GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『SHAFT』だよ!
俺は御存知のとおり(?)、70年代のブラックスプロイテーション作品がメタメタ大好きなんです!ホントは最初から80年代以降の映画レビューの合間にチョロチョロ絡ませていこうと思ってたんですが、なんともタイミングを外しまくって(笑)。ま、これから徐々にキリがいい所から纏めて紹介していくつもりですので乞うご期待!…っていっても次キリがいいトコってドコだよ(笑)

そんな山ほど存在するブラックスプロイテーションムービーの中で、現在でも輝きを失わない名作中の名作が、このブログでも紹介した1971年に公開された『SHAFT(邦題 黒いジャガー)』ですよね。Richard Roundtree演じる私立探偵ジョン・シャフトは最高にカッコよかったもんな~。その後SHAFTは人気シリーズとなり、『黒いジャガー/シャフト旋風』『黒いジャガー/アフリカ作戦』と続編まで製作された訳だ。

そんなブラックスプロイテーション・レジェンドともいえる作品を、果敢にもリメイクした男が現れた!そう、LAのサウスセントラルを舞台にしたセンセーショナルなギャングムービー『BOYZ N THE HOOD』でこれまたレジェンドディレクターとなったJohn SingletonでR!

1596143b2502f7f2ba-shaft.jpg


Issac Hayes - Theme From SHAFT↓



バーで些細な言掛かりからアフロアメリカン青年を殺害した不動産王のジュニアであるウォルター(Christian Bale)は、過激な捜査で有名な刑事シャフト(Samuel L. Jackson)に逮捕される。親の財力で直ぐに釈放となるが、その後仮釈放中に国外逃亡で再逮捕となった。しかし、再度“金”と“権力”の力で仮釈放になったウォルター。全てが“金”によって解決される制度に嫌気が差したシャフトは、警察を辞め、独自の捜査を開始する…。

当時の主題歌そのままにアイザック・ヘイズが歌うファンクチューンの中、颯爽と現れる“新シャフト”は、Samuel L. Jackson!全身アルマーニに身を包み、COOLな雰囲気バリバリで見る側を魅了する彼の登場に、最初“リメイク物”という事で一抹の不安を感じていたボキも、改めて「ん~!?結構いいんじゃないの~!」ってな感じになり、ふつふつとGEE-Qちゃんテンションが再盛り上がりを覚えた!筈!…だったんだけどね~…(笑)

正直に言おう!これ、よかった?(笑)おもろかった?(笑)、あまりに期待しすぎてたからかな~、いや決して“つまんなかった”じゃなくって“イマイチピリッと来なかった”んだよね~ボキは。当然ボキ自信、オリジナルと比較しようなんて気は更々ないし、あえてそういった“見る前の誇張評価”をまっさらにして望んだんだけど、設定が“オリジナルシャフトの甥”って事で、途中Richard Roundtreeが出てきたりするとさ~、どうしてもやっぱフィードバックしちゃったりね(笑)。もちのろんろんJohn Singletonだって、名作のリメイクという事でそこら辺はかなり意識しなきゃいけなかったってのもよ~く解かる。映像も随分と洗練されてカッコイイのは間違いない。ただね、どうもオリジナルに対するリスペクトと、自分が新たに作りたいとする部分のシャフト像が、うまく噛みあってないように感じるんだな。

KKKを彷彿させるシーンや、仲間内での差別用語にもかなり敏感になったりする設定など、社会派監督らしい演出は随所に垣間見れる。でも、警官という職業や、シャフトの性格や行動などを冷静に見てみると、「え~!!」って突っ込みどころが満載だったりもするんだよ。

どうせなら、唖然とする位ハメ外した方がまだよかったのかもしれない、もしくはあえて『SHAFT』というタイトルに拘らなくてもよかったのでは?と思うボキ。だって、ブラックスプロイテーションムービーの魅力って、まさに“ハチャメチャ”や“チープ”の中に時代背景や主張などが垣間見られるトコにあるもん!ま、これが2000年に作られた映画との決定的な違いなんだけどね。

そういや、パム・グリアー主演の人気作『FOXY BROWN』を、ハル・ベリーでリメイクする話があったな~。ん~どうだろ?スゲエ見たい反面、やんない方がいいんじゃないかな~なんて思うのは、『SHAFT』の例があるから…なんて言うと悪いかな(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/84-cca1ccb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。