてはいけない1人である“Jim Kelly”ですよ。1971年の全米ミドル級カラテチャンピオンという肩書きでスクリーンに殴り込みをかけてきた彼。Bruce lee先生ばりの怪鳥音を発しながら、これまたBruce lee先生“風”のアクションをこなす彼を、『Enter The Dragon』の監督であるRobert Clouseが再び起用。そうして『Enter The Dragon』の翌年に撮影した作品が、今回ご紹介する『Black Belt Jones(邦題 黒帯ドラゴン)』です!

10007899989.jpg


Black Belt Jones↓


文字色
ニューヨークで空手道場を営むバード(Scatman Crothers)は、その土地を狙うマフィアのボス、ドン・ステファノ(Andre Phillipe)から狙われていた。ドン・ステファノは自らに借金があるストリートの顔役であるピンキー(Malik Carter )に対し、「借金をチャラにしてやる代わりにバードから土地の権利書を奪え」と命じる。しかし道場で“返り討ち”にあったピンキーは、バードの弟子達を捕らえ、バードを呼び出し、拷問の末殺してしまう。旧友であるジョーンズ(Jim Kelly)は、バードの葬儀で娘であるシドニー(Gloria Hendry)と会い、彼女と道場へ向かう…

ココからマフィア達とジョーンズのバトルが始まるって話なんだけど、アクションに関して言えばホントにコレでもかってくらいBruce lee先生を意識しているのがわかるんだよね。ちょっと酷評になっちゃうけど“意識しているからこそ”凄く陳腐な感じに思えるんだわ。それはJim Kellyのスキルがどうという問題ではなく、あまりにもその前年に公開された『Enter The Dragon』で見せたBruce lee先生の技術が凄すぎるのだと思う。同じ時期に同じ監督…そりゃ比較したくもなるんだろうけど、ハッキシ言ってそんな見方は“大間違い”(笑)。この映画のツボは、そんな所だけじゃないっての!

ブログだからあえてこんな事言ってますけど、俺は完全に“ブラックスプロイテーションムービー”としての目線で見たし、個人的にこの作品はブラックスプロイテーション作品の中でも凄く好きなんですよね~。だってさ、やっぱり“空手アクション”って解かりやす過ぎ!っていうかさ、単純に血沸き肉踊る系で楽しいじゃん。それにシドニー役のGloria HendryもJim Kellyに負けじと、子気味よいカラテアクションをこなしてるしさ。彼女が後に『BAADASSSSS CINEMA』のインタビューで語ってた通り、この時代の女性アクションスターがどれ程過酷な状況に置かれていたかってのを知ると、この作品で見せてくれるチャーミングな笑顔も又、一味違った感覚に思えてくるから不思議だよね。

この作品の冒頭で流れるFUNKYなメインテーマは、否応無しにストーリー展開やアクションに対する期待感をバツグンに煽ってくれる最高にSOULFULLな1曲!今でもよ~く聴いてるもん俺!やっぱね、映像がどうしても“古臭く”感じる人でもさ、この頃の音楽ってのはホントにクソ熱いっていうか、気分が盛り上げられること間違いなしだから!

今レンタルビデオで見る事はちょっと難しいかも知れないけど、見つけたら絶対見るべき!…いや、見つかったとしたら、きっとワゴンセールで300円くらいで売ってあるパターンだから…絶対“買う”べし!(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

すげー!ジムケリーだぁ。。。数年前、まだCDショップで働いてた頃、映画担当の私は、まさにコイツのビデオサンプルをメーカーさんからもらったんですが、デッキ持ってなくてオークションに放流しました。当時は注目してなかったしw

ホワッ!ホワ!
ホゥーーーゥォア!
オォォォゥィーーー!

・・・うわぁ。。
まさに怪鳥音ですねww
【2006/07/06 23:55】 URL | ニトロドラゴン危機一髪! #- [ 編集]

ニトロドラゴン怒りの鉄拳
わっつあ~っぷ!(笑)。元気~!
そうなんだよ、俺もねこの『黒帯ドラゴン』を最初に見た頃はね、まだ色んな“理解”や“知識”もなかったから、軽くスルーだったもん(笑)。今見るとさ~、突っ込み所満載で最高だよ!
【2006/07/07 00:15】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/75-812d3bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。