GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『POETIC JUSTICE』だよ!
マドンナのPVを見る度に思うことがある…『プロってのはスゲエな!何時までたっても体系や美貌を保つために努力を惜しまないんだろね~』って事。ガキ産んだ後も相変わらずのセクシーさで踊り・歌う彼女の事を、植え付けられたパブリックイメージであまり良い表現をしない人達も多いだろう。

しかし、かつてジャパンツアーの最中も、ゴッツイSPを従えてのランニングやスイミングを欠かさなかった彼女は、プロとして“魅せる”為に、かなりハードなエクササイズをこなしている事は、あの鍛え上げられた肉体を見れば一目瞭然。それに比べて…Janet Jackson…おいおい、ど~しちゃったのよブックブクに太っちゃって(笑)。まあ最近なんとかお金と努力で(笑)元通りに近い状態にまで復活したみたいでよかったよかった(笑)

前置きは長くなったけど、今夜の映画はそんなJanet Jacksonの最初で最後(?)の主演映画『POETIC JUSTICE』をご紹介!まだプクプクのピチピチだった頃ね(笑)

poeticjustice.jpg


Janet Jackson (Again)↓






映画での演技や内容に関して、毎度かなりの辛口評価を頂戴するのに、コンスタントに主演映画を量産するマドンナと違って、ジャネットはホントにこの映画から主演が…無い!この作品の演技が、1993年のラジー賞を受賞したことからもわかるように、かなりの酷評だったのも影響してるかも。

でもね、この映画、い~よ~(笑)。よくあるベタベタな恋愛映画と違って「ブラックムービーの恋愛映画」といったテイストが至る所で感じられる。それはやっぱり名作『BOYZ'N THE HOOD』の監督であるJohn Singletonが手がけた所も大きいだろうね。しかしSingletonは、何故2作目でいきなり恋愛映画を撮る気になったんだろう(笑)。

昔インタビューで、Janetと同級生だったとか言ってた様な…。んなこたぁど~でもいいとして、この映画も製作・脚本・監督と大活躍のJohn Singletonですが、どちらかといえば『駄作』としての声が大きいんだよねこの作品は。

やっぱり『BOYZ'N THE HOOD』の印象が強く、SPIKE LEE同様、「こうでなきゃいけない!」って感覚が見る側に強かったのかもしれないね。だけど、あれほど社会現象になった作品を撮った直後にこういった映画を製作したという事は、まぁ出演者達のスケジュールもさることながら、監督の強い思い入れがあったとしか思えないでしょ!撮りたかったんだよ、Singletoはこの作品をメチャクチャ!(笑)。

舞台は前作同様LA。美容院に勤めるジャスティス(Janet Jackson)は、ムショ上がりの恋人を事故で亡くしてしまう。母親もアル中で無くしていた彼女は、自分の不幸と寂しさから恋愛に対して臆病になり、その思いを詩にする事で紛らわしていた。ふとした事からジャスティスと知り合った郵便局員のラッキー(Tupac Shakur)は、彼女の事を気に入り。たまたま彼女の知り合いと付き合っているダチと4人でドライブに出かける事に。なんとかジャスティスの気を引こうとするラッキーだったが、感情はすれ違うばかり。気まずい雰囲気の車は、目的地であるオークランドに向かうのだが…。

Janetを好きになる郵便局員ラッキーを演じるのは、今は亡きTupac Shakur。彼も前作『JUICE』で鮮烈なスクリーンデビューを果たし、この作品が2本目。ちなみに映画が始まってすぐ射殺される恋人役は、A Tribe Called Quest のQ-Tip(涙)。メジャーな人気アーティストの競演という事で否応無しに期待されたが、蓋を開けてみればそうでもなかったという皮肉な結果にはなってしまったけど、ここまでアフロアメリカンで固められた恋愛映画も、それまでは少なかった様な気がする。

この後Tupac Shakurは、ご存知の様に俳優としても着実にキャリアを伸ばす弾みにもなったし、“よくあるハリウッド的脚色”でストーリーがベタベタになる様な事も無く続くストーリーは、アフロアメリカンの日常や恋愛感などが随所に垣間見れる、退屈しないロードムービーなんだけどなぁ。

ボキもこの映画、初めてみた時はなんだか淡々としてて、イマイチ盛り上がれなかったんだけど、始点や感覚を変えて見る事で、3回目位でそれまでの感想が大きく変わったような気がするよ。

Janet Jacksonのファンだから、2pacのファンだから、はたまたJohn Singletonのファンだから…そういった感じでこの映画を見た人、結構いると思う。俺だってそうかもしれない。でもね、それだけでこの映画を見るんだったら、それこそJanetや2pacのPVを見てるほうが楽しいかもしれない。作品自体の持つメッセージ的なものを、登場人物たちの心情など、アフロアメリカン的な恋愛ロードムービーの中から感じ取ってもらいたいなと思います。

そしたら、ボキみたいに評価が変わる…かもよ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

いや~以前にもコメントしましたけどね(笑)黙ってられませんのよ。この映画ダイスキですから。ストーリーもいいんだけど、細部がいいんだよね~これ。アタクシ、次のセリフがわかるくらい見ましたから・・・あ、これ前にも言ったっけ(笑) もう、とにかくダイスキな映画ざんす。
【2006/07/12 01:01】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]


この映画に思い入れがある女性は多いと思います~。友達と、この映画の話になったときに、ジャネットみたく、大きな容器にポップコーン入れてホットソースかけるのを真似したよねーっていう話になりました。我々の世代には、欠かせない映画です!
【2006/07/12 14:23】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

みなみばむ
んじゃ今度そのセリフをズラ~っと書き綴ったメッセくだされ。もし一言でも間違ってたら豚まんをこっちに送らせます(笑)
【2006/07/12 20:05】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

わるどぉさん
ホントにこの作品は比率で言えば断然“女性受け”してる作品なんですよね~。結構男性ってベタ~なお約束作品を好むのかも?(笑)。そこいくとこの作品は、“裏ベタ~”でとってもよかったんですけどね(笑)
【2006/07/12 20:07】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


↑のムービー(Again)もなつかしい~
ジャネットも太ったり痩せたり大変そうですね~。ちびっ子彼との幸せ太りかしら。。。太ったといえば、NAS!!彼も結構きてますよ~(顔まるなった!)あちらもやっぱりミルクシェイキーなWIFEとのお幸せ太りかしらん♪
【2006/07/12 23:36】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
嘘っ!NASも太った?ひょえ~、まさかビッグダディケイン程じゃないだろうな~(笑)。でも結構太ってもさ、やっぱ専属のトレーナーや栄養士なんかつけて、財力にものをいわせたダイエットやるもんな~(笑)
【2006/07/13 07:21】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


ビッグダディ-ケインほどじゃないけど(笑)、あれはすごかったね~誰だか分からんかったわ。NASはまだ大丈夫、あれほどまでは行ってないけど、油断したらああなるのかなあ。。。(笑)
【2006/07/15 22:16】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
ケインはね、俺の中では“太った”ではなく“貫禄付いた”って言う様にしてるよ(笑)。日本人の俳優だって皆そう!若いときには痩せててカッコよかった人沢山いるし…という事は俺も太るのか?いやじゃああああああああ!
【2006/07/15 22:21】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/81-9872e8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。